完成見学会

EVENT

マルトの家づくりに興味を持っていただいている方に向けてのイベントを案内しているページです。
引渡し前の家をお借りしての完成見学会や、ご家族で参加いただけるような工務店ならではのイベントも計画しています。

完成見学会 2024.07.18

強さの秘密がわかる!構造見学会を開催します

つい先日上棟を終えた家をお借りして、構造見学会を開催します

 

構造材はもちろん国産の杉、桧を使っています

その上このお家はお施主様の御父様が我が子の為にと山から伐り出した桧を使い

そこに滋賀県産材をミックスした、自分の山の木を使うという家づくりとなっています。

 

誰しも自分の家を持つことになれば強い家であることを望むでしょう

「強い家」とは地震に耐え、そのあとも暮らし続けられること、あるいは暑さ寒さといった自然環境に左右されない強さ、また長年の使用に耐えうる材の品質などを思いますね

 

どうすれば地震に強い家になる?

許容応力度計算による基礎や構造について、見えている今しか出来ないレクチャーをこちらの家でさせて頂きます

 

どうすれば夏涼しくて、冬暖かい家になる?

断熱材の種類、厚みや施工、気密シートの貼り方など、今しか見えない工事の様子です。どうやったら夏涼しくて冬暖かい家になるのか、ここが肝になります。

 

完成見学会では見えなくなってしまう構造部分。

ここがどんな造られ方をしているのか、地震に強い根拠はどこか、断熱や気密の施工の肝はどの部分か、などなど見た目の華やかさはない見学会ですが、実は家を建てる上でとても大切な部分がわかる見学会になります

 

この機会に是非ご参加ください

 

見学時間については別途対応可能です

申し込みフォームの備考欄にご希望時間をご記入ください

 

実際の画像を少しご紹介します

 

↓ 上棟前の様子です

 

 

 

↓ 上棟です

 

 

 

 

 

 

 

完成見学会 2024.07.04

暮らし心地ゆるりゆるりの家

 

利便性も考えて選んだ街中の土地

そんな立地の中に穏やかな空間を抱く家が出来ました

気分によって、天気によって、時間によって居場所を変えられます

庭を愛でたり、吹き抜けからの空を眺めたり、

あるいはお気に入りのソファで本の世界に浸ったり

そんな暮らし心地の良い家をご覧ください

 

名栗の手すりとアトリエキーメンの照明のある玄関

 

 

● L字型の間取りでダイニングから望む庭

● 1階は玄関からぐるっと一周できる回遊動線

● 吹き抜けに面した大きな壁には細いラインの桧の板貼り

● キッチン、ソファをはじめ、この家に合わせた造作家具たち

● 家族の気配を感じつつ一人になれる吹き抜けカウンター

● 抜けや繋がりで広さを感じる空間づくり

 

 

自分仕様の造作キッチン

 

● 塗り壁(そとん)と天竜焼杉の外壁

● 雑木の小さな庭

● 桧と杉の無垢の床

● ゆふ珪藻土と桧小波板の壁

● 耐震等級3(許容応力度計算)

● ua値0.36 C値0.35

● 断熱等級6

 

 

時間:10時~17時 予約制

場所:ご予約後に詳細なご案内をさせて頂きます

 

 

 

 

完成見学会 2024.04.15

3年経った、無垢の木の家を見てみませんか?

 

弊社スタッフの自宅(夫婦+小学生2人)をモデルハウスとして公開しています。

2020年に完成したこの家は木の色もだんだんと濃くなり、床には子供たちが付けた傷も残っています。

造作で造った家具類も同様です。

マルトがこだわる国産の木の家、上質な空間、高性能であることはもちろん、無垢の素材が経年劣化ではなく変化する(経年美)ことを具体的にご覧いただけます。

夏や冬には実際の涼しさ、暖かさを実感し、居心地の良い空間が暮らしを豊かにすることを感じていただけることと思います。

予約制にてお申込みいただけます。

 

 

 

01-居心地の良い楽しい居場所をそこかしこに作る

 

造作ソファ

正面の障子を開けると、木製サッシがあります

木製サッシも経年変化をします

 

製作キッチン

タイルの壁は汚れが気になるとよく言われます。

シンク前の壁はどうなったでしょうか

 

 

 

リビングはもちろん、キッチン、ダイニング、和室に2階ホール、デッキに庭に畑。そこかしこに居場所を作りました。日の光や風を感じつつ、外の景色が楽しめたり。そこで家族があつまり、本を読んだり話したりできます。また庭を眺められる特等席には造りつけのソファがあって、より特別な場所になりました。

02-気配を感じながらも、一人になれる居場所を作る

 

 

2階ホール 木のベンチとカウンター

 

