ブログ

BLOG

工務店としての日々の仕事の中から、「これは家を建てる前に是非知っておいて欲しい」という
基本的な家づくりの知識や、家づくりや暮らしについてのちょっとしたヒント、
マルトからのお知らせなども記事にしています。
気になる単語でも検索できます。例:「資金計画」「土地」「間取り」など

現場日記
2019.02.08

床下エアコン・・・空気の流れを読む

 

先日床下エアコンを設置したお客様から、「床下エアコンの効きが悪い」とのご連絡があり、点検と合わせて原因調査に行ってきました。

 

DSC_8988


気密が悪い可能性もありますし、断熱欠損もあるかもしれません。
完成時に様々な検査をしたつもりですが、もう一度チェックに床下へ

う?ん、やっぱり問題なし。
循環を助ける為のサーキュレーターを設置しているのですが、それの稼働も問題なし

ただ・・・

確かに、問題の和室下はやはり少し寒い。
他は熱いくらいに暖かいのになんで???

答えはまさに便秘・・・いやいや、袋小路になっていて抜け道が無かったんですね。

正確に言いますとガラリの数が少なかった(面積が少ない)ので、エアコンより一番遠い位置にある家の一番奥になる和室下は、暖気はこちらに来ようとするものの、床下に溜まった冷気の出口が無いもんですから、ずーっと暖気に押し込まれた状態の空気の交通渋滞がおこっていて、暖かい空気が出なかった訳です。

床下エアコンを採用する上で様々な所で勉強させて頂き、これで完璧!という方式でやってみたのですが、想定外の問題がおこりますね(苦笑)

お施主様にはご了承頂きまして、貫通用のかんち・・・いえいえ、ガラリの数を増やさせて頂きました。

昨日までは暖かかったので確認できなかったのですが、最強寒波が来る今週の3連休に一度確認に行ってまいりたいと思います。

 

下はマルトの家づくりの考え方のひとつです。

https://www.maruto-s.com/maruto2/service04/

 

こちらの家は2017年秋に完成したのですが、それからお庭を作らせてもらいました。

ちょっといい感じになってきましたね。

 

DSC_8892のコピー

 

 

現場日記
2018.04.02

滋賀県産材を使用した住宅の上棟

4月になったところだというのに、

まるで夏が来たかと思うような天気まわりで、

先週の木曜日、上棟させていただきました。

 

もちろん、滋賀県産材を使用した木造注文住宅です。

 

水曜日から土台の据付けです。

 

桧の土台

桧

こうやって見ると、大きなお宅です。

 

水平構面

1階の床構造用合板(28mm)が貼れました。

 

こちらのお宅では、現場発泡の断熱材を採用していますので、

この段階で断熱材は見えません。

 

 

いよいよ上棟日本番!

滋賀県の木

 

桧柱

 

1階の柱が建ちました。

これから組みあがっていきます。

 

上棟

 

お客様による、恒例の筆入れ!

親子仲良く筆入れ中です。

 

杉

屋根の一番高いところから、下方を撮影。

 

注文住宅

 

すべてが写っているわけではありませんが、

やはり大きい!

 

H様、これからしっかりつくっていきますので、

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

現場日記
2017.12.17

外壁焼板の経年変化

2年前にお引渡しをしたお宅へ行ってきました。

三世代がお住まいの大きなお宅です。

 

焼板

こちらが現在の外観。

 

完成時は、

焼板

 

少し、カメラのアングルが違うのと、

光の当たり具合が違うので、わかりづらいかもしれませんが、

南東面の太陽光がよく当たるところは、

黒い焼板の色が少し褪せています。

北面なんかは、完成時とほとんど見分けがつかないくらい、

色もかわっていないんですけどね。

 

お客様は、『これも焼き板の味がでて、いいんちゃう?』と。

 

このように感じていただけると嬉しいですね。

 

