ブログ

BLOG

工務店としての日々の仕事の中から、「これは家を建てる前に是非知っておいて欲しい」という
基本的な家づくりの知識や、家づくりや暮らしについてのちょっとしたヒント、
マルトからのお知らせなども記事にしています。
気になる単語でも検索できます。例:「資金計画」「土地」「間取り」など

現場日記
2019.02.08

床下エアコン・・・空気の流れを読む

先日床下エアコンを設置したお客様から、「床下エアコンの効きが悪い」とのご連絡があり、点検と合わせて原因調査に行ってきました。

完成時に様々な検査をしたつもりですが、もう一度チェックに床下へ

うん、やっぱり問題なし。

循環を助ける為のサーキュレーターを設置しているのですが、それの稼働も問題なし

ただ・・・

確かに、問題の和室下はやはり少し寒い。

他は熱いくらいに暖かいのになんで???

答えはまさに便秘・・・いやいや、袋小路になっていて抜け道が無かったんですね。

正確に言いますとガラリの数が少なかった(面積が少ない)ので、エアコンより一番遠い位置にある家の一番奥になる和室下は、暖気はこちらに来ようとするものの、床下に溜まった冷気の出口が無いもんですから、ずーっと暖気に押し込まれた状態の空気の交通渋滞がおこっていて、暖かい空気が出なかった訳です。

床下エアコンを採用する上で様々な所で勉強させて頂き、これで完璧!という方式でやってみたのですが、想定外の問題がおこりますね

お施主様にはご了承頂きまして、ガラリの数を増やさせて頂きました。

昨日までは暖かかったので確認できなかったのですが、最強寒波が来る今週の3連休に一度確認に行ってまいりたいと思います。

こちらはマルトの家づくりについての考え方です

こちらの家は2017年秋に完成したのですが、それからお庭を作らせてもらいました。

ちょっといい感じになってきましたね。


後悔しない家づくりに役立つ小冊子を差し上げます。

住宅会社選びに悩まれているならヒントが詰まった内容です。

商談中の方であれば工事店との打ち合わせに役立つ内容です。

メールアドレスの登録だけでOKです。下のバナーよりどうぞ。

家づくりにはたくさんの落とし穴があります。

建てる時には教えてくれないこともあります。

誰だって出来るだけ安く家を建てたい

それは当たり前のこと

でも、建てる時の費用を安くするための選択が

光熱費のやたらかかる、寒くて暑い家になってしまったら?

10年後、20年後に何百万とコストのかかる家になっていたら?

残念ながらそういったことが実際にあるのです

建てる前に知ってたら、こうしていたのに!

という事も少なくありません。

そんな悔しい思いをする人を一人でも減らしたくて

「家を建ててからかかるお金の話知っていますか」

という小冊子を作りました。

これを読んだうえで、

納得の家づくりをして頂きたいと、心から願っています。

メールアドレスのみのご登録。

お名前も住所も必要ありません。

下記バナーよりご登録くださいませ。

現場日記
2018.04.05

現場で吹付ける断熱材の仕様

先日上棟を迎えた現場です。

屋根の垂木(タルキ)が取り付いた様子です。

屋根

ここまでは、ごく普通。

 

 

屋根断熱

垂木と垂木の間に何か付いています。

 

屋根断熱

実はコレ、段ボールなんです。

 

何の為につけているかと言いますと、

こちらのお宅は、断熱材を屋根面に現場で吹付けるタイプで、

野地板という垂木の上に貼る合板に直接吹き付けると、

通気層という熱い空気を吐き出したりするスペースがとれません。

 

ですから、このダンボールを貼り付け、

野地板との間にしっかりと通気層を確保する為につけています。

 

屋根断熱

野地板とダンボールの間が空いているのがわかりますでしょうか。

 

 

現場発泡

↑ この画像はこちらの現場ではありませんが、

同じように屋根面に断熱材を吹き付けた状態のものです。

 

この断熱材が吹付けられた日から、現場内部は外気温にほとんど左右されません。

 

 

現場日記
2018.04.02

滋賀県産材を使用した住宅の上棟

4月になったところだというのに、

まるで夏が来たかと思うような天気まわりで、

先週の木曜日、上棟させていただきました。

 

もちろん、滋賀県産材を使用した木造注文住宅です。

 

水曜日から土台の据付けです。

 

桧の土台

桧

こうやって見ると、大きなお宅です。

 

水平構面

1階の床構造用合板(28mm)が貼れました。

 

こちらのお宅では、現場発泡の断熱材を採用していますので、

この段階で断熱材は見えません。

 

 

いよいよ上棟日本番!

滋賀県の木

 

桧柱

 

1階の柱が建ちました。

これから組みあがっていきます。

 

上棟

 

お客様による、恒例の筆入れ!

親子仲良く筆入れ中です。

 

杉

屋根の一番高いところから、下方を撮影。

 

注文住宅

 

すべてが写っているわけではありませんが、

やはり大きい!

