ブログ

BLOG

工務店としての日々の仕事の中から、「これは家を建てる前に是非知っておいて欲しい」という
基本的な家づくりの知識や、家づくりや暮らしについてのちょっとしたヒント、
マルトからのお知らせなども記事にしています。
気になる単語でも検索できます。例:「資金計画」「土地」「間取り」など

家を建てる前に読みたいお話
2019.10.15

あなたが建てる家は長期優良住宅になっていますか?

長期優良住宅とは

 

つい最近まで日本の住宅は「作っては壊す」の繰り返しでスクラップ&ビルド型でしたが、「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」というストック活用型の社会への転換を目的として、平成21年にスタートした「長期優良住宅認定制度」の基準をクリアし、認定を受けている家を「長期優良住宅」と言います。

 

大きく分けて4つの基準を満たした住宅です。

 

A.長期に使用するため(長く住み続けるため)の構造及び設備を有していること。
B.居住環境等への配慮を行っていること。
C.一定面積以上の住戸面積を有していること。
D.維持保全の期間、方法をさだめていること。

 

何だか難しい言葉ですね。大雑把ですがもう少し分かり易く説明すると、

 

【劣化対策】 建物本体の柱や土台・梁等の構造が腐らないようにする。床下や屋根裏が点検できるようにする。


【耐震性】 地震で倒れない家にする。


【維持管理・更新の容易性】 排水管等直せるようにコンクリートに埋め込まない。


【省エネルギー性】 断熱材、窓の種類や大きさ等考えて、暖かくて涼しい性能の家にする。


【居住環境】街並みに合った建物にする。


【住戸面積】狭すぎない家。


【維持保全計画】定期的に点検する。

 

一言で言ってしまえば、長期優良住宅とは、長く安心・快適に暮らせる家と国が認定した家のことです。

 

長期優良住宅の認定を受けるメリットとは?

 

 

納める税金が少なくてすみます


住宅ローン控除額が10年間で最大500万円!!


住宅ローンを借りて家を建てた場合に、年末ローン残高の1%が10年間、所得税と住民税から控除される住宅ローン減税が受けられます。
10年間の最大控除額は一般住宅だと400万円ですが、長期優良住宅では500万円になります。


ただし、控除額が500万円になるには10年後までローン残高が5000万円残っていることが必要で、所得税・住民税を50万円納めてる方が対象に控除を受けられることになります。
※更に3年延長


 2019年10月1日?2020年12月31日に入居した場合で、建物の消費税が10%となるケースは、控除期間を3年延長して13年になります。
11年目から3年間の控除額は、

 

(1)?住宅ローン残高×1%
(2)?建物購入価格×2%÷3

 

のうち、いずれか小さい額となります。つまり?の方が小さければ消費税アップ分2%が取り戻せるということになりますね。



所得税(投資型減税)

 

住宅ローン控除を受けない場合は、長期優良住宅の認定を受ける為に使った費用(使用や設備など)相当額(上限650万円)の10%をその年の所得税から控除できます。

 

登録免許税(登記に関する税金)

 

長期優良住宅なら一般住宅と比べて
保存登記 0.15%→0.1%
移転登記 0.3%→0.2%
となります。

 

不動産取得税(土地・建物等取得した年の税金)

 

一般住宅なら課税標準額から1200万円控除されますが、長期優良住宅の場合は1300万円控除されます。
(課税標準額は契約金額ではないので注意)

 

固定資産税(土地・建物等に毎年掛かってくる税金)

 

税額が1/2に減額される期間
一般住宅では1?3年間
長期優良住宅では1?5年間

 

住宅ローンの金利で優遇措置が受けられます


【フラット35】Sで金利が10年間引き下げられます。
住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して貸し出す【フラット35】。良質な住宅なら、さらに低い金利が一定期間適用される【フラット35】Sがあり、長期優良住宅は10年間0.25%金利が引き下げられる金利Aプランが適用されます。

 

補助金が受けられます


地域型住宅グリーン化事業の長寿命型補助金は、木造新築の長期優良住宅を対象にしています。ただし、毎年実施されるかはわかりませんし、金額も分かりません。補助金を受けられる工務店も限定されます。(弊社は可)
基本は110万円、地域材利用で20万円加算、三世代同居で30万円加算。上手く補助を受けられれば最大160万円の補助が受けられます。

 

長期優良住宅のデメリットとは?

