施工事例

NEW CONSTRUCTION

マルトで新築のご提案をさせていただいたお客様の物件のご紹介です。
どの家にもお客様それぞれの個性や思いを取り入れつつ、その中で木を活かした家となっています。
家づくりの参考にしてください。

マルト

ウッドデッキでつながる平屋の暮らし

庭を囲むように家をL型に配置した、4人家族で住む平屋の家です。ファミリークローゼットの前にランドリールームがあり、ランドリールームからウッドデッキに直接出られる、など家事楽動線にこだわりました。キッチンの掃き出し窓前には縦格子を設け、日中の外部からの視線をさりげなく遮ぎります。庭に向かって開けたこの家は、ウッドデッキを介して内と外が緩やかにつながる暮らしが出来ます。

マルト

リビングを広く見せる、仕切りを作らない家

家族そろってでも、ひとりでいても楽しい家。ひとりでいても家族の気配がわかり、くつろぐ場所があり仕事するカウンターがある。いろんな暮らし方が出来るたくさんの居場所のある家。キッチンや洗面台を作ることで愛着が湧き、造作ソファやオリジナル照明に心がワクワクし、既製品では得られない自分らしさの詰まった家になりました。春には大きなウッドデッキとつながるように庭が完成します。
YouTubeにルームツアーをUPしています。TOPページよりどうぞ。
また、こちらの家は実際にお住いの家をモデルハウスとしてご覧いただけます。

マルト

勾配天井が伸びやかな空間の平屋

若いご夫婦が暮らす平屋の木の家です。ウッドデッキを兼ねた玄関のある面はそとん壁の塗り壁で、他は杉の塗装羽目板で仕上げました。ウッドデッキを介してつながる室内と大きな庭は一体化する用で、「ご飯だよ」と家に居ながらにして外で遊ぶ子供たちに声掛けが出来ます。平屋という限られたスペースの中、通路を利用することで収納や製作洗面台を配置し、無駄のないプランとなりました。

マルト

薪ストーブを土間リビングに置いた家

素材・デザインへのこだわりがご夫婦それぞれにあり、また自分達の住まいへの思いや考え方も明確なものを持たれていたので、その方向性に従い、思い切ったプランや仕上げのご提案が出来た家になりました。元々別荘地で建築をお考えであったぐらい、静かで広い土地をお探しで、LDKからの眺望や自然との融合は重要な点でした。また施主様自らデザイン画を書いて頂くぐらい、細部までこだわりがありましたので、それを活かしながら、家中の間取り、動線、仕上げに様々な工夫を凝らしています。
土間リビング、薪ストーブ、玄関・シュークローク・ウォークインの動線、奥様の家事動線、鉄・銅の異素材を使った家具、ご主人好みの書斎、奥様好みの子供室など、独創的で自由な発想で考えられた垂井の家は、それでいて落ち着く・癒される家になっています。

マルト

麻の葉柄の組子障子のある家

古い街道沿いになじんだ様子で建つ、優しいたたずまいの家です。麻の葉組子の障子や、和のテイストのタイルを使った製作洗面台など、打ち合わせの当初からお気に入りをいくつかピックアップされていました。そんなお気に入りをあちこちに使った家は、毎日の生活に彩とワクワク感を与えてくれます。2階フリースペースには落書きできる壁があり、子供たちの勉強やお絵かきに活躍してくれそうです。そんな楽しい場所は吹き抜けを介して1階とつながり、どこにいても家族の気配を感じられます。

切妻屋根の和風の平屋

切妻屋根の和風の平屋

若いご家族の住まわれる平屋の家です。ベンガラの格子が表玄関。ウッドデッキ側が家族玄関と、どちら側からの出入りも可能です。リビング、畳コーナー、全面板貼りのWIC、洗面室、キッチンと回遊性のある家事動線です。畳コーナーの障子は壁に引き込まれるので、開けておけば広々としたリビングです。キッチン部分の床はモルタル仕上げとなり、個性的なキッチンになりました。広々としたウッドデッキには目隠しの引き込み格子戸がつけられ(撮影時は施工前)、閉めて使えばこれもまたリビングとひと続きの広々とした空間です。

マルト

ダイニングにワークスペースのある、家族の集う家

本物の木を使った家を建てたいと考えておられたお施主様。将来飼いたいネコのための外見窓や、きれいな色の塗り壁、使いやすい収納、らくらくな家事動線、既製品をアレンジして作ったオリジナル感あふれる洗面台、いろんな思いをぎゅっと詰め込んだ家になりました。その上でマルトが基本としているパッシブ設計、耐震性能、温熱環境(高気密高断熱)、など全てにおいて高い性能を有し、国産の無垢の木と自然素材で造られた家は家族の暮らしを豊かなものにするでしょう。

マルト

おしゃれな小上がり和室がある家

こちらの家はのどかな田園風景の中に建つ、遠くに山々を望む家になっています。施主様の家に対するご要望は窓を閉め切ってエアコンに頼る生活ではなく、窓を開けて景色も外気も感じて季節の移ろいを感じる暮らしがしたいというものでした。弊社基本のパッシブ設計で南側に大きく取った窓には深い庇をかけることで夏の強い日差しを室内に入れないようにし、遠くに見える山々や周囲に広がる田園風景を取り込むように北東側に大きめの窓を設け、リビングで寛ぎながら、キッチンで料理をしながら、景色を楽しめるようにしました。冬は弊社標準仕様の高気密高断熱の高い性能が寒さを防ぎ、雪をかぶった山々をペレットストーブのある暖かいリビングから見るのも楽しみな家になりました。
また、ご高齢のお母様と暮らされるため車いすで生活できるようにと、ユニバーサル設計な家でもあります。

リフォーム事例一覧を見る