2017.01.05最終更新日:2020/02/21

新年 あけましておめでとうございます。

2017年がスタートしました。
1月とは思えない暖かさと好天のおかげで、地元の多賀大社は例年にない参拝者があったようで、三が日で40万人を超えたそうです。
弊社もこの勢いに肖っていきたいと思う新年のスタートでした。

私事になりますが、ことしのお正月は、普段から旦那らしい事や父らしい事が疎かになっているので、嫁さん・子供達への罪滅ぼしを兼ねて、

【わがままを全て聞くぞ、お正月休み!】

といったタイトルを銘打ち、家族の為のお正月休みをすごさせて頂きました。
おかげで、正月休みならぬ正月疲れの初出勤です

様々な事をこなした休みだったのですが、1月2日は上の坊主が大好きなプラレールの博覧会をやっているという事で一路、大阪・南港へ行ってきました。

入場しただけでもらえる無料配布のはやぶさの中間車両、プラレールの巨大ジオラマやプラレール新幹線の巨大展示物、様々な記念撮影スポット、チケット購入してゲーム式のアトラクションに参加して限定新幹線がもらえるなど、とにかくテンションあげまくって、仕上げは今さっき見て遊んだ商品の販売コーナー

もう、買わない訳にはいきませんよね。お見事というしかないぐらい完璧な販売戦略です

まず、オマケの中間車両を持ってしまうと、当然前後の先頭車両が欲しくなります。これでまずはやぶさセットを買わされます(うちはサンタさんからゲット済みだったのでこれは回避)

プラレールの新幹線を操縦できるキット(もちろん市販品)で遊べたり、巨大ジオラマで実物の臨場感を出し、購入意欲をそそりつつ、プラレールアトラクションでたくさんのチケット代をつかわせ、最後に
「さっき遊んでた物・見てた物がご自宅でもできますよ?」的なかんじで、販売コーナーになります。

当然ここを通らないと外に出られない訳で・・・
いや正確に言うと出れるんですけど、もう子供は買わなきゃ帰れん状態に仕上がってる訳で・・・

息子(といっても3才ですが)との長時間の交渉の末、蒸気機関車セットを1台買う事で合意に達しました。

まぁ、そんな正月休みだったのですが、良くも悪くもトミカさんの販売戦略は素晴らしいと感じました。

それだけでは成り立たないが、興味が沸く仕掛けをする事で次につなげ、実物を見る事で興味本位だった物を本気モードにさせ、実際に動かしたり触ったりする体験をする事で”買う”という確実なものに変化させ、最後の販売・購入につなげる。

家とは全くの別物ではありますが、営業手法という意味では、家にもあてはまる物があるかと思います。

心地良い遊び疲れと学びのあった、良いお正月休みだったと思います。

最後になりましたが、株式会社マルトとお付き合いいただいております、お客様、お施主様、お取引先の皆さま。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます


株式会社マルト   常務取締役 澤田藤司徳


Pocket