SDGsの取り組み

私達株式会社マルトは、創業から一世紀もの間、常に”樹を活かす”事を主とした仕事をして参りました。
現在では地域の木を活かした家づくりをする事で住む人が健康で、いつまでも住み続けられ、建てる事により地域環境を守る取り組みをしています。
これまでも、そしてこれからも、この住まいづくりを通してSDGS(持続可能な開発目標)を積極的に推進し、社会の持続的発展に貢献していきます。

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標。
閉じる

国産材を使う理由

詳細を見る

マルトの家づくりに欠かせない素材。それは国産の桧と杉になります。室内の仕上げだけでなく、骨組みから下地に至るまで、滋賀県産は元より、日本国内から選りすぐられた木を使った”地産地消”の家づくりは、住む人だけでなく、地域や地球の環境を守る、持続可能な社会への発展に貢献しています。

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう

長く暮らす場所だからこそ、
自然素材を使う

詳細を見る

化学的に使られた物でなく、自然素材のみで作られる安心・安全な室内空間もマルトの家づくりでのポイントです。
環境負荷への視点からも、化学的に作る物と自然素材をそのまま利用するのでは、大きな違いが生まれます。こういった所からも、自然素材を使う事は、よりエネルギーを使わない・環境を守る事につながります。

  • すべての人に健康と福祉を
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を

設計段階での取り組み

詳細を見る

エネルギーを極力使わない高い性能の検討と、自然の力を利用したパッシブデザインのご提案をしています。後に述べます様々な高い性能の家づくりは、設計においての検討が非常に重要となってきます。
また、国産無垢の木での家づくりは、環境の循環を即しつつ、環境を守る事につながります。お施主様が建てて下さった家で使った木材が、ここに運ばれてくるまでに、どれだけの配送エネルギーを使っているのかを示したウッドマイレージを示す事で、お客様の環境意識を上げると共に、お客様が建てて下さったマルトの家が環境の一助になっている事を数字化してお伝えしています。

  • 質の高い教育をみんなに
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を

夏涼しく、冬暖かい快適な家

詳細を見る

UA値0.5以上の高い断熱性能のあるマルトの家では、太陽光発電を設置すればたちまちゼロエネルギーでの生活が可能となります。合わせて自然エネルギーの有効利用を考えたパッシブ設計も取り組んでいますので、クリーンなエネルギーの活用はもちろん、無駄な電気代が無くなり暮らしを豊かにしてくれます。合わせて、一年中温度差の少ない室内環境も造る事が出来、ヒートショックの無い、住む人がいつまでも健康に快適に暮らす家になります。夏涼しく、冬暖かい家=高い断熱性能・気密性能の家づくりは”快適さ”だけでなく、結果的にエネルギーを使わなくなる事で、不必要な出費(病院通い、無駄な光熱費、災害中・後にかかる経費)を抑える事にもつながるのです

  • 貧困をなくそう
  • すべての人に健康と福祉を
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を

地震や災害に強い安全な家

詳細を見る

UA値0.家づくりでは災害に強い事も重要です。マルトの家は全棟長期優良住宅を標準としていますが、耐震性能についてはさらにその上の等級3を標準にしています。許容応力度計算から導かれる耐震等級3の家は、災害に強く、倒壊しませんので、家族の命が守られる事だけでなく、建て替えのリスクが無くなります。倒壊しないという事は長く解体される事もなく、いつまでも柱・梁に蓄えた炭素を固定したままで、空気中に放出する事もありません。
また、風災・水害・大災害での停電や断水を想定した家づくりのご提案もしています。万が一の時に命を守れる家である事は、もしかすると家づくりの一番の基本なのかもしれません。
どんなに素敵で快適な家を造っても、命なくして、長く健康に快適に暮らすなど成立しないのですから。

  • 貧困をなくそう
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を

適正な価格である事

詳細を見る

マルトの考える家づくりは全てお客様を中心に考えています。安い物が悪い訳ではありませんが、安い物にはそれなりの理由があるのも事実です。逆に言えば安い素材でもうまく利用すれば、良い効果をもたらします。重要な所には素材へのこだわりは惜しみなく、そうでない所には安価な材を採用し、コストバランスを考えながらご提案しています。また、長く持つ質の高い家づくりを実現するには、職人の技術に手間がかかってきます。職人の技術力アップ、またその技術を絶やさない為にも質の高い家づくりは重要と考えています。何でもかんでも手間をかける事をしている訳ではなく、材料や納まりの標準化を進めたりする事で、可能な限りコストの削減や無駄な時間の削減に取り組み、家の素材や仕上がりに合った適正な価格でご提案しています。

  • 貧困をなくそう
  • 質の高い教育をみんなに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

家守りとしての長いお付き合い

詳細を見る

建てたらお付き合いは終わりではありません。家にはメンテナンスが必要です。1から家づくりに携わる弊社でしかできない、御自宅の点検と問題の早期発見でより長く快適な暮らしを送っていただきたいと考えています。それはまさにかかり付けのお医者さんとおなじです。何かあればすぐに飛んでいけるのもマルトの強みです。もちろん、昨今大問題になっている災害時には、一番にご自宅に伺い点検と対応をしています。一生のパートナーとしての家守りは工務店の責務です。そういった災害時もそうですが、滋賀県内で災害が起こった場合、他の工務店と連携し災害復興の取り組みを滋賀県と提携しています”滋賀県木造住宅協会”に加盟しており、弊社お客様はもちろん県内での災害時にも皆さまのお役にたてるよう取り組んでいます。また、この団体では、工務店同士で情報交換し切磋琢磨する事で、技術・設計・対応力のアップなど工務店力のアップを図れるよう勉強会などしており、また、新しい技術や国の情報を得る事でいち早く皆様に、最新をお届け出来るよう、JBN(ジャパンビルダーズネットワーク)という団体の部会に滋賀県代表として所属しています

  • 質の高い教育をみんなに
  • 人や国の不平等をなくそう
  • パートナーシップで目標を達成しよう