ブログ

BLOG

工務店としての日々の仕事の中から、「これは家を建てる前に是非知っておいて欲しい」という
基本的な家づくりの知識や、家づくりや暮らしについてのちょっとしたヒント、
マルトからのお知らせなども記事にしています。
気になる単語でも検索できます。例:「資金計画」「土地」「間取り」など

住まいづくりのヒント集
2019.04.19

食洗機はビルトイン派?卓上型派?

すっかり桜も散ってしまい、4月も半ばを過ぎてしまいました。

ついこないだお正月だったような気がするのに、時間のたつのが早い西沢です。

 

食洗機はビルトイン派?卓上型派?

 

さて、先日近所のお友達から「キッチンのリフォームをするなら食洗機はビルトイン(キッチンに組こまれているタイプ)がいいかしら??」と質問されました。

実は私は卓上型(電気屋さんで売っているタイプ)派なんです。

そこでそれぞれのメリット、デメリットをどちらも使ったことがある私が、私なりに考えてみました。

 

ビルトインタイプのメリット

 

 

● 何と言ってもスッキリしていますよね。扉面材もキッチンと合わせられますし。

● カウンターの作業スペースが広くなります。

● 大容量タイプのものが出てきました。昔は海外製しか見かけませんでしたが。お鍋まで洗えます。

 

ビルトインタイプのデメリット

 

● 故障した時の買い替えのコストが卓上型に比べて高い。

● スライドタイプ( ↑ 引き出しみたいの)は食器が入れにくく感じるし、同じ5人用でも卓上型に比べ入る量が少なく感じる。

● 収納スペースが減る。

 

卓上型のメリット

 

 

● ビルトインに比べて安価なため、買い替えやすい。←メリットがこれしか思いつかない・・・

 

卓上型のデメリット

 

● 設置スペースが必要

● 排水をホースでシンクに流すのでごちゃごちゃ感が出る。

● 対面式キッチンやアイランド型キッチンではダイニング側から丸見え。

 

ここまで書いてきて気が付きました、私が卓上型を好む理由が。

ちゃんとお手入れしないもんだから、買い替えたくなるペースが速いのです。

 

今から家づくりをされる皆さんは当然ビルトインがおすすめですね。

 

では今どきのビルトイン食洗機

 

ノックしたら勝手に開いてくれる「取っ手レス」ですって!!

 

 

かつての日本製では考えられなかったスッキリデザインと大容量!!

と思ったら、ミーレ(ドイツ)の製品でした。

 

 

 

 

 

↑ 値はそれなりに。。。

 

先述のお友達には訂正して、ビルトインをお勧めしときます。

で、そのお友達に強くお勧めしたのがお掃除いらずのレンジフード。

 

 

2か月に1回洗浄ボタンを押すだけで、10年間ファンフィルターの取り外しがいらない「洗エールレンジフード」。これ欲しいっ!!

 

画像は卓上型食洗機はパナソニックから、他はクリナップからお借りしました。

 

 

メルマガ登録募集中!

?

新築を考え始めた今だからこそ

?

長持ちする家、

安全に安心して暮らせる家

建ててからお金のかからない家

?

を建てることが可能になるのです。

?

?

木の家を正しく知りたい

夏涼しく冬暖かい暮らしがしたい

地震に負けない安心が欲しい

家を建てた後で生活苦になりたくない

?

そんな家作りのコツや

お役立ち情報を配信しています!

こちらをクリック ↓

?

メールアドレスの送信のみでOK!

名前も住所も一切不要!

 

 

 

住まいづくりのヒント集
2017.07.17

キッチンの高さ。

一般的に適正なキッチン天板の高さは

 

(身長÷2)+5?

 

と言われています。

 

30?40年前、日本の女性の平均身長は約150?でした。

ですから(150?÷2)+5? = 80? ということで、天板高さ 80?のキッチンが主流でした。

 

女性の平均身長が伸びてきて、約158?になり、

(158?÷2) + 5? = 84?となり、

JISではキッチン天板の高さは5?刻みになっているため、85?の高さが主になってきました。

 

身長の高い女性にとっては、85?の高さでも、シンクでの洗い物時に腰に負担がかかり腰痛になります。

最近では、90?や95?だけでなく、87.5?や92.5?といった天板高さを選べる商品もあり、どの高さが楽に使えるのかは、ショールーム等で確認ができます。

身長が同じでも、腰の高さが違ったり、腕の長さが違えば、負担になる高さも変わってきます。

ですから、まっすぐ立った状態で腕を直角に曲げた時の

 

肘の高さ ―14? 

 

が推奨高さと言ってるところもあります。

 

洗い物をする時、調理台で野菜を切る時、コンロで煮炊きする時等、作業高さの変わる3ヶ所で、確認する事をお勧めします。