2021.02.04最終更新日:2021/05/19

結露する窓を何とかしたい!

今から家を建てようと思っている人は

結露なんて関係な~い、新築だもん!

と思っていませんか?

それは大きな間違いです。

どんなに高性能な家であっても、条件がそろえば結露は発生します。

すでに家を建ててしまった、あるいは親からの古い家に住んでいる人は、結露にお悩みでしょう。

今回は弊社のある関西位の気候を念頭に、今から家を建てる人とすでに家を建ててしまった人にむけて記事を書いてみます。

結露とはなにか?

結露と聞いて一般的に思い浮かべるのは、冬の窓でしょうか。

寒い冬の夜、室内で石油ストーブをつけ、その上ではやかんがシュンシュン音を立てている。(昭和感満載ですね)

石油ファンヒーターやガスファンヒーター

窓は濡らしたかのような水の雫だらけ

レースのカーテンはびしょびしょのカビだらけ

結露とは空気中にためられた水分が冷たいものに触れることで発生します。

室内の暖かい空気が室外と接している窓に触れることで結露します

そして、暖かい空気ほどたくさんの水分を持つことが出来ます

結露をさせないためには?

冷たいものに水分を含んだ暖かい空気が触れなければ、結露はしません

簡単に言うと、窓を冷やさない = 室温と外気温を同じにする

室内の空気をからっからに乾燥させる

そんなことをしたら、今のご時世あっという間にコロナにかかっちゃいますね

新築時には結露しない窓を選ぼう

窓の選定がとても大切です

ひと口に窓と言ってもピンキリです

断熱気密性能の高い窓を選びます

そうすることで冷たい外気の影響が内部に伝わりにくくなります

ペアガラスであってもアルミサッシ(室内外とも枠がアルミ製)はNGです

出来ればオプション扱いになっても、窓のグレードを上げることをおススメします

断熱性能の高い窓には

アルミ樹脂複合サッシ

参考 LIXILサーモスXはこちら

樹脂サッシ

参考 YKKAPW330はこちら

木製サッシ

とあります。

下へ行くほど性能は高くなります。

お値段も高くなります (泣)樹脂サッシはそれほどでもないですが

最低でもアルミ樹脂複合サッシは採用してほしいところです

結露の話をしていますが、こういった窓は夏にも効果が高いです。

窓からの熱の出入りが一番大きいので、冬は暖かさを保つ、夏は涼しさを逃がさないのに効果的です。

窓だけでなく壁でも床でも結露は起こります

断熱材をきちんと天井、壁、床に入れましょう

高断熱高気密についてのブログはこちら

夏涼しくて冬暖かい家を、高断熱高気密で作るコツ

結露する窓対策をしよう・・・すでに住んでいる人編

結露対策にある程度費用が掛かってもいいという方

断熱改修というリフォーム工事があります

これは既存の建物を骨組みだけにして、断熱材を入れ窓も取り替えます

この方法をとれば新築とほぼ同様の効果はあります(ついでに耐震補強も出来ます)

ただし、新築に近いくらいのお金はかかります

というのも、骨組みだけにすることで外装も内装も設備もほぼすべてやり替えになり、新築よりも手間がかかるからです

しかも、古い家というのは往々にして大きい場合が多いです

建築会社と費用対効果をよく相談されることをおススメします

そこまでは・・・とおっしゃる方におススメなのは内窓です

先にお伝えしたように、窓は熱の出入りが一番多い場所です

既存の窓の室内側にもう一つ窓を付けることで外気の影響を受けにくくなり、結露もしなくなります

この方法はかなり効果的で、費用対効果も良いのでおススメです

とりあえず、結露をしのぎたい方

市販の結露対策グッズを使いましょう

緩衝材のようなプチプチ?

あれはプチプチの中に空気があるので断熱層になります

雨戸があれば面倒がらずに閉めましょう

プチプチ付きの窓とで断熱効果も上がります

あとは室温を上げすぎないこと(酷なことを言うようでスイマセン)

暖かい空気になればなるほど水分を持ちます

20℃の室温より25℃の空気の方が水分を沢山持てます

その上で湿度をちゃんと測りましょう

たまに加湿器の動かしすぎ、プラス室温ぽかぽかで(確か27℃?)高性能な家でも結露しました・・・

室温18℃から20℃までで、湿度40%から50%

ちょっと寒いなと思ったら軽くて暖かいアレを羽織りましょう

結露する窓の許せる程度

先に書いたように高性能な家であっても条件がそろえば結露します

完璧に結露を起こさないようにすることも可能ですが、年に何日あるかの寒い日に合わせるよりも、許せる範囲を知っておくのもアリだと思います

結露したとしてもガラス面の下の方だけに薄く結露している

ほうっておいたら知らぬ間に消えている

という程度なら許せるかな?

もうちょっと暖かくしたい方へ

余談ですが、暖房しているけれどなんとなくスースーする。

光熱費を上げずに暖房を強化したい

そんな方におススメの窓まわりの商品があります

ハニカムスクリーン、という空気層を持ったブラインドです

空気層を持っている分断熱効果が高く、熱の逃げに弱い窓には効果的です。

ただし単板ガラスのアルミサッシにに取り付けると、恐ろしく結露すると思います。

ペアガラスのアルミサッシでも特にアルミ部分は恐ろしく結露すると思います。

使えるおススメはやはりアルミ樹脂複合サッシ以上の窓になります

そういった意味からも、新築時にはアルミ樹脂複合サッシは押さえておきたいものです。


後悔しない家づくりに役立つ小冊子を差し上げます。

住宅会社選びに悩まれているならヒントが詰まった内容です。

商談中の方であれば工事店との打ち合わせに役立つ内容です。

メールアドレスの登録だけでOKです。下のバナーよりどうぞ。

家づくりにはたくさんの落とし穴があります。

建てる時には教えてくれないこともあります。

誰だって出来るだけ安く家を建てたい

それは当たり前のこと

でも、建てる時の費用を安くするための選択が

光熱費のやたらかかる、寒くて暑い家になってしまったら?

10年後、20年後に何百万とコストのかかる家になっていたら?

残念ながらそういったことが実際にあるのです

建てる前に知ってたら、こうしていたのに!

という事も少なくありません。

そんな悔しい思いをする人を一人でも減らしたくて

「家を建ててからかかるお金の話知っていますか」

という小冊子を作りました。

これを読んだうえで、

納得の家づくりをして頂きたいと、心から願っています。

メールアドレスのみのご登録。

お名前も住所も必要ありません。

下記バナーよりご登録くださいませ。

Pocket