 

H様、これからしっかりつくっていきますので、

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

現場日記
2018.02.14

外壁通気層

外壁の仕上げ材にもたくさんの種類があります。

 

・板貼(羽目板・焼板)

・サイディング(窯業系・金属系・樹脂系・木質系)

・鋼板貼

・塗り壁(そとん・モルタルの上塗装)

・タイル貼

等々。

 

家が仕上がってからではわかりませんが、

どの外壁材を選んでも、基本的に外壁材の裏側には『通気層』というものがあります。

 

通気層

構造躯体(柱等)の外側に、

水は通さないけど湿気は通す『透湿防水シート』を貼り、

壁の中から出た湿気をスムーズに放出できるように設けた空間の事です。

 

10mmの空間があれば、その用を成すという話もありますが、

弊社では15mmを基本にしています。

 

また、『壁体内結露』といって、壁の中での結露を防ぐ為に、

室内の湿気を壁の中に入れないように、構造躯体室内側には防湿フィルムを貼っています。

 

建物を長持ちさせる為に必要なもののひとつです。

 

ちなみに先日上棟を終えたY様邸は、

 

通気層

 

通気層

 

外壁の仕上げ材が羽目板の竪貼りなので、

まず通気層用の胴縁(木の下地材)を竪に取付け、

その上に竪貼りの羽目板を留める為の胴縁を横に取付けています。

 

 

 

現場日記
2018.02.12

大工さんの加工には、

大工さんがしてくれる加工には色々なものがあります。

構造材を組んでいく為の『きざみ』という加工もあれば、

造作する上での加工も様々です。

 

例えば、

 

大工加工

 

材料が重なっていますが、

緑矢印は敷居(障子等引戸の下に入るもの)で、

紺矢印は鴨居(障子等引戸の上に入るもの)です。

 

少しずらした写真では、

 

桧

 

下に置いてある鴨居は3本の溝の内1本しか見えていませんが、

溝の深さの違いがわかるでしょうか。

 

他にはこんな加工もあります。

 

杉

 

材料の小口に4とか13(逆向きですが)と書いてあるものは凸型に加工されています。

黄色の星印の部分は『決り(シャクリ)』と呼んでいる加工がされています。

 

でもこの決ってある部分は、出来上がった時には見えません。

 

大工加工

 

この写真は部屋入口の枠を撮影していますが、

材料の3番の赤矢印が、入口枠の赤矢印の部分です。

 

こうやって完成してしまうと、黄色の星印の部分は全くわかりません。

 

見えないのであれば、最初から薄い材料ですればいいのに。

と思われる方もあるかもしれませんが、強度上の問題等があり、

薄い材料ではできません。

 

大工さんの手間はかかりますが、これがベストだと考えての寸法になっています。

現場日記
2018.02.11

窓廻りの防水は

先日上棟が無事終了したY様邸。

サッシの取付が完了し、透湿防水シートが貼り終わりました。

 

基本的には、この段階で家の中には雨が入りません。

 

ここまでで注意しなければならないのが、窓廻りの防水です。

サッシの下部両端は、透湿防水シートの巻き込みだけでは、

『ピンホール』と呼ばれる穴ができる可能性があり、漏水の危険性が増すので、

弊社では『ウェザータイト』という商品を取付けています。

 

防水

 

ポリエチレン製の一体成型で造られており、

上図に書いてあるピンホールができやすい部分から一切漏れることがありません。

 

施工された状態が、

 

防水部品

 

こうして見るとサッシの下にしか見えませんが、

 

ウェザータイト

 

緑の線の部分にウェザータイトがあり、

サッシを取り付けた後に、

オレンジ色の線の部分に両面防水テープを貼り、その上から透湿防水シートを貼ります。

 

内部から見ると、

 

丁寧な防水

 

緑色のものがウェザータイトです。

 

これで、窓下の漏水の心配はありません。

 

 

 

 

現場日記
2018.02.03

祝、上棟

先日から案内していましたY様邸、

本日が上棟日でした。

 

昨日見た天気予報では、一日中曇りという予報に反して、

午後から少し雨が降ってきましたが、

大工さん達がんばってくれました。

 

多賀町産材

 

長期優良住宅で、

耐震等級3で、

多賀町産材(ということは滋賀県産材でもあります)を使用したお住まいです。

 

今日の上棟日の準備として、昨日した作業は、

 

長期優良住宅

外周部、気密パッキン設置。

 

大引き

土台、大引きの設置。

 

長期優良住宅

28mm厚の床構造用合板貼。

 

ここまでの準備を前日までにやっておき、

上棟日当日、『棟木』が上がります。

 

明日の天気予報は15時から雪マークがついていますが、

降らない方に、天気予報がはずれる事を祈るばかりです。

 

 

現場日記
2018.02.01

準備万端

2月3日上棟予定のY様邸。

明日、土台・大引き・床合板を施工予定です。

 

上棟準備

 

その為、今日は外部足場が設置されました。

外部足場には高い所や低い所があり、

この状態ではどんな形の建物になるかわかりませんが、

足場屋さんは、弊社が渡した図面を見ながら、

屋根工事や外壁工事を施工する際に、足場が必要になる場所に、

足場を組んでくれます。

 

また、以前に紹介した基礎断熱の土間部分は、

 

熱伝導率

 

まだ施工途中ですが、外周部から1m以内の部分の土間に

敷き詰めていきます。

 

熱伝導率

 

ミラフォームMKSという商品で、

ノンフロンの押出法ポリスチレンフォームという材料です。

 

この商品の熱伝導率は、0.028W/(m・K)で、

65mmの厚さのものを貼っています。

現場日記
2018.01.30

今日の進捗状況。

今日のY様邸の工事予定は、

給排水業者さんによる外回りの配管工事でした。

 

16:30頃現場で撮った写真です。

 

先行配管

 

先行配管

 

給排水

 

予定の工事が完了して、業者さんは道具等を洗っていました。

 

昨日は、基礎の中に溜まった水の排水作業だったのですが、

今朝はまたしても5?10CMの積雪が・・・。

 

朝は除雪作業から始まったとの事です。

 

K工業さんご苦労様!