ブログ

BLOG

工務店としての日々の仕事の中から、「これは家を建てる前に是非知っておいて欲しい」という
基本的な家づくりの知識や、家づくりや暮らしについてのちょっとしたヒント、
マルトからのお知らせなども記事にしています。
気になる単語でも検索できます。例:「資金計画」「土地」「間取り」など

現場日記
2019.02.08

床下エアコン・・・空気の流れを読む

先日床下エアコンを設置したお客様から、「床下エアコンの効きが悪い」とのご連絡があり、点検と合わせて原因調査に行ってきました。

完成時に様々な検査をしたつもりですが、もう一度チェックに床下へ

うん、やっぱり問題なし。

循環を助ける為のサーキュレーターを設置しているのですが、それの稼働も問題なし

ただ・・・

確かに、問題の和室下はやはり少し寒い。

他は熱いくらいに暖かいのになんで???

答えはまさに便秘・・・いやいや、袋小路になっていて抜け道が無かったんですね。

正確に言いますとガラリの数が少なかった(面積が少ない)ので、エアコンより一番遠い位置にある家の一番奥になる和室下は、暖気はこちらに来ようとするものの、床下に溜まった冷気の出口が無いもんですから、ずーっと暖気に押し込まれた状態の空気の交通渋滞がおこっていて、暖かい空気が出なかった訳です。

床下エアコンを採用する上で様々な所で勉強させて頂き、これで完璧!という方式でやってみたのですが、想定外の問題がおこりますね

お施主様にはご了承頂きまして、ガラリの数を増やさせて頂きました。

昨日までは暖かかったので確認できなかったのですが、最強寒波が来る今週の3連休に一度確認に行ってまいりたいと思います。

こちらはマルトの家づくりについての考え方です

こちらの家は2017年秋に完成したのですが、それからお庭を作らせてもらいました。

ちょっといい感じになってきましたね。


後悔しない家づくりに役立つ小冊子を差し上げます。

住宅会社選びに悩まれているならヒントが詰まった内容です。

商談中の方であれば工事店との打ち合わせに役立つ内容です。

メールアドレスの登録だけでOKです。下のバナーよりどうぞ。

家づくりにはたくさんの落とし穴があります。

建てる時には教えてくれないこともあります。

誰だって出来るだけ安く家を建てたい

それは当たり前のこと

でも、建てる時の費用を安くするための選択が

光熱費のやたらかかる、寒くて暑い家になってしまったら?

10年後、20年後に何百万とコストのかかる家になっていたら?

残念ながらそういったことが実際にあるのです

建てる前に知ってたら、こうしていたのに!

という事も少なくありません。

そんな悔しい思いをする人を一人でも減らしたくて

「家を建ててからかかるお金の話知っていますか」

という小冊子を作りました。

これを読んだうえで、

納得の家づくりをして頂きたいと、心から願っています。

メールアドレスのみのご登録。

お名前も住所も必要ありません。

下記バナーよりご登録くださいませ。

現場日記
2018.04.02

滋賀県産材を使用した住宅の上棟

4月になったところだというのに、

まるで夏が来たかと思うような天気まわりで、

先週の木曜日、上棟させていただきました。

 

もちろん、滋賀県産材を使用した木造注文住宅です。

 

水曜日から土台の据付けです。

 

桧の土台

桧

こうやって見ると、大きなお宅です。

 

水平構面

1階の床構造用合板(28mm)が貼れました。

 

こちらのお宅では、現場発泡の断熱材を採用していますので、

この段階で断熱材は見えません。

 

 

いよいよ上棟日本番!

滋賀県の木

 

桧柱

 

1階の柱が建ちました。

これから組みあがっていきます。

 

上棟

 

お客様による、恒例の筆入れ!

親子仲良く筆入れ中です。

 

杉

屋根の一番高いところから、下方を撮影。

 

注文住宅

 

すべてが写っているわけではありませんが、

やはり大きい!

 

H様、これからしっかりつくっていきますので、

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

現場日記
2018.02.14

窓廻りの防水はどうする?

先日上棟が無事終了したY様邸。

サッシの取付が完了し、透湿防水シートが貼り終わりました。

基本的には、この段階で家の中には雨が入りません。

ここまでで注意しなければならないのが、窓廻りの防水です。

サッシの下部両端は、透湿防水シートの巻き込みだけでは、『ピンホール』と呼ばれる穴ができる可能性があり、漏水の危険性が増すので、弊社では『ウェザータイト』という商品を取付けています。

防水

ポリエチレン製の一体成型で造られており、上図に書いてあるピンホールができやすい部分から一切漏れることがありません。

施工された状態が、

防水部品

こうして見るとサッシの下にしか見えませんが、

ウェザータイト

緑の線の部分にウェザータイトがあり、サッシを取り付けた後に、オレンジ色の線の部分に両面防水テープを貼り、その上から透湿防水シートを貼ります。

内部から見ると、

丁寧な防水

緑色のものがウェザータイトです。

これで、窓下の漏水の心配はありません。


後悔しない家づくりに役立つ小冊子を差し上げます。

住宅会社選びに悩まれているならヒントが詰まった内容です。

商談中の方であれば工事店との打ち合わせに役立つ内容です。

メールアドレスの登録だけでOKです。下のバナーよりどうぞ。

家づくりにはたくさんの落とし穴があります。

建てる時には教えてくれないこともあります。

誰だって出来るだけ安く家を建てたい

それは当たり前のこと

でも、建てる時の費用を安くするための選択が

光熱費のやたらかかる、寒くて暑い家になってしまったら?

10年後、20年後に何百万とコストのかかる家になっていたら?

残念ながらそういったことが実際にあるのです

建てる前に知ってたら、こうしていたのに!

という事も少なくありません。

そんな悔しい思いをする人を一人でも減らしたくて

「家を建ててからかかるお金の話知っていますか」

という小冊子を作りました。

これを読んだうえで、

納得の家づくりをして頂きたいと、心から願っています。

メールアドレスのみのご登録。

お名前も住所も必要ありません。

下記バナーよりご登録くださいませ。

現場日記
2018.01.29

降雪後の現場は、

先週の寒波で降った雪は、

上棟前の現場を困らせてしまいます。

 

工程では、今日は給排水業者さんが、

外廻りの配管工事をすることになっていますので、

それまでに基礎の型枠を外しておかなければなりません。(脱枠といいます)

 

基礎業者さんが、土曜日に脱枠をするためには、

金曜日に雪をどけておかなければなりません。

ということで、弊社の精鋭たちは金曜日の朝から除雪に向かいました。

 

土曜日には無事脱枠できたのですが、まだ問題があります。

 

何かというと、

 

基礎断熱

水です。

 

これは昨日の状態なんですが、

雪が溶けた分が水になって溜まっています。

雪をどけた、玄関部分なんかは、

基礎断熱

プールみたいに水が溜まっています。

 

今日の配管工事をする為に、昨日の午前中、

給排水業者さんが水中ポンプで水を排水しようとしたところ、

表面に氷が張っていて、うまく排水できなさそうということで断念して帰ったそうです。

 

先程確認したら、既に排水は完了したとの事でした。

 

上棟前に雪が降ると、現場はかなり大変です。

 

現場日記
2018.01.21

ホールダウンアンカーボルトがこんなにもたくさん。

前回はアンカーボルトの種類についての説明でしたが、

今回はそのアンカーボルトよりも太くて長い

ホールダウンアンカーボルト

の説明です。

 

ホールダウンアンカーボルト

 

上の図で『ビス止めホールダウン』と書いている金物により、

基礎を緊結する為のアンカーボルトの事です。

 

土台を止めるアンカーボルトはM12(直径12mm)ですが、

ホールダウンアンカーボルトはM16(直径16mm)を使用します。

 

長さも80cm/90cm/100cmと長くなり、

定着長さ(コンクリートに埋まる分の長さ)も36cm以上必要です。

 

今回の現場では、

 

定着長さ

 

このようにセッティングしたものが、

 

許容応力度計算

 

上の写真だけで4本見えていますが、建物全体では

なんと、19本

あるんです。

 

阪神大震災以降に普及してきたものですが、

当時は、四角い建物なら四隅に1本づつの合計4本程度でしたが、

 

耐震等級3

を確保する為に、バランスよく耐力壁等を設置していくと、

これだけの量のホールダウンアンカーボルトが必要になってきます。

 

 

現場日記
2018.01.16

ただ今造作中。

久し振りにS様邸の現場に行ってきました。

現在は大工さんが造作(ぞうさく)の真っ最中で、

がんばってくれています。

 

基本的に造作は2階から進めていくことが多いので、

2階から見ていきました。

 

気密フィルム

高断熱高気密

壁にはキッチリと高性能断熱材が入れられ、

防湿気密フィルムの切れている部分には気密テープ。

 

天井はプラスターボードが既に貼られていますが、

天井の端からは、薄いブラウン色の防湿気密フィルムが見えています。

 

壁の断熱材は『耳』と呼ばれる防湿気密フィルムを

柱や間柱に止め付け、その上からプラスターボードで押さえつけるので、

断熱材自体に付いている防湿気密フィルムをそのまま使用します。

(乳白色に青い字が書いているものです)

 

ただ、天井は下地がそのような形状ではない為、

断熱材とは別に、防湿気密フィルムを欠損の無いように貼ります。

 

高断熱

 

上の写真は、梁を見せるタイプの天井ですが、

このように貼っています。

 

2階を確認後、1階に降りていくと、

 

天井高

2人で天井の杉板を貼っているところでした。

 

 

何気なく現場を見まわしていると、

次の瞬間!

 

高い

杉板

 

唖然!

 

何が言いたいかわかるでしょうか?

 

この大工さん達、脚立や足場板を使わずに天井板を貼っているんです。

確かに、この部屋の天井高さは、デザイン上、一般的な高さよりは低い2250mmです。

 

が、身長177?の私で、背伸びをして、片手を思いっきり伸ばして、

やっと指先が届くかな?という高さです。

 

『君たち、身長いくつある?』

と尋ねると、

 

『僕は185cm』

もう一人が、

『僕は2?縮んで、186cm。全盛期は188?あったんやけどなぁ』

 

なんとビッグな二人です。

 

『ブログネタをありがとう!』

というと、

 

『なんか、怪物的な事を書かれるんやろなぁ・・・。』(笑)

 

ネタを提供してもらえたのに、そんな事しませんて!(笑)

 

現場日記
2018.01.14

アンカーボルトにも種類があります

住宅の基礎で使用するアンカーボルトとは、基礎の立上り部分に埋め込み、土台をそれに取付けて、基礎と上部の建物を緊結する為のものです。

長さや太さに何種類かありますが、一般的なアンカーボルトといえば、

基礎

このように、先がLの字に曲がっているものでした。最近では、

定着長さ

こんな形状のものがあります。

このように下の方でアルファベットのWのような形状になっている理由は、定着長さといって、コンクリートに埋まる分の長さにも規定があって、M12(直径12mmのアンカーボルト)の場合250mm以上コンクリートに埋まっていなければなりません。(こちらの現場ではそれ以上にありますが)

もしその長さに足らない場合に、このように曲げると定着長さが確保しやすくなります。

また、真ん中辺りでクランク状に曲がっているのは、基礎の中の鉄筋が何本も重なり、その中心付近にアンカーボルトが設置できない場合、そのクランク形状を利用して、基礎の巾の中心付近にアンカーボルトがセッティングできるようにする為です。

許容応力度計算によって設計された基礎の配筋は、「鉄筋だらけ!?」という感じになる場合もあり、そんな時にはこのアンカーボルトでないと、うまく設置できません。

人気の関連記事はこちら ↓


後悔しない家づくりに役立つ小冊子を差し上げます。

住宅会社選びに悩まれているならヒントが詰まった内容です。

商談中の方であれば工事店との打ち合わせに役立つ内容です。

メールアドレスの登録だけでOKです。下のバナーよりどうぞ。

家づくりにはたくさんの落とし穴があります。

建てる時には教えてくれないこともあります。

誰だって出来るだけ安く家を建てたい

それは当たり前のこと

でも、建てる時の費用を安くするための選択が

光熱費のやたらかかる、寒くて暑い家になってしまったら?

10年後、20年後に何百万とコストのかかる家になっていたら?

残念ながらそういったことが実際にあるのです

建てる前に知ってたら、こうしていたのに!