 

3.1申請に時間がかかる
 通常の確認申請とは別で適合審査と認定審査を受けるので、数週間から1か月程度みておいた方がいいでしょう。


3.2申請費用がかかる
 各審査機関、行政、設計事務所によって変わってきますが費用が発生します。


3.3定期的な点検が必要
 住み始めてからの定期点検が義務付けられます。これは住み手にとってはデメリットではないですよね。


5年や10年のサイクルで自治体から定期点検のお知らせが届きます。
長く安心して住み続けるために、大切なメンテナンスを怠らないようにしましょう。
住宅の劣化を早めに発見することで、必要な対策をとりやすくなるでしょう。

 

長期優良住宅に対する考え方のまとめ

 

 

長期優良住宅とは長く安心・快適に住める家と国からのお墨付きを得た家になります。これで、家が良質な資産であると資産価値が明確にされ、税制・住宅ローンで優遇措置が受けられ、触れませんでしたが地震保険料も割引が適用されます。これは認定されるためには耐震等級2を必ず取得する必要があるためで、これにより30%割引かれます。ちなみにマルトでは長期優良住宅の認定を受けるのはもちろんのこと、耐震等級は自社基準で等級3を基本にしているので割引率は50%になります。

 

家づくりのまとめサイトなどを見ていると、税制などでそこまで優遇されているわけではないから、建築費の高くなる長期優良住宅にする必要はないと書いているサイトもあります。また、子供などに家を譲る気が無くて1代で壊すなら認定を受ける必要はないと書いているサイトもあります。税制で優遇されているかどうかの判断はさておき、例えば耐震等級2という明確な基準や(耐震等級2相当、などの表現に注意!)、ある一定以上の省エネ基準など人が暮らしていく上で最低限の基準(これについてはまた詳しく書きます)を国が認定してくれているようなものなのですから、家を建てる立場にある弊社としてはどこの建築会社も長期優良住宅にはして欲しいと考えています。

 

長期優良住宅についての他の記事はこちら

https://www.maruto-s.com/maruto2/cyoukiyuuryoujyuutaku-2/

 

 

 

メルマガ登録募集中!

?

新築を考え始めた今だからこそ

?

長持ちする家、

安全に安心して暮らせる家

建ててからお金のかからない家

?

を建てることが可能になるのです。

?

?

木の家を正しく知りたい

夏涼しく冬暖かい暮らしがしたい

地震に負けない安心が欲しい

家を建てた後で生活苦になりたくない

?

そんな家作りのコツや

お役立ち情報を配信しています!

こちらをクリック ↓

?

?

メールアドレスの送信のみでOK!

名前も住所も一切不要!

 

 

マルトの日々
2018.10.10

リフォームで補助金が貰える 

 

埋もれブログの発掘、続きまーす。

この記事では補助金について書いてますが、補助金についての最新情報はお気軽にお問い合わせくださいね。

一口に補助金と言ってますが実にたくさんの種類の補助金がありますよ!! 

西沢でした。

 

埋もれブログ前回分はこちらから

 

私たちの考える家づくり

 

 

 

昨日の宣言通り、今日はリフォーム補助金に触れますね。

 

明日からは、本題の家造りの話をズラズラと書いていこうかと思います。

 

本当は”お金”の事って言うと、補助金だけじゃなく税制(税金)だったり、融資(ローン)の事だったり、そもそもの家の値段も説明しなきゃならんのですけど、ブログ書き始めの初っ端から”お金”の話ばかりしてると金の亡者って思われそうなので、他のお金にまつわる話は、これからのブログでちょこちょこ差し込んでいきますね。

 

「いや、やっぱり気になるわ?」って方は個別にご相談にのりますので、どうぞお気軽にお電話ください。

 

さて、本題

 

日本には8000も超える補助金がある話をさせて頂きましたが、その中にはもちろん新築だけで無くリフォームの補助金・助成金があります。

しかも、既存住宅(中古・空家含む)の流通と利活用を積極的に取り組むと国の方針が出されており、昨日お話しした新築より、より手厚い補助や助成がされております。

また、都道府県、市町村でも大なり小なり補助金がありますので、お考えの方は弊社にお問い合わせいただくのも良し、役所に聞いていただくも良し、広報誌をくまなく見ていただくのも良いでしょう。

 

で、その広報誌に載っていない情報です。

大きな所で(リンクあり)



1、長期優良住宅化リフォーム推進事業

2、住宅省エネリノベーション促進事業

3、スマートウエルネス住宅等推進モデル事業

 

無題

 

