ブログ

BLOG

工務店としての日々の仕事の中から、「これは家を建てる前に是非知っておいて欲しい」という
基本的な家づくりの知識や、家づくりや暮らしについてのちょっとしたヒント、
マルトからのお知らせなども記事にしています。
気になる単語でも検索できます。例:「資金計画」「土地」「間取り」など

現場日記
2017.11.28

記念になる上棟は「棟木への筆入れ&棟木納め」ですね

25日、26日の2日間、S様邸の上棟でした!

 

DSC00510

 

25日の上棟本日、朝一番にまだ1本も柱の立ってない中、S様ご家族に一番に柱を立てていただきました!

当初は1本だけと思っていましたが、せっかくなんで少し大きくて重いですが『欅の大黒柱』も立てていただくことにしました。

ちょっとこれは重たかったと思いますが、ご家族で力を合わせて頑張ってくださいましたよ!

 

DSC00515

 

こんな感じでS様邸の上棟がスタート!

冬も間近だというのに、天気・気温とも申し分のない上棟日和となりました♪

 

DSC00525

 

組み方も順調に進み、午後からは恒例の『棟木への筆入れ&棟木納め』

 

DSC00551

 

DSC00565

 

S様ご家族にとって記念になる上棟となったことだと思います!(^^)!

 

今後仕上げの時には主寝室の塗り壁にも挑戦していただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場日記
2017.11.26

断熱除湿基礎パッキン

少し種類の違う基礎パッキンがあります。

 

断熱除湿基礎パッキン

 

高耐久

これは浴室部分専用の断熱・除湿基礎パッキンで、

気流を遮断しつつ、湿気を排出します。

 

 

ユニットバス

 

土台の吸排湿性能を損なわない形なので、土台の腐朽を防止します。

結露が発生した場合でも、木部を濡らす心配がありません。

 

1階の床合板が貼られてしまえば、どのような基礎パッキンが使われているか

ほぼ見ることはできませんが、

床下の断熱方法の違いや、使用場所によって種類が違います。

 

 

 

 

マルトからのお知らせ
2017.11.22

お正月飾りを作りましょう

今年もなんだか年の瀬が迫ってきましたね。

そこで今年も「2017門松を作ろう」を開催します。

今年は12月17日日曜日開催です。

今年でもう3回目で、マルトの中でも恒例行事になりつつあります~

今年の「ミニ門松」はこちら。

 

ミニ門松

 

 

「アレンジ」はこちら。

 

お正月用アレンジフラワーを作る

 

黒い花器に苔玉を入れて(これも自分で作りますよ~)、そこに花材を挿していきます。葉ボタンでだいぶ印象が変わり、写真のように黒っぽいと大人っぽく、白っぽいともう少しかわいらしい感じになると思います。また、お正月用のピックを挿していますが、抜くともっとモダンな感じですね。

 

門松も「ミニ」とは言いつつ高さは60センチを超えますし、なかなか立派で私も毎年玄関に飾ります。ネットなどで見てみるとそこそこのお値段で、マルト企画のこの門松はかなりのお値打ち品ですよ!!(儲けてませんよ~。私が企画するもんだから毎年抜けがあって赤字です。社長、ごめんなさいです。)

 

アレンジも自分でこれだけの材料を揃えるのは面倒ですし、店頭などで売っているのはやっぱりもっとお高いですしね。こちらもおすすめです。

 

どちらもそんなに難しいものではないので、両方チャレンジが一番のお勧めです。ご家族でいらして分担したら楽しいと思いますよ!

