施工事例

NEW CONSTRUCTION

マルトで新築のご提案をさせていただいたお客様の物件のご紹介です。
どの家にもお客様それぞれの個性や思いを取り入れつつ、その中で木を活かした家となっています。
家づくりの参考にしてください。

平田の家

平田の家

今まで夫婦で出かけたお店の内装や、旅先の旅館の間取り。いつか家を建てるならあんな風にしてみたいと思っていたことを、暮らしやすい家プラスときめきのある家として実現出来ました。通り土間を通って畳リビングにつながる路地のような間取りや、玄関を入ってすぐ目に入るまあるい障子窓。あの向こうには何があるんだろうと、思わずわくわくするような家になりました。

松原の家

松原の家

結婚を機に家を建てる方、子供の成長に合わせて家を建てる方、終の棲家として家を建てる方、家を建てる理由は様々です。どんなタイミングやきっかけで家を建てるとしても、基本性能として、出来るだけエネルギーを使わない仕組みや、耐震性などの高い性能は必須です。その基本性能を有しつつ、家族が健康に暮らすために安心で安全な無垢の木等の自然由来の素材で造られることや、毎日の生活でストレスを感じない間取りの工夫なども、長く暮らすための家にとって「高い性能」だけではない大切な要素です。これらに加えて私たちがとても大切にしている事。それはお客様の「やりたい事」をカタチにする事。それが「らしさ」につながり、思い入れのある「我が家」となって大切に長く暮らしていくことが出来ます。石積の間接照明や京町屋風のアプローチなど、この家にも随所に「やりたい事」が見られます。彦根の「松原の家」は高い性能+自然の力+お客様らしさのつまった家になっております。

長浜の家

長浜の家

スタートは無垢の木の家造りをご希望されているという事で弊社との商談が始まりましたが、実は自分で造ったりする事が大好きなご主人であった為、無垢の木の家造りに”お施主様参加”という要素が入った、新しい家造りの形だったのかもしれません。家自体は弊社の特徴である、県産・国産の無垢の木で作り、自然素材をふんだんに使った家造りですが、まず家の塗り壁は全てご主人と奥様で塗られました。これだけならよくあるのですが・・・完成時に設置予定の暖炉の背面の耐火パネルをハンドメイドのレンガ積みで造られ、極めつけは隣接する車庫を弊社指導の元ではありますが、骨組みの組み立て(上棟)外装の焼板は、全てご主人と奥様で造られました。屋根・基礎・電気は弊社職人でやりましたが、それ以外は全てお施主様です。「お施主様と共に造る家造り」とよく言いますが、これだけの事が出来るのはお施主様との良好な関係とご理解がなければ出来ません。手前みそになりますが、これもまた弊社の良さであり特徴であると思っております。

芹川の家

芹川の家

隣家が迫っていること、近くに桜並木の美しい川が流れていることもあり、2階リビングのプランになりました。しかもコの字型に部屋を配置し、凹ました部分にウッドデッキを設けることで、プライベート外リビングのような使い方が出来ます。デッキに面した面には大きな窓を設け、バーカウンターを作ったことでちょっとした非日常の空間になりました。
お料理好きなご夫婦ですので、あえてキッチンは独立型にし、広いスペースを確保しました。リビングとデッキをはさんんで向かい合うキッチンは、リビング・デッキ・キッチン・バーカウンターと回遊出来る楽しいプランです。
県産・国産の杉の無垢材を多用し、塗り壁、吹き抜けのダイナミックな丸太梁など、自然素材で作られた安心・安全な家となりました。

岐阜・垂井の家

岐阜・垂井の家

素材・デザインへのこだわりがご夫婦それぞれにあり、また自分達の住まいへの思いや考え方も明確なものを持たれていたので、その方向性に従い、思い切ったプランや仕上げのご提案が出来た家になりました。元々別荘地で建築をお考えであったぐらい、静かで広い土地をお探しで、LDKからの眺望や自然との融合は重要な点でした。また施主様自らデザイン画を書いて頂くぐらい、細部までこだわりがありましたので、それを活かしながら、家中の間取り、動線、仕上げに様々な工夫を凝らしています。
土間リビング、薪ストーブ、玄関・シュークローク・ウォークインの動線、奥様の家事動線、鉄・銅の異素材を使った家具、ご主人好みの書斎、奥様好みの子供室など、独創的で自由な発想で考えられた垂井の家は、それでいて落ち着く・癒される家になっています。

開出今の家

開出今の家

彦根市開出今に建てられた家です。キッチンとの配置が個性的な、それでいて居心地のよさそうなダイニングになりました。キッチンに立てば家中の気配を感じられそうな間取りです。ごくシンプルな木の家ですが、ご主人の釣部屋の土間使いや、寝室奥の奥様の家事コーナーなど収納と使いやすさを兼ねたプランになりました。ここかしこに使われた無垢の1枚板がアクセントになっています。

城下町の家

城下町の家

ご主人のお仕事の関係で「木」には大変お詳しいお施主様でした。そんなこともあり、県産・国産の木で家を建てるのは当然のこととして、立地を含め子供を育ててゆくのに良い環境を作ることが一番のお望みでした。そんな考えは間取りにも反映され、家全体がひとつの大きな空間のようになっていて、家族の気配が自然と感じられるようになっていたり、外出から戻って自然と手洗いが出来るような動線になっていたり、随所にお施主様の気持ちのこもった家づくりとなりました。

近江八幡の家

近江八幡の家

近江八幡で古くからある街道沿いに建てられました。京町屋を思わせる風情あるアプローチや間接照明の利いた玄関。1階はリビングと洗面脱衣室を大きく取り、特に洗面脱衣室は家事室と収納の機能を持たせました。2階は天井が丸太表しの力強い印象で、主寝室からちょっとした階段を上がるとご主人の隠れ家があります。外観も街並みの風景を壊すことなくなじみ、大きなウッドデッキは細い横格子で仕切られたプライベートな空間です。

リフォーム事例一覧を見る