コンクリートの話

2018.01.14

今日はコンクリートの話です。

 

コンクリートは何から出来ているかというと、

水・セメント・砂(細骨材)・砂利(粗骨材)

です。

(上記の砂利が入っていないのをモルタルといいます)

 

実際に現場で使用する時にミキサー車で運ばれてくる物を、

建築関係の仕事をしている人は『生コン』といいますが、

正確には、JIS規格で『レディーミクストコンクリート』といいます。

 

これは、整備されたコンクリート製造工場で練り混ぜを完了し、

ミキサー車によってフレッシュな状態で現場に配達されるものを指します。

 

コンクリート製造工場にレディーミクストコンクリートを発注する時、

指示をする数値がいくつかあるのですが、

その前にコンクリートの強さ等に関わりのある言葉を説明します。

 

・水セメント比

まさに水とセメントの重量の比率の事です。

水セメント比が小さい(水の量が少ない)程、コンクリート強度は大きくなります。

 

・スランプ

コンクリートの柔らかさ(打設時の作業のしやすさ)の数値です。

スランプコーンという、底辺直径20㎝、上部直径10㎝。高さ30㎝の円錐状の枠にコンクリートを入れ、

その枠を垂直に引き抜いた時、自重で頂点が下がりますが、

その下がった分の高さをスランプ(㎝)といいます。

例えば、スランプが18㎝ならば、コンクリートの頂点は地面から12㎝という事です。

ですから、スランプの値が多き程柔らかいコンクリートという事になります。

 

水の量が少ない方がコンクリートの強度が上がるので、

スランプは出来る限り小さい方がいいのですが、

住宅の基礎等は鉄筋の量も多く、複雑な形状になる事もある為、

コンクリートが硬いと型枠の中にうまく流れ込まなくなります。

うまく流れ込まないとコンクリートの中に空隙ができ、

本来の強度が出なくなりますので、弊社では18㎝を標準としています。

 

・呼び強度

材齢(レディーミクストコンクリートを打設してからの期間)4週(28日)の

圧縮強度。

 

 

上記がコンクリートの強さに関わる主なもので、

レディーミクストコンクリートを発注する場合は

21-18-20 を〇〇㎥

と発注します。

 

最初の【21】は【呼び強度 21N/m㎡】

次の 【18】は【スランプ 18cm】

最後の【20】は【粗骨材(砂利)の最大寸法】

という事になります。

 

それに加えて、

コンクリートには温度補正というものがあり、

気温が低い場合はその温度に応じて、呼び強度を高くします。

その地域の生コン会社によって決めている場合もありますが、

平均気温が15℃以下なら設計呼び強度+3N/m㎡

平均気温が8℃以下なら設計呼び強度+6N/m㎡

というふうに強度を上げます。

 

もちろん、気温が氷点下になるような時はコンクリート工事はできません。

中の水分が凍ってしまって、コンクリートの強度が出なくなるからです。

 

 

 

Pocket