 

今年は去年の反省から、開始時間をそれぞれで変えました。

門松は13時から、アレンジは14時からと1時間ずらしました。
どちらも終了時間は15時くらいを予定しています。

 

皆様のたくさんのお申し込みをお待ちしております。

詳細とお申し込みはこちらからどうぞ。

 

西沢でした。

現場日記
2017.11.18

引渡し後の定期点検

今日は、引渡し後の定期点検で

2軒のお客様を訪問してきました。

 

2軒共、5年目の点検になるのですが、

差し当たって不具合がある部分はなく、きれいな状態で暮らされています。

 

定期点検で、ほとんどのお客様にお願いするのが、

クリーン桝(キッチンからの排水が接続されている下水道の桝)の清掃です。

1軒のお客様は定期的に清掃されているようで、それほど汚れていなかったのですが、

もう1軒のお客様のクリーン桝は脂分が結構溜まっていました。

 

クリーン桝の清掃をしないと、排水の配管が詰まってしまい、

キッチンに逆流する事があります。

そうなると、私達も含め素人ではしっかり清掃することができないので、

設備屋さんに来てもらい、ホースの先に高圧ノズルのついたものを配管の中に入れ、

その水圧で配管の中にこびりついた脂分を取ってもらう事になります。

 

このブログを読んでいただいている方も、

『思い立ったが吉日!』ではないですが、一度クリーン桝を覗いてみてください。

最近清掃した記憶のない方は、すごいことになっていると思います。

 

 

 

現場日記
2017.11.06

感謝祭大盛況!

昨日の、

マルトお客様感謝祭

は、おかげ様で大盛況でした。

 

このイベントも夏祭りから始まり、今年で10回目!

総勢183名の方にご来場いただきました。

 

午前の部では『スノコde傘立て』の製作

製作家具

見本通りに作る方、自分でアレンジして作る方、いろいろです。

 

かわいい姉妹

こちらでは、かわいい3姉妹が仲良く釘を打っていました。

 

 

昼からは、

・サバイバル飯炊き

 昨年より挑戦者は少なかったのですが、うまくご飯を炊けた方が多かったです。

 

・子供射的大会

 昨年、お子様向けに割り箸ゴム鉄砲で遊んでもらおうと企画しましたが、

 割り箸ゴム鉄砲を作るお父さんの方が、わりと一生懸命です。(笑)

 

・釘早打ち競争

 参加者は総勢24名。

 6回の予選からスタートし、打っている途中で釘が曲がって打込めなかった人もいる中、

 優勝はなんと女性!

 正直ビックリしました。

 

会場の様子です。

来場者多数

 

にぎやか

 

人気

 

これだけの方にご来場いただけて、

本当に感謝です。

 

現場日記
2017.11.03

上棟時、上からの写真

車に乗っていて、住宅地を走っている時に、

レッカー車の竿が立っているのが見えると、

大抵その場所で上棟が行われている事が多いです。

 

通りすがりにその様子を見る事はあっても、

上から見る事はほとんどないと思いますので、少し紹介します。

 

上棟日

2階の柱が立った様子です。

 

上棟日

屋根のタルキが取り付いた様子。

 

上棟日

野地板という板がタルキの上に貼られた様子。

 

ゴムアスルーフィング

ルーフィングという防水の為の物が貼られた様子。

万が一、瓦から水が入ったとしても、家の中に漏らさない為の物です。

 

これらの画像では、高さがわかりづらいですが、

屋根の一番低いところでも、地上から約6mの高さがありますので、

高所恐怖症の人は足がすくむと思います。

 

あまり見たことがない上からの写真でした。

 

現場日記
現場日記
2017.11.01

気密パッキンという、床下に空気を通さないものとは?

前回紹介した基礎パッキンは、

床下の空間を風通しを良くし、空気を循環させようというもので、

床合板のすぐ下に断熱材を入れる『床下断熱』の場合に使用するものでした。

 

床下の空間も居室と同じ環境にする場合は『基礎断熱』にし、

その場合は、

気密パッキン

というものを使用します。

 

基礎断熱

 

上部に2本見えているものが発泡ゴムで、

この上に土台が乗り、気密性が保たれるというものです。

 

基礎断熱

 

基礎断熱

 

基礎断熱

 

上記のように、外周部には全て気密パッキンが入り、

基礎の部分からの暖気や冷気を防いで、床下も居室と同じ環境にします。