ブログ

BLOG

工務店としての日々の仕事の中から、「これは家を建てる前に是非知っておいて欲しい」という
基本的な家づくりの知識や、家づくりや暮らしについてのちょっとしたヒント、
マルトからのお知らせなども記事にしています。
気になる単語でも検索できます。例:「資金計画」「土地」「間取り」など

マルトの日々
2018.11.30

冬季の「死亡リスク」は北海道が一番低い!!  

冬季の「死亡リスク」 北海道が一番低い!!

 

 

会社に届くメルマガの中に興味のある内容のものがありました。

冬季の「死亡リスク」が栃木県がワースト1位なんだそうです。

 

理由として

 

山岳部を除いて晴天が多く、放射冷却現象で明け方にかけて冷え込みが厳しい。

ですが昼間は比較的暖かいため高断熱住宅が普及せず、夜間から朝の室温が下がって健康に影響を及ぼしている。

 

室内での寒暖差が大きく、急激な血圧上昇がまねく「ヒートショック」が理由でしょうね。

2013年の統計らしいですが高断熱住宅の普及率が栃木県で30.7%。

一方、北海道は85.0%、青森県で70.5%と高い普及率が死亡リスクを下げているようです。

 

住宅内での寒暖差とはリビングはファンヒーターなどでぬっくぬくなのに、トイレやお風呂は外気温並みに寒いという状態ですね。

これを防ぐには天井、壁、床の断熱材や、熱の一番の逃げ道の窓の正しい選び方が必須です。

 

詳しくはこちら。

https://www.maruto-s.com/maruto2/service04/

 

この間YKKというサッシメーカーの営業さんが転勤先の兵庫からひょっこり来られたのですが、関西圏でもまだまだ樹脂サッシは普及していないらしく、アルミサッシが幅を利かしているそうです。

マルトでは樹脂サッシが標準なものだからちょっとびっくりしてしまいました。

 

さてここからは埋もれブログ発見隊。前回分はこちらから

少子高齢化と絡めてリフォームのことについて書いていますね。

リフォームと言えば、前述のヒートショック対策あります。断熱改修するのが一番いいのですが、内窓の設置や樹脂サッシへの取り換えをするだけでも全然違ってきますよ?

 

私たちの考える家造り その7

今日は七夕ですね。

年に1回とか言うてんと、毎日会ってたくさん子供作りなさい!って思うような報告がありました。(ちょっとゲスい書き方ですみません)

今後30年(2050年)で日本の新築着工棟数は年間50万戸まで落ちるそうです。

ほんの数年前までは100万戸あったのですが、長引く不況・志向の変化(新築への拘りが無くなってきた)・急激な少子高齢化、人口減(下記図を見てもわかるように1億人を切るそうです)など様々な要因が複合的に絡んでの事ではありますが、業界的には恐ろしい事です。



グラフィックス1

半分の仕事量になる訳ですから、そのままの比率をあてはめると、今の仕事量が半分になる訳で、そうなると経営が成り立たずついには・・・って事になってしまう訳です。

まぁ、30年後は私は間違いなく引退してると思いますが、マルトが引退する訳にはいきませんので、30年先を見越した対応も必要になってきます。



だから・・・という訳ではないのですが、ここの所、たくさんのリフォーム工事のご依頼を頂くようになりました。

えっ!?知らなかった? 

実はうち、結構リフォームやってるんですよ。

というか、リフォームも新築やアフターメンテナンスと同じく大事な工務店の業務ですので、昔から同じように力を入れて取り組んでおります。

 

今週から2軒のリフォームに着手させて頂きました。

1軒は中古住宅ご購入に合わせて、水廻り(風呂・トイレ・洗面・キッチン)とLDKの改修?

 

 P1010677

 

 P1010648

 

もう1軒は蔵の全面リフォームで子世帯の離れを造ります。

 

P1010743? 

 

P1010816



豪快な小屋丸太が入ってますよね。これ2階なんですが、これを活かした間取りと仕上がりになりますので、今後の報告をお楽しみに!

また現在、商談ベースではありますが大小合わせて、10件ほどