国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

サッシの種類

2018.02.28

前回、省エネには欠かせない、ガラスの話でしたが、

今回はサッシの種類です。

 

以前からあった【アルミサッシ】というと、

アルミでできた枠に、単板ガラスをはめ込んだアルミの障子でした。

 

アルミサッシ

上の画像は、現在も販売されている【アルミサッシ】で、

枠はアルミでできていますが、造作で取り付ける窓枠が接する部分(アングル部)は

樹脂製になっていて、ガラスも複層になっています。

 

 

ここから【断熱サッシ】と呼ばれるものです。

断熱サッシ

 

障子は外部がアルミで内部が樹脂、もちろんガラスは複層です。

あと枠で重要なのが、上の画像で『断熱樹脂』と書いているオレンジ色の部分。

 

枠の外部の熱を内部に伝える事のないように、樹脂で熱を遮断しています。

この樹脂があるのとないのとでは随分と違います。

 

 

樹脂サッシ

これは、弊社が標準的に使用している樹脂サッシ(APW330)です。

枠も障子もオール樹脂。

断熱性能が高い良い窓です。

 

樹脂サッシ

これは、もう1ランク性能の高い樹脂サッシ(APW430)で、

ガラスもトリプルガラスになっています。

 

勿論こちらの方が断熱性能が高いのですが、

コスト面、地域の環境等、総合的に考えると、APW330が必要にして十分だと考えています。

 

 

 

 

Pocket