という事も少なくありません。

そんな悔しい思いをする人を一人でも減らしたくて

「家を建ててからかかるお金の話知っていますか」

という小冊子を作りました。

これを読んだうえで、

納得の家づくりをして頂きたいと、心から願っています。

メールアドレスのみのご登録。

お名前も住所も必要ありません。

下記バナーよりご登録くださいませ。

現場日記
2018.01.14

コンクリートの話

今日はコンクリートの話です。

 

コンクリートは何から出来ているかというと、

水・セメント・砂(細骨材)・砂利(粗骨材)

です。

(上記の砂利が入っていないのをモルタルといいます)

 

実際に現場で使用する時にミキサー車で運ばれてくる物を、

建築関係の仕事をしている人は『生コン』といいますが、

正確には、JIS規格で『レディーミクストコンクリート』といいます。

 

これは、整備されたコンクリート製造工場で練り混ぜを完了し、

ミキサー車によってフレッシュな状態で現場に配達されるものを指します。

 

コンクリート製造工場にレディーミクストコンクリートを発注する時、

指示をする数値がいくつかあるのですが、

その前にコンクリートの強さ等に関わりのある言葉を説明します。

 

・水セメント比

まさに水とセメントの重量の比率の事です。

水セメント比が小さい(水の量が少ない)程、コンクリート強度は大きくなります。

 

・スランプ

コンクリートの柔らかさ(打設時の作業のしやすさ)の数値です。

スランプコーンという、底辺直径20?、上部直径10?。高さ30?の円錐状の枠にコンクリートを入れ、

その枠を垂直に引き抜いた時、自重で頂点が下がりますが、

その下がった分の高さをスランプ(?)といいます。

例えば、スランプが18?ならば、コンクリートの頂点は地面から12?という事です。

ですから、スランプの値が多き程柔らかいコンクリートという事になります。

 

水の量が少ない方がコンクリートの強度が上がるので、

スランプは出来る限り小さい方がいいのですが、

住宅の基礎等は鉄筋の量も多く、複雑な形状になる事もある為、

コンクリートが硬いと型枠の中にうまく流れ込まなくなります。

うまく流れ込まないとコンクリートの中に空隙ができ、

本来の強度が出なくなりますので、弊社では18?を標準としています。

 

・呼び強度

材齢(レディーミクストコンクリートを打設してからの期間)4週(28日)の

圧縮強度。

 

 

上記がコンクリートの強さに関わる主なもので、

レディーミクストコンクリートを発注する場合は

21?18?20 を〇〇?

と発注します。

 

最初の【21】は【呼び強度 21N/m?】

次の 【18】は【スランプ 18cm】

最後の【20】は【粗骨材(砂利)の最大寸法】

という事になります。

 

それに加えて、

コンクリートには温度補正というものがあり、

気温が低い場合はその温度に応じて、呼び強度を高くします。

その地域の生コン会社によって決めている場合もありますが、

平均気温が15℃以下なら設計呼び強度+3N/m?

平均気温が8℃以下なら設計呼び強度+6N/m?

というふうに強度を上げます。

 

もちろん、気温が氷点下になるような時はコンクリート工事はできません。

中の水分が凍ってしまって、コンクリートの強度が出なくなるからです。

 

 

 

現場日記
2018.01.09

琵琶湖畔に建つ住まい。

約5年前に、琵琶湖畔に建てさせて頂いたお客様の所へ行ってきました。

生憎の雨でしたが、昨日の様子です。

 

ウッドデッキ

 

 

以前に撮影させて頂いた時の画像ですが、内部はこんな感じです。

大空間

リビングが吹抜になっています。

 

吹抜

大空間

 

大空間

2階ホールです。

 

大きな空間なので見応えがあります。

 

しかし、このお宅の最大の特徴は、

琵琶湖

琵琶湖に突き出した、このウッドデッキ

 

一番最初の画像は、このウッドデッキの一部を撮影したものです。

 

どのように突き出ているかというと、

琵琶湖

ウッドデッキの奥に見えるブロック塀のところまでが、

よう壁により、地面の高い部分。その先は琵琶湖です。

 

ウッドデッキ

反対側から撮影したものですが、

奥の(隣の家)ウッドデッキを支えている柱は琵琶湖の水中に柱が建っています。

 

驚くことに、琵琶湖の中に土地の境界杭があるんです。

このお宅の地盤面から、琵琶湖の水面までは2m以上の高低差がありまして、

水中に柱を建てては腐ってきますので、このウッドデッキは、はね出した形にしています。

 

家の中からウッドデッキの方を見ると、

琵琶湖

まるで、琵琶湖が自分家(じぶんち)にある大きな池みたいに見えます。

 

こちらのお客様は釣りをされないのですが、

工事期間中は、ボートに乗った釣り人がすぐそばまでやってきたり、

隣の方が、自分の家のデッキから釣りをされている光景を見ました。

 

このような土地に巡り合うのは、なかなかに珍しい事です。