確かに、焼板の事だけを考えれば、色が褪せてきたということは、

撥水効果が段々無くなっていってるわけですから、

保護塗装をするかしないかどちらがいいですかと聞かれれば、

する方がいいとお答えします。

 

が、日本で昔から使われてきた外壁材である焼板は、

過去に塗装するという概念もなく、

腐って穴が空いているような状態になったら、

貼り替えましょうという感じでした。

 

現在の施工方法を説明しますと、

上棟後、出入口や窓が取り付いたら、

透湿防水シート(こちらの現場は遮熱仕様)、ウェザータイト、防水テープを使い、

雨水が進入しない状態にします。

 

外壁遮熱

 

次に通気層という空気の通るスペースを確保する為、

竪に厚さ15mmの胴縁を取付け、その後焼板を留める為の横胴縁を取付けます。

 

遮熱シート

 

ですから、焼板がボロボロになって無くなっても、

極端な話でいいますと、透湿防水シートがある為、内部に雨水は進入しません。

 

焼板の色褪せに関しては、そこで暮らす人が気にするかしないかで判断してください

と、言っています。

 

 

現場日記
2017.09.24

木のカップボード

O様邸のキッチンのカップボードがいい感じに仕上がってきてます。

IMG_6644 (640x480)

杉の無垢の板で組立ており、やさしさや温かさのある仕上がりになっているとともに、使い勝手の良いフルオーダーのカップボードです。

 

キッチンメーカーの家電収納を組み込んであるので、ポットや炊飯器の蒸気対策もできてますし、ステンレスのカウンターなので汚れや水に強い仕上げになってます。

IMG_6647 (640x480)

 

アクセントになっているタイルもいい雰囲気をだしていますね!

IMG_6645 (640x480)

 

造り付け家具の良さである、自分好みのサイズや仕様にできることや、世界でひとつだけという喜びが感じられるカップボードになりました。

扉をつければ、更に素敵なカップボードになることマチガイなしなので楽しみにしててくださいね

 

現場日記
2017.09.20

家族で珪藻土塗り

O様邸では月曜日からお施主様による珪藻土塗りが始まりました。

塗るのは子供室2部屋と主寝室で、今回は子供部屋からスタートしました。

 

まずは練習用のボードに塗って感覚をつかんでもらいました。

IMG_6564 (640x480)

 

練習が終われば、緊張の本番がスタートです。

?

IMG_6579 (640x480)

IMG_6584 (640x480)

IMG_6585 (640x480)

 

最初は弾んでた会話も、途中から静かに…(笑)

みなさん真剣なお顔で悪戦苦闘しながらも完成しました。

 

IMG_6587 (640x480)

 

IMG_6589 (640x480)

 

なかなかの仕上がりです。プロの左官にはだせない味のある雰囲気に仕上がりました…(笑)

お施主様が自らの家づくりに参加できることは、いつまでも思い出に残るし、家に愛着がもてる素晴らしいことだと思います。

将来、お子さんに『この壁はパパとママが塗ったんやで!』と自慢してあげてくださいね。

その為にも、あと2部屋の珪藻土塗りを頑張ってくださいね

現場日記
2017.07.06

一枚板選び

?昨日はO様ご家族に、カウンターに使用する一枚板を選んで頂きました。

 

IMG_6056 (640x480)

 

一枚板をたくさん揃えている材木店が岐阜にあり、暑い中ご家族4人で選んでいただきました。

 

IMG_6060 (640x480)

 

IMG_6063 (640x480)

 

IMG_6064 (640x480)

 

100樹種6000枚の一枚板があり、その中から選らんでいただくという大変な作業でしたが

見つかりました!運命の一枚が!

 

それがコチラの板です 

 

IMG_6055 (640x480)

栃(トチ)という樹です。

栃の一枚板の仕上がりは最高に綺麗で、縮み杢・波杢・リップルマーク(さざ波模様)などと呼ばれる木目が特徴で、光沢のある美しい仕上りが期待できます。

 

O様と相談して、カウンターに使う以外にも、残った端材部分をどこかに使えるように考えて樹を余すことなく活かします。

O様!また色々と考えましょうね!

