施工事例

WORKS

新築事例

NEW CONSTRUCTION

マルトで新築の家をご提案をさせていただいた事例のご紹介です。
どの家にもお客様それぞれの個性や思いを取り入れつつ、その中で木を活かした家となっています。
注文住宅で建てる家づくりの参考にしてください。

一覧を見る
金屋の家

金屋の家

若いご夫婦が暮らす平屋の木の家です。ウッドデッキを兼ねた玄関のある面はそとん壁の塗り壁で、他は杉の塗装羽目板で仕上げました。ウッドデッキを介してつながる室内と大きな庭は一体化する用で、「ご飯だよ」と家に居ながらにして外で遊ぶ子供たちに声掛けが出来ます。平屋という限られたスペースの中、通路を利用することで収納や製作洗面台を配置し、無駄のないプランとなりました。

建部日吉町の家

建部日吉町の家

カフェのような内装を目指しました。これからお施主様のセンスで彩られていくことでしょう。立地は大きな道路の横ですが、街路樹をうまく借景にして、窓から見る緑がとても生きてきます。ワンちゃんをシャンプー出来るようにと、洗面台は深めのシンクとタイルで製作し、共働きのご夫婦なので洗濯物は室内干しが出来るように、洗面室横にランドリールームを作りました。また、玄関は来客用と家族用に分け、家族用は土間収納も兼ねた大きめサイズにしました。壁を板貼りにしたことで趣味の自転車を壁かけ収納に出来ます。

平田の家

平田の家

今まで夫婦で出かけたお店の内装や、旅先の旅館の間取り。いつか家を建てるならあんな風にしてみたいと思っていたことを、暮らしやすい家プラスときめきのある家として実現出来ました。通り土間を通って畳リビングにつながる路地のような間取りや、玄関を入ってすぐ目に入るまあるい障子窓。あの向こうには何があるんだろうと、思わずわくわくするような家になりました。

常安寺の家

常安寺の家

リビングとダイニングでアクセントカラーを変えてみたり、畳コーナーを小上がりにして高低差をつけたりと、変化に富んだ1階です。リビングの吹き抜けとダイニングの板貼りの天井の組み合わせもおしゃれな作りです。また、2階に上がりきる手前で隠れ家みたいなコミックコーナーを作りました。暮らし始めたらここにお気に入りの椅子を置き、ペンダント照明をつけて心ゆくまで楽しむコーナーになります。

八幡堀の家

八幡堀の家

とても落ち着いた佇まいで、昔からの街並みにしっくり馴染んでいます。コンパクトながらも家族4人がのびのびと過ごせる家になりました。家事動線もリビング横の洗濯室からリビング続きのデッキに干し、そのままリビング横のウオークインクローゼットに片づけられるという、ストレスフリーな動線です。また、玄関奥に設けた土間収納など要所要所の収納が暮らしやすさを後押ししてくれます。2階ホールに設けた本棚のあるファミリースペースは子供たちの良い遊び場所になりそうです。

篠原の家

篠原の家

若いおしゃれなご夫婦がその感性を活かして、ガルバリウムの外観や間接照明、ブラックウオルナットの床がモダンな木の家になりました。おしゃれなだけでなく、玄関脇のシューズインクロークや要所要所に設けられた収納は使い勝手が良いものですし、リビング続きの和室は小さなお子さんのお昼寝スペースなどにも活用できる間取りとなりました。

リフォーム事例

RENOVATION

マルトでリフォームのご提案をさせて頂いた事例のご紹介です。
耐震や断熱の改修、間取りの変更、設備の入替えなどを行うことで、
安全で快適な暮らしやすい毎日を送って頂けます

一覧を見る
愛知川の家

愛知川の家

子供たちも独立し、夫婦二人の生活を暮らしやすく充実したものになるよう、内外共に大改修と増築となりました。改修するにあたっては地震に強く、暑さ寒さに悩まされないようにと耐震改修や断熱改修はもちろんのこと、設備等も一新して安心な暮らしが期待できます。夫婦の寝室も隣同士に並べ、ウオークインクローゼットでつなげたり、家族玄関を新たに作ったりと動線の良さも暮らしやすさにつながります。

土蔵の家

土蔵の家

曾祖父から受け継いだ蔵を若いご夫婦のお住まいへとスケルトンリフォームしました。
文字通り骨組みだけ残し、基礎・耐震・構造・断熱と大掛かりな改修工事となり、外装・内装の「見えるところだけのきれいな改装」とは考え方も工事の方法もまるで違う物件です。
古い物を大切にする気持ちにプラス、安心安全に暮らして頂くための「見えないところこそきちんと改修」された物件です。

開出今の家

開出今の家

築44年の家をスケルトンリフォームしました。
基礎の必要な部分を追加し、耐震改修、断熱改修と目に見えない部分も大きく直し、既存の窓を樹脂製ペアガラスの高性能断熱サッシに入れ替えています。また、2階建てだった部分を一部吹き抜けにすることで、開放感と明るさを確保しました。部屋だった部分を玄関土間とつなげ、通り土間の雰囲気を出しています。
古かった内装を「自分好み」に作り替え、夏暑く、冬寒かった室内環境を改善し、同時に安心安全も手に入れたリフォーム工事です。

高宮の家

高宮の家

物置代わりになってしまっていた離れを、両親の寝室としてリフォームしました。単層サッシを断熱ペアガラスサッシに入れ替え、土壁だったところに断熱材を施工しました。このように断熱・気密性の向上を図りましたがさらにということで、間仕切り障子を太鼓貼りにすることで断熱性がよりよくなることを期待しています。すべてを新しくするのではなく、既存の欄間などを美しくして利用しています。欄間や障子から漏れこぼれる光がなんともやさしい空間を作ります。

浅井の家

浅井の家

古き良き日本の伝統家屋。特にこの湖北・湖西地域には大工の手キザミで造った、昔ながらのベンガラを塗った家がたくさん建っております。お仕事の関係で愛知県にお住まいだったご主人が、お父様との同居も含めて実家へお帰りになるのを期に、リフォームのご依頼を頂きました。 おじい様、お父様が山の木を使って建てられた家ですから、その思いを壊す事なく再利用しつつ、多雪地域の特徴である骨太の家造りはそのままで、センス豊かなご夫婦のご要望をふんだんに取り入れる、過去と現在の融合が一つのポイントではありました。同居ながら世帯を分けるのではなく、三世帯が一緒になって暮らせるつながる間取りの工夫と、雪深い地域であるだけに、暖かさを兼ね備えたリフォームとなっております。