国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

地盤が弱い時は

2018.01.11

昨年末に地鎮祭を行ったY様邸、

地盤調査をした結果、いわゆる軟弱地盤であるという判定が出ました。

 

基礎の仕様によっても判定が違ってくるのですが、

弊社の場合、基本的に耐震等級3にする為、

許容応力度計算という難し~い計算によって基礎の仕様を決めるので、

一般的な基礎よりも強度があるのですが、

それでも地盤改良が必要という結果になりました。

 

今回の改良方法は『湿式柱状改良』という方法です。

 

建物の建つ部分、地盤面【設計GL(グランドライン)と呼びます】から、

2.25~3.5m下の地中に強固な支持地盤があります。

その指示地盤に、コンクリートの柱みたいなものを建てて、

その上に建物の基礎を作るというイメージです。

 

工事の内容は、

地盤改良

土がいっぱいでわかりにくいのですが、

重機の棒の先がドリルのようになっていて、

クルクル回しながら支持地盤まで掘っていきます。

 

 

柱状改良

こうして見ると、深いところまで掘れるのがわかりますでしょうか。

 

セメント系固化材

重機の隣にあるトラックの荷台部分で、セメント系固化材というものを作り、

それを掘った部分に入れ、コンクリートの柱のようにします。

 

地盤改良

この写真が出来上がった状態の天端です。

直径が60㎝あります。

 

地盤改良

この写真では、土がいっぱいでわかりずらいですね。

 

湿式柱状改良

余分な土を取った状態です。

雨が降って水たまりになっている所がありますが、

支持地盤まで届いている柱が34本あります。

 

建物が出来上がってしまえば、全く見えなくなる部分ですが、

非常に重要な部分です。

 

 

Pocket