の3つの補助金があります。

これ以外にも、もっとあるのですが、とりあえず大きな金額の補助金をあげました。

国の補助金って意図的にしているんじゃないかと思うくらいわかりにくく説明するクセがありますので、ものすごーく簡単に書きますね。



1 は新築にある長期優良住宅のリフォーム版で、長く持つ工夫と性能の高いリフォームをした家には、最大で200万の補助

2 は省エネ性能の高い材料を使ってリフォームした家に、最大で150万の補助金が出る事業

3 は省エネ性能の高い材料を使って、健康診断して、かつバリアフリーのリフォームをしたら最大120万の補助

 

という内容になります。

どれも、魅力的な内容(金額)ですね。

「省エネ性能の高い材料を使った50万のリフォームしたら、100万余るやん!」って思ったあなた!
さすがに、国もそんなに甘くはありません。

全部説明しますと、2週間分のブログ内容になってしまいますので、ネタ切れ防止の為、今後小出しさせて頂きます。

色々な条件をクリアするともちろん満額頂けますが、どの補助金もそれなりの工事内容と金額でないと満額はもらえませんし、それ以上の金額は出ませんので、100万ポッケにナイナイは無理です。

そんなフザケタ発想をする私みたいな人間の事が言いたい訳ではなく、先日の新築の補助金と同様に、自分が知らなかった、工務店が知らなかった事で大きな差が出てしまうんですね。

実際、弊社のお客様で、ご予算が最大400万だったお客様が2の補助金と多賀町の補助金を併用する事で

 

省エネリノベーション     ?630,000

多賀町住宅リフォーム補助金 200,000

 

なんと83万もの補助金がもらえることになったのです。

 

先に相談された工務店さんではこのような情報は一切無かったそうです。

すこし自慢話みたいになってしまいましたが悪意はないんです。

工務店含めお客様もですが、アンテナを張っておく必要があるという事に気付いて頂ければと思います

確かに、性能アップという部分で多少の金額増は否めませんが、弊社では標準的に使う断熱材だったり、高性能型の省エネ機器といっても普段使うような機種ばかりですので、採用して頂く事で損をするような事はなく、むしろ性能を上げつつ、他の工事に予算をまわす事もできるのです。

 

先日もお話しした通り、補助金は限りがありますので、あくまでオマケのスタンスで考えていただく方が良いですが、弊社では新たに住まい造りをお考えになる以上、”今よりも良い暮らし”ではなく”前からは想像もつかない暮らし”をご提案したいと考えておりますので、そもそも、室内で使う素材の厳選や、快適な暮らしへの性能アップ工事は必須としてご提案しておりますので、特別な事をせずとも、普通に使える内容になっておりますので、場合によっては予算を上げる為に補助金を利用して頂くのも良いかと思います。

各補助金ともそれぞれに条件があり、基準も違います。 お客様のご要望に合致しない補助金もありますので、これからブログにもアップしてまいりますが、気になる方はどうぞお気軽に、私(常務あて)までご連絡ください

 

お客様担当 澤田 藤司徳 2016年6月記

 

 

現場日記
2018.04.02

滋賀県産材を使用した住宅の上棟

4月になったところだというのに、

まるで夏が来たかと思うような天気まわりで、

先週の木曜日、上棟させていただきました。

 

もちろん、滋賀県産材を使用した木造注文住宅です。

 

水曜日から土台の据付けです。

 

桧の土台

桧

こうやって見ると、大きなお宅です。

 

水平構面

1階の床構造用合板(28mm)が貼れました。

 

こちらのお宅では、現場発泡の断熱材を採用していますので、

この段階で断熱材は見えません。

 

 

いよいよ上棟日本番!

滋賀県の木

 

桧柱

 

1階の柱が建ちました。

これから組みあがっていきます。

 

上棟

 

お客様による、恒例の筆入れ!

親子仲良く筆入れ中です。

 

杉

屋根の一番高いところから、下方を撮影。

 

注文住宅

 

すべてが写っているわけではありませんが、

やはり大きい!