 

しかし、100樹種もあると知らない樹に出会えたりするので、いつ行っても楽しみながら勉強をさせてもらっています。

中にはこんな金額の板があったりして『車が買えるやん…..』と心の中でつぶやいたりしてます….(笑)

 

IMG_6067 (640x480)

 

IMG_6065 (640x480)

 

 

現場日記
2017.07.03

杉の軒天

O様邸では外装工事が順調に進んでいます。

前回は外壁の羽目板を紹介しましたが、今回は軒天の羽目板の紹介です。

 

IMG_6018 (480x640)

 

まず、軒天という言葉が分かりにくいでしょう・・・

軒裏天井ともいいますが、外壁から外に出てる屋根(庇)部分の天井のことです。

?の写真だと板が貼ってある部分を指します。

 

O様邸の軒天には杉の羽目板を貼っています。

外壁も杉の羽目板ですが、軒天にはクリアー塗装した木の素地の色のままの羽目板を使用しています。

 

IMG_6024 (640x480)

 

杉のもつ美しさが感じられる軒天に仕上がってきてます。

現場日記
2017.06.30

ステキな外壁

? O様邸では外壁工事が進んでいます。

IMG_6016 (480x640)

 

三重・熊野産の良質な赤味の杉の羽目板を貼っています。

赤味といっても分かりにくいでしょうから説明しますね


?l_mill7-12

 

木の断面を見ると、中心の赤い部分とそれを囲む白い部分があるのが分かります。

赤い部分を「赤味(あかみ)」、白い部分を「白太(しらた)」と呼びます。

赤味と白太の混じった材を「源平材」といいます。

 

l_mill7-24 l_mill7-23  l_mill7-22

左から『源平』・『白太』・『赤味』です。

?赤味は中心部分の赤い部分で、脂精分が多く含まれるため耐久性に優れます。

?一般的なのは源平材で、最も木取りをしやすい材でどのようなサイズの原木からも取る事が可能です。赤味や白太の材料をとるには大きな原木が必要になるので貴重な材となります。

 

それぞれの特徴を活かして適材適所で使うのが木の専門店である私達の仕事なので、何でも遠慮なくご相談してくださいね!

 

耐久性に優れた赤味の羽目板に、これまた耐久性に優れた『ウッドロングエコ』という材料で塗装してあるので、さらに耐久性が↑しています。

 

ウッドロングエコについては、後日に説明させていただきます。

 

まだ1階部分しか貼れてませんが、全体に貼れていくと木に包まれた優しい雰囲気の外装に仕上がりますよ!

IMG_6013 (640x480)

 

 

未分類
2017.06.08

道路斜線制限

敷地が接している前面道路の反対側の境界線から、

一定の勾配で示された斜線の内側が、建築物を建てられる高さの上限となります。

この斜線制限は全ての用途地域に適用されます。

 

住居系地域については、敷地が接する道路の反対側の境界線から

1メートルにつき1.25メートル、

その他の用途地域については

1メートルにつき1.5メートル

上がる斜線の内側に

建築物を納めなければならないとあります。

 

全面道路の幅が4.0mで、道路境界線ギリギリに建物を建てるなら、

住居系地域の場合は【4.0m×1.25=5.0m】で、5.0mより高いものは建てられません。

 

道路斜線制限

 

建築物を道路からセットバック(後退)させ敷地の道路側に空地を設けた場合、

セットバックした距離だけ、前面道路の反対側の境界線が向こう側に移動したものとして、

道路斜線制限を適用する。

 

道路斜線制限緩和

先程の例と同じように例を挙げると、

全面道路の幅が4.0mで、道路境界線から1.0m後退した場所に建物を建てるなら、

住居系地域の場合は【(4.0m+1.0m+1.0m)×1.25=7.5m】で、7.5mより高いものは建てられないということになります。