閉鎖的でありながら開放的。相反する事ではありますがどちらも大事なこと。家族とはいえ一人になりたいときもある。在宅で仕事することもあるでしょう。そんな時和室の障子を閉めたり、今はまだ使われていない子供室を書斎としたり、ちょっとした工夫で一人になれるようにしています

※居場所を作ることは思いがけずコロナ対策にもなりました。

03-季節を感じて、緩やかに外とつながる

 

リビングの造作ベンチとデッキがつながります。

 

田舎ゆえにこの土地は無駄なぐらいのスペースがあります。もともとこの地にあった石を庭に利用して、作りこんだ庭ではなく、まるで最初からそこにあったような自然を感じる庭にしてみました。ここに植える木々は、隣家とプライベートな空間を程よく目隠ししてくれるように配置しています。

04-楽しみながら自給自足を試してみる

 

 

敷地の大きさを利用して畑を開墾しました。太陽の光の恵みは、発電だけではありません。去年の夏は子供もたちにスイカが好評で、今はイチゴが鈴なりです。そんな畑仕事を通して子供たちがたくましく健やかに育ってくれたらなと、願いも込めています。

 


予約ボタンよりご希望の日時をご記入の上送信ください

スタッフの自宅のためお迎えするのに準備が必要になります。

1週間程度の余裕を見てご予約ください。

場所の詳細についてはご予約後にお伝えします。

 


 

 

 

Point01-暮らしを支える構造の強さ

 

「地震に強い」とか「耐震等級3相当」という一見強そうに見えます。残念ながらその家に大震災を耐えうる耐震性能備わっていません。根拠のある数字(許容応力度計算)から導かれた設計、そのデータを元に動画解析(ウォールスタット)をし、過去の大地震のシュミレーションをする事で、ここで暮らすお客様の命を守ります。

Point02-何代も受け継げる家に

 

高度成長以降、日本の住宅は30年~40年で建て替えられていきます。つまりローンが終わってまたローンが始まります。家はその都度新しくなりますが、何代も何代もローンを払い続ける暮らしが続くのです。家は家族の負の遺産ではありません。長く住み続けていけるデザイン、性能、仕様にする事で、子・孫・その次の代まで住みつないでいく事が出来る家(長期優良住宅)にする事も、日々の暮らしを豊かにするポイントです。

Point03-居心地の良い場所は素材にもこだわる

 

国産の杉や桧、その地にある土、珪藻土や火山灰など、自然由来の無垢の素材を使う事で、空間の質を高めています。

合板フローリングやビニールクロスの経年劣化とは対極にある、経年変化(経年美)を確認して頂けます。

Point04-コンパクトでありながら広がりを持つ

 

延床面積が34坪で、決して大きな家ではありません。大きさが大事なのではなく、使いやすい間取りでそこには勝手の良い収納があり、”居心地良さ”を感じる、ちょうど良い空間の大きさを設計時に検討しています。何十帖もある大空間ではありませんが、部屋同士・吹抜け・庭につながる事でのびやかさを感じる空間になっています。

Point05-自然の風や太陽の光を暮らしの中に取り込む

 

外には自然のエネルギーが溢れています。太陽の光は電気に変えたり、冬場の太陽の熱は暖房になり、夏場の熱は遮る事で冷暖の助けになります。何より、自然の温もりは本当に心地よい。
断熱性能や気密性能を上げ、機器で快適をコントロールする事はもちろん大事です。それだけでなく、日射の取得や遮蔽を考えた軒の出や通風を考慮した窓の配置など、パッシブ設計はこの家に限らず、マルトの家では基本になります。

Point06-近隣の景観に溶け込む

 

昔ながらの家が立ち並ぶ村の中に立つS様邸。この景観になじむデザインである事は、ここで長く暮らしていく上で大事なポイントです。土壁や焼杉板を使った外観は、長く使っていける外装材であると共に、年月と共に味わい深く風化し、その家が地域の美しい街並みを形成していくのです。

Point07-災害時に暮らしを守る

 

太陽光発電に走る蓄電池(電気自動車)を利用したエネルギーシステム、電気が無くとも火が点きお湯を作れるプロパンガスの採用により、災害時のライフラインの寸断・復旧があっても、いつもと変わらず暮らす事が出来ます。想定される大地震、巨大台風や大雨被害など自然災害時にも暮らしを守ってくれます。

 

 

性能

耐震等級3・・・(許容応力度計算による)


ua値・・・・・・0.37(5地域基準 省エネ基準0.87 G1レベル0.48 G2レベル0.34)


c値・・・・・・・完成後0.9


 

