ブログ

BLOG

工務店としての日々の仕事の中から、「これは家を建てる前に是非知っておいて欲しい」という
基本的な家づくりの知識や、家づくりや暮らしについてのちょっとしたヒント、
マルトからのお知らせなども記事にしています。
気になる単語でも検索できます。例:「資金計画」「土地」「間取り」など

現場日記
2017.06.27

緩勾配用瓦

『かんこうばいようかわら』

と読みます。

 

まず、勾配の説明です。

 

屋根形状

上図の家で、屋根の傾き(勾配)に合わせた直角三角形の部分に、

『10』『4.5』という数字が書いてあります。

これは、屋根の傾きが、水平方向に10行くと、垂直方向に4.5上がりますという事で、

これを『4.5寸勾配』(よんすんごぶこうばい)と呼びます。

 

通常の和瓦は、

普通瓦

このような形状で、流れ長さにもよりますが、基本的には

4.0寸勾配

よりも緩い勾配の屋根では使用できません。

 

それが、緩勾配用瓦は、

緩勾配用瓦

上図の?や?の機能により、流れ長さが4.0m以内なら

2.5寸勾配

の屋根でも葺くことが可能です。

 

また、弊社では防災瓦と呼ばれる瓦を使用しています。

 

瓦メーカーによって形状は様々ですが、

上図の瓦の場合は、対角線上にある?の部分が、

瓦同士をロックすることになり、

強風や地震による瓦のズレや浮き上がりを防止します。