芹町の家

外観から内装に至るまで明確なイメージをお持ちのお施主様でした。そうしたイメージをひとつひとつ打ち合わせの中で確かめながら形にしてゆき、そうして出来上がったのは、深い白色の静謐な印象の家でした。床はクルミ材を使い、壁は漆喰で仕上げました。随所に奥様のお好きな和テイストのシンプルなタイルを使い、建具もシナ材で製作することにより、シンプルで大人っぽい仕上がりになりました。

仕様

  • 屋根 陶器瓦
    外壁 吹き付け 杉羽目板
    天井 羽目板 和紙 他
    壁  漆喰 和紙 他 
    床  くるみ 杉 コルク 他