仕様

構造材・・・・・県産、国産の杉・ヒノキ


屋根・・・・・・陶器瓦


外壁・・・・・・そとん塗り壁 天竜焼杉板


天井断熱・・・・高性能GW310mm


壁断熱・・・・・高性能GW105mm


基礎断熱・・・・外周ポリスチレンフォーム75mm


窓・・・・・・・アルミ樹脂複合サッシ(ガス入りLow-E) 一部木製サッシ


壁材・・・・・・珪藻土・漆喰塗り エッグウオール 和紙


床材・・・・・・ヒノキ 杉 漆塗り松 畳



予約ボタンよりご希望の日時をご記入の上送信ください

スタッフの自宅のためお迎えするのに準備が必要になります。

1週間程度の余裕を見てご予約ください。

場所の詳細についてはご予約後にお伝えします。

 


コロナ対策について

 

●弊社スタッフの検温、手指消毒の徹底。マスク着用でのご案内となります。

●ご来場の際は手指の消毒、マスクの着用にご協力ください

●体調不良や風邪などの症状がある方は、見学をご遠慮いただく場合がございます

●ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます

 

 

 

 

 

完成見学会 2023.09.19

2週連続見学会開催!終了しました

2週連続で完成見学会を開催します。

10月9日(月)祝日は彦根にて、15日(日)は長浜にての開催です。

 

今回の2棟のお家に共通するのは、コストを抑える工夫をしつつ、

性能もこだわりも諦めない、国産無垢の木の家になりました。

 

昨今の物価高は建築費用も例外ではありません。

 

そんな時代に家を建てるにはいろいろな工夫が欲しいところ。

家族が暮らす家ですから安心安全のため、耐震性能や断熱気密性能は必ず確保したい。

 

リビングや子供室をちょっと小さくして建築面積を抑え、

でも、室内干しのスペースや必要なところに必要な収納を作る、暮らしやすさは大切。

ご自分にとって何が大切かを、立ち止まって見極めることが必要ですね。

 

この2棟の家の間取りもご自分の暮らしに何が必要かを考え、無駄のないプランになっています。

でも、ちゃんと室内干し専用のスペースや、収納を確保しています。

また、採光や通風を考えた上で窓を吟味して、必要がないと思われる窓は付けませんでした。

 

 

彦根の家のデータ

屋根:ガルバリウム

外壁:モルタル壁 焼杉板

内装:桧、杉、ゆふ珪藻土 他

サッシ:YKK APW330

耐震等級3(許容応力度計算)

断熱等級6

UA値:0.44

 

 

長浜の家のデータ

屋根:ガルバリウム

外壁:ウッドロングエコ杉板

内装:桧、杉、ゆふ珪藻土 他

サッシ:エクセルシャノンNS50(トリプル)

耐震等級3(許容応力度計算)制震装置有

断熱等級6

UA値:0.37

C値:0.3

 

これから家づくりを検討される方には良い判断材料になる見学会です。

是非ご予約をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成見学会 2023.05.22

完成見学会|麻の葉に彩られた家 (終了しました)

 

最近頻発している地震が怖い!地震に強い家が欲しい

 ↓

許容応力度計算による耐震等級3の家です

住み続けられる家を作ります

 

 

電気代の請求が怖くてエアコンが付けられない!

どうすれば電気代をかけずに、夏涼しくて冬暖かい家になる?

 ↓

それには何より断熱の性能を上げることと、家の隙間を無くす気密を上げること

プラス、冬の太陽の力を室内に取り込む、夏は遮るパッシブデザインが大切

断熱性能:ua値0.40 気密性能:C値0.2の家になりました

 

 

どうすれば建てた後、お金のかからない家になる?

 ↓

まず大切なのはメンテナンスが少なく済む材料を使うこと

この家でご説明差し上げたいので、ご予約下さい

 

 

何より気持ちの良い、体が喜ぶ家にしたい!

 ↓

内部も漆喰の塗り壁や桧・杉といった無垢床材で

長く、健康で快適に暮らして頂けます

是非無垢の木の良い香りと手触りを感じてください

 

 

間取りにも注目!

 

 

 

帰宅して上着を脱いで片付けて、手を洗ってリビングに入るスムーズな生活動線

毎日の着替え、洗濯物の片付けなどを一括管理できる1階のファミリークローゼット

炊飯器や電子レンジなど生活感が溢れがちな家電はパントリーの中へ

 

などなど、暮らしやすさはもちろんのこと、

 

手洗いのカウンターや障子に麻の葉のモチーフを使ったり

リビングを囲むようなベンチでもありカウンターでもある造作家具

そしてそこから緩やかにつながる畳コーナーなど

お施主様のこだわりも詰まった家になりました

 

読書好きのご夫婦がお気に入りの一冊を手に取って

今日はどこを居場所にしようか、考えるのも楽しそうです

 

 ↓ よりWEB予約できます

お早目のご予約をおススメします

 

 

 

完成見学会でもう一つ、お知らせがあります

 

完成見学会でご覧になれる家は下記のような家

●内部も漆喰の塗り壁や桧・杉といった無垢床材で

●長く、健康で快適に暮らして頂けます

●是非無垢の木の良い香りと手触りを感じてください

 

 

こんな気持ちの良い内装が、何年かたったらどうなる?