 

H様、これからしっかりつくっていきますので、

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

未分類
2017.06.12

北側斜線制限

北側隣地の日当たりの悪さを防ぐ為に、建物の北側に課せられる制限です。

 

第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域では、

真北の敷地境界線上5メートルの高さから1メートルにつき1.25メートル上がる斜線

の内側に建物を納めなければなりません。

 

北側低層斜線制限

 

 

 

第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域では、

真北の敷地境界線上10メートルの高さから1メートルにつき1.25メートル上がる斜線

の内側に建築物を納めなければなりません。

 

ただし、日影規制の対象地域は除きます。

 

その他の用途地域には北側斜線制限の適用はありません。

 

北側中高層斜線制限

 

大きな分譲地等がこれらの用途地域になっている事が多く、

住環境は条件的に良好です。

 

 

未分類
未分類
2017.06.08

道路斜線制限

敷地が接している前面道路の反対側の境界線から、

一定の勾配で示された斜線の内側が、建築物を建てられる高さの上限となります。

この斜線制限は全ての用途地域に適用されます。

 

住居系地域については、敷地が接する道路の反対側の境界線から

1メートルにつき1.25メートル、

その他の用途地域については

1メートルにつき1.5メートル

上がる斜線の内側に

建築物を納めなければならないとあります。

 

全面道路の幅が4.0mで、道路境界線ギリギリに建物を建てるなら、

住居系地域の場合は【4.0m×1.25=5.0m】で、5.0mより高いものは建てられません。

 

道路斜線制限

 

建築物を道路からセットバック(後退)させ敷地の道路側に空地を設けた場合、

セットバックした距離だけ、前面道路の反対側の境界線が向こう側に移動したものとして、

道路斜線制限を適用する。

 

道路斜線制限緩和

先程の例と同じように例を挙げると、

全面道路の幅が4.0mで、道路境界線から1.0m後退した場所に建物を建てるなら、

住居系地域の場合は【(4.0m+1.0m+1.0m)×1.25=7.5m】で、7.5mより高いものは建てられないということになります。

 

 

 

未分類
未分類
2017.06.05

UA値

『UA値』

これを説明できるのは、住宅の営業マンか、設計をする人くらいでしょう。

 

最初にこの文字を見た時は、何の事だか想像すらできませんでした。

 

UA値 = 外皮平均熱貫流率

日本語で表現されても今一ピンときません。

 

以前はQ値というものがありました。

Q値(熱損失係数)とは断熱性能を表す値です。

外壁、床、天井、屋根、窓、ドア、換気などから、

部屋の熱がどれだけ逃げるかを数値的に表したものです。

 

2013年10月に施行された改正省エネルギー基準によって、

Q値 → UA値 に断熱性能の表示が変わりました。

 

建物の外と中の温度差を1度としたときに、建物内部から外部へ逃げる

単位時間あたりの熱量(換気による熱損失を除く)を、外皮等面積の合計で除した値。

(外皮とは、熱的境界になる外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなどを指す。)

 

計算式は、

Ai :外皮等のうち、土に接する基礎の部位等を除く第i部位の面積(単位 平方メートル)
UHi :第i部位の熱貫流率(単位 1平方メートル1度につきワット)
n  :基礎等を除く外皮等の部位数
LFj :第j基礎等の外周の長さ(単位 メートル)
UFHj :第j基礎等の外周の熱貫流率(単位 1メートル1度につきワット)
m :基礎等の数
A :外皮等面積の合計(単位 平方メートル)

 

ここまでくると条件反射で目を背けたくなりますねぇ。(笑)

 

Q値は、 各部位の熱損失量を床面積で割っていましたが、

UA値は、各部位の熱損失量を外皮で割っています。

どちらも値が小さいほど、断熱性能が良いという事です。

 

ちなみに、平成25年度の省エネ基準(最新)では、

UA値 ≦ 0.87 W/(?・K)となっています。

未分類
2017.06.03

パッシブ

『パッシブ』の意味を調べてみると、

・受動性の

・受け身の

・消極的な 等々

 

建物の利用者が、自ら進んで設備を動かすことは、『アクティブ』と捉えられます。

 

一方、建物が日射などの太陽エネルギー等の自然から発生したエネルギーを得ることは、

ストーブやエアコンなどの設備を使用することに対して「受動的・受身」と捉えています。

 

ですから、パッシブデザインとは、機械的な手法によらず、

建築的に自然エネルギーをコントロールすることで、建物の温熱環境を整えようとする手法です。

 

パッシブデザインの主な要素として、

・集熱

・熱移動

・蓄熱

・通風

・採涼

・排熱

・日射遮蔽

・断熱気密 があり、

この要素を総合的に考えながらプランをしていきます。

 

夏の暑い陽射しは遮って、冬の暖かい陽射しは取り入れるという、

言葉で聞いただけでは、『そんなん無理やん!』って思えますが、

これが設計でできちゃうんです。