国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

窓廻りの防水は

2018.02.11

先日上棟が無事終了したY様邸。

サッシの取付が完了し、透湿防水シートが貼り終わりました。

 

基本的には、この段階で家の中には雨が入りません。

 

ここまでで注意しなければならないのが、窓廻りの防水です。

サッシの下部両端は、透湿防水シートの巻き込みだけでは、

『ピンホール』と呼ばれる穴ができる可能性があり、漏水の危険性が増すので、

弊社では『ウェザータイト』という商品を取付けています。

 

防水

 

ポリエチレン製の一体成型で造られており、

上図に書いてあるピンホールができやすい部分から一切漏れることがありません。

 

施工された状態が、

 

防水部品

 

こうして見るとサッシの下にしか見えませんが、

 

ウェザータイト

 

緑の線の部分にウェザータイトがあり、

サッシを取り付けた後に、

オレンジ色の線の部分に両面防水テープを貼り、その上から透湿防水シートを貼ります。

 

内部から見ると、

 

丁寧な防水

 

緑色のものがウェザータイトです。

 

これで、窓下の漏水の心配はありません。

 

 

 

 

Pocket