変色してる?

傷だらけ?

心配じゃないですか?

 

 

弊社のモデルハウス(実際にスタッフが住んでいます)が築2年になりました

最初は白かった桧の床や、きれいな塗り壁はどうなったのか?

 

 

スタッフには小学生になる小さな子供が2人います

それなりに色も変わり、傷もつきました

でも、決して汚くなったわけではありません

ぜひ、無垢の木の家が数年経つとどんな風に変化を遂げるのか?

ご自分の目で確かめてごらんになりませんか?

 

モデルハウスご予約のページはこちら

 

 

新築完成見学会は ↓ よりWEB予約できます

お早目のご予約をおススメします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成見学会 2023.03.22

完成見学会|暮らしやすさもあこがれも、諦めない家(終了しました)

完成見学会|能登川

 

概要 外装|瓦屋根 塗り壁(AC plus uテール仕上げ)

   内装|塗り壁(ゆふ珪藻土) 桧・杉床材

 

家づくりは性能とやりたかったことの実現、どちらも大事ですね

健康に快適に安全に暮らせる性能と、あこがれだった暮らし方を実現しました

 

この家はお施主様のこだわりと、マルトが必要と考える性能で作られたお家になっています

 

ご夫婦で登山をされ、オフロードバイクもキャンプもお好きなお二人は

春や秋には窓を開けて暮らしたい

冬は薪ストーブの炎を見ながらの家族団らん

夏は庭でのBBQを楽しみつつ、家の中は涼しい空間

年中、足触りの軟らかい桧や杉を使った床材で素足で過ごしたい

ダイニングには大好きなタイルを使った、家具のような造作収納

そんなお施主様の思いの詰まった家になりました

 

健康に快適に暮らすための性能_ua値0.42 C値0.4 HEAT20:G1グレード 断熱等級6 

安全に暮らすための性能_許容応力度計算による耐震等級3

これらはマルトの考える暮らしを守る家の基本です

 

また、住んでからお金のかからない事も大事です

 

塗り壁外壁や瓦屋根はほぼメンテナンスなしで、長く持つ素材です

無垢の床材(国産桧や杉)は経年変化が楽しめる、これもまた長く使える素材です

長く持つ素材ということは、メンテナンスにお金がかからないという事です

 

また高性能であるということは、冷暖房に使うエネルギーが少なく済むということ

昨今の電気代の高騰を考えると家計への負担が少なく済みます

 

ご予約頂いた方にはメールにて詳細の地図などのご案内をさせて頂きます

 

 

 ↓ よりWEB予約できます

お早目のご予約をおススメします

 

 

 

 

 

 

完成見学会 2023.01.13

完成見学会|どこにいても家族の気配を感じる家(終了しました)

完成見学会

 

概要 外装|瓦屋根 そとん塗り壁

   内装|ゆふ珪藻土塗り壁 桧・杉床材

 

家づくりは性能と意匠のバランスが大事です

健康に快適に安全に暮らせる性能と、愛着を持って住み続けられる意匠、どちらも大事

 

この家はお施主様のこだわりと、マルトが必要と考える性能で作られたお家になっています

 

落ち着いた和風の佇まいや、通り土間のある間取り

細かく仕切らない間取りで、四季の移ろいを感じられる家

足触りの軟らかい桧や杉を使った床材で素足で過ごしたい

冬暖かく夏涼しい、春や秋には窓を開けて暮らしたい

そんなお施主様の思いの詰まった家になりました

 

健康に快適に暮らすための性能_ua値0.43 C値0.4 HEAT20:G1グレード 断熱等級6 

安全に暮らすための性能_許容応力度計算による耐震等級3

これらはマルトの考える暮らしを守る家の基本です

 

また、住んでからお金のかからない事も大事です

 

塗り壁外壁や瓦屋根はほぼメンテナンスなしで、長く持つ素材です

無垢の床材(国産桧や杉)は経年変化が楽しめる、これもまた長く使える素材です

長く持つ素材ということは、メンテナンスにお金がかからないという事です

 

また高性能であるということは、冷暖房に使うエネルギーが少なく済むということ

昨今の電気代の高騰を考えると家計への負担が少なく済みます

 

家づくりを考えておられる方に、是非体験して頂きたい

2月という1年で一番寒い時期に、少ないエネルギーで暖かく過ごせる家

 

ご予約頂いた方にはメールにて詳細の地図などのご案内をさせて頂きます

 

 

 ↓ よりWEB予約できます

お早目のご予約をおススメします