国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

ずいぶんとブログをさぼってしまいました。

 

今週の土曜日、日曜日には完成見学会があるというのに、

告知があまりできていません。

 

駐車場の関係等もあり、今回は完全予約制にさせていただいてます。

お申込みをいただいていますが、まだ空きはあります。

 

お客様のおうちですので、この機会を逃すと、もう見る事はできません。

 

是非是非、ご覧ください。

 

 

 

家づくりをそろそろ考えている方にこのブログが届くといいな、と思いながら書きます。

 

家づくりは大変です。特に家に思い入れがあってまじめな方ほど大変です。

いまはスマホのおかげでポチッとすれば瞬時に大量の情報が何処に居たって手に入る時代です。

いろんなサイトを見るといろんなことが、工法やら仕様やら、わらわらと書いてあります。

ほとんどの方は家づくりに興味はあっても建築は素人です。あたりまえですが。


耐震性能は高いほうがいいに決まっていて、免震性能が付いていればなお安心。

断熱性能は高いほうがいいに決まっていて、北海道並みの性能があればなおうれしい。

 

これらはほんの一例ですが「正解」です。

 

でも、滋賀で自分が建てる家にそこまでの性能を求めてコストを押し上げて、建てた後の家族旅行もままならなくなるのが幸せでしょうか?あっ、

 

だからといってこれらの性能やもろもろのものが必要ないかというと決してそうではなくて、マルトでも耐震性能は最高等級の3が基準ですし、断熱性能にしてもしかりです。(逆にそんな性能は必要ないですよ~と言わんばかりのところは論外ですが。笑)

でも、もちろんそういった高性能こそが求めているものだと改めて確認出来たらそれはそれで正しい家づくりですね。

 

むずかしくてうまく伝えられないのですが、家づくりに邁進して一つのことに盲目にならずに冷静になる事やバランス感覚が必要ということですね。

 

弊社の見学会にお越し頂いたらもちろん家の中をご案内させて頂くのですが、その際にいろんな質問をしてください。なぜ、こうなったのか丁寧に説明させて頂きます。それは売り込みではなくて、弊社の考える家づくりの基本です。間取りなどは今回のオーナー様が一生懸命家づくりを考えられた結果で、それぞれの家族にはそれぞれの間取りがあります。

 

そうやっていくつかの見学会などをまわると、自分にはどんな工務店が向いているのかだんだんわかってくると思います。豪華なモデルハウスでは絶対に見えてこない家づくりが、オーナー様の家をお借りして開く見学会では見えてきます。工務店との相性もわかってきます。もちろん弊社で建てさせて頂けると嬉しいですけどね。

 

売り込みはほんとにありません。

家づくりのご参考に、是非、お越し頂くのをお待ちしております。

 

お申し込みはこちらから。

 

西沢でした。

 

完成見学会

2018.04.08

少し先ではありますが、

完成現場見学会のお知らせです。

 

約2週間後、今月の

21(土)22(日)日

予約制にて完成現場見学会を開催します。

 

無垢(本物)の木をふんだんに使い、

生活していて居心地のいい住まいになったと自負しています。

 

こちらのお宅は、

断熱性能を現す値のUA値(ゆーえーち)が0.44

値が低いほど高性能なんですが、

現在の省エネ基準値が0.87

国が定めた2030年度には義務化になる基準値が0.6

どちらの値も大きく上回っています。

 

また、耐震等級は最高等級である3。

(東北や熊本の地震でも耐震等級3の建物の倒壊はありません)

かつ、地震力に耐える性能として注目されている直下率では、

(1階の柱や壁の上に2階の柱や壁がどれだけ同じ位置にあるかの割合)

推奨されている基準値の2割増しとなる、

耐力壁直下率70%以上

柱直下率  60%以上

を、弊社の基準にしています。

 

耐震の度合いは見ただけではわかりませんが、

居心地の良さは充分感じていただけますので、

是非見学にお越しください。