施工事例

NEW CONSTRUCTION

マルトで新築のご提案をさせていただいたお客様の物件のご紹介です。
どの家にもお客様それぞれの個性や思いを取り入れつつ、その中で木を活かした家となっています。
家づくりの参考にしてください。

外壁にそとん壁と木を使った平屋

外壁にそとん壁と木を使った平屋

コンパクトな作りの平屋ながら、アレンジしながら暮らせるような工夫があります。
玄関入って間仕切りのないリビングに続きますが、薄いカーテンを設置することにより緩やかに仕切れるようにします。間仕切りがないことにより、家の中の室温がほとんど同じとなり夏でも冬でも快適に過ごせます。
外出から帰るとウオークインクローゼットに服をしまい、通路にある洗面で手を洗い、洗濯物を脱衣室に放り込みます。この一連の流れが1本の動線でつながります。 
ダイニングセットを置かなくてもいいように畳ベンチを作り、またその畳ベンチが畳コーナーの役目を負ってくれるなど、役目をいくつも持つことによりスペースを有効に使えます。
YouTubeにルームツアーをUPしています。TOPページよりどうぞ。

間仕切りのない、2階リビングの家

間仕切りのない、2階リビングの家

3方を隣家に囲まれた敷地ながら、日射取得も眺望も開放的な暮らしも諦めたくない施主様。そのためにはリビングを2階にしようと、実現したワンルームの大空間となりました。もちろん将来年を取った時の対策として、子供室を仕切らず大きくとることで、いずれはこちらをLDKとして改修できるようにしました
オープンキッチンのような配置になるため、背面の収納は造作家具で作り、ワンルームとしての一体感を大事にしています。とはいえ集中できる居場所も必要ということで、階段脇にはPCコーナーを作り、階段を挟んだことで絶妙な距離感になりました
造作で持ち物や使い方に合わせた家具を作ったり、キッチン奥にリビングからは見えにくい大きめのパントリーを用意したことで、雑多なものはこちらに入れてしまえばいつもすっきりとした印象です
1回には脱衣室兼ランドリールームを作り、予洗い・洗濯・干すあるいは乾かすまでが一部屋で完結し、片付けは向かいのクローゼットに数歩で移動できる、実に家事楽な動線となりました
YouTubeにルームツアーをUPしています。TOPページよりどうぞ。

勾配天井のリビングのある平屋の家

勾配天井のリビングのある平屋の家

若いご夫婦が暮らす平屋の木の家です。ウッドデッキを兼ねた玄関のある面はそとん壁の塗り壁で、他は杉の塗装羽目板で仕上げました。ウッドデッキを介してつながる室内と大きな庭は一体化する用で、「ご飯だよ」と家に居ながらにして外で遊ぶ子供たちに声掛けが出来ます。平屋という限られたスペースの中、通路を利用することで収納や製作洗面台を配置し、無駄のないプランとなりました。

土間リビングのある間取りの家

土間リビングのある間取りの家

素材・デザインへのこだわりがご夫婦それぞれにあり、また自分達の住まいへの思いや考え方も明確なものを持たれていたので、その方向性に従い、思い切ったプランや仕上げのご提案が出来た家になりました。元々別荘地で建築をお考えであったぐらい、静かで広い土地をお探しで、LDKからの眺望や自然との融合は重要な点でした。また施主様自らデザイン画を書いて頂くぐらい、細部までこだわりがありましたので、それを活かしながら、家中の間取り、動線、仕上げに様々な工夫を凝らしています。
土間リビング、薪ストーブ、玄関・シュークローク・ウォークインの動線、奥様の家事動線、鉄・銅の異素材を使った家具、ご主人好みの書斎、奥様好みの子供室など、独創的で自由な発想で考えられた垂井の家は、それでいて落ち着く・癒される家になっています。

庭の緑を楽しむ和風の平屋

庭の緑を楽しむ和風の平屋

和風の外観と平屋がご希望でした。ご実家の敷地に建てるにあたり、もともとあった庭を生かすプランとし、DKからもお風呂からも緑が楽しめます。そのお風呂は温泉好きのご夫婦のたっての希望で、タイル張りで一からの造作で作りました。また、小上がりや中二階を設けるなど高さ関係にも変化をつけ、一緒にいる空間でありながらも別々の気分も味わえそうです。

カジュアルな木の家

カジュアルな木の家

東近江の緩やかな丘陵地に立つ、平屋の家です。お施主様の中には家に対する明確なイメージがあり、それらを弊社と一緒になって具体化するような家づくりでした。木の家というと「和風」「落ち着いている」といったイメージが持たれがちですが、材料を少し変えたり、使い方を変えるだけでこんなにカジュアルになります。またこちらの家はお施主様自らのDIYも数多く、外壁材への塗装や室内のアクセントの塗装壁など頑張って頂きました。室内に光を取り込むための天窓から注ぐ光が、白い塗り壁や床を柔らかく照らす様はとても居心地の良い空間を作ります。

将来はカフェの家

将来はカフェの家

「こんな暮らしがしたかった。」自分たちの理想がここに。大屋根が印象的な一見平屋に見える外観。デッキから広がる風景、庭が一望できるカフェ、ヒノキや杉の香りと温かさ、小上がりのダイニング、奥様の書斎を兼ねた寝室、本を読んだり勉強したりする2階ホールのカウンター、こだわりの素材選び等など、すべてにお客様の思いが詰まった安部居の家。憧れだったイメージを実現しつつ、無垢の木や土といった自然素材の心地よさと、長期優良住宅の性能を持っています。

丸窓のある家

丸窓のある家

結婚を機に家を建てる方、子供の成長に合わせて家を建てる方、終の棲家として家を建てる方、家を建てる理由は様々です。どんなタイミングやきっかけで家を建てるとしても、基本性能として、出来るだけエネルギーを使わない仕組みや、耐震性などの高い性能は必須です。その基本性能を有しつつ、家族が健康に暮らすために安心で安全な無垢の木等の自然由来の素材で造られることや、毎日の生活でストレスを感じない間取りの工夫なども、長く暮らすための家にとって「高い性能」だけではない大切な要素です。これらに加えて私たちがとても大切にしている事。それはお客様の「やりたい事」をカタチにする事。それが「らしさ」につながり、思い入れのある「我が家」となって大切に長く暮らしていくことが出来ます。石積の間接照明や京町屋風のアプローチなど、この家にも随所に「やりたい事」が見られます。彦根の「松原の家」は高い性能+自然の力+お客様らしさのつまった家になっております。

タテ格子の吹き抜けの家

タテ格子の吹き抜けの家

弊社の家造りのベースがそのまま形になったような「彦富町の家」です。お施主様自身が幼い頃の家造りの記憶、大工さんが木組みで作る家。そんな記憶から素材は県産、国産の無垢の木と土を使い、長期優良住宅の性能を有しながら、自然の光りや風を取り込むパッシブデザインな家になりました。永く使えてメンテナンスが少なくて済むようにと、外壁は白洲そとん壁の塗り壁と国産杉の焼板を採用され、内装も産地まで見に行かれたヒノキや杉の床や腰板、塗り壁は珪藻土で2階はご自身で施工されました。
自然素材で作られたパッシブな家に高い基本性能を持たせた家は弊社の基本でもあり、その上にお施主様らしさの加わった「彦富町の家」となりました。

リフォーム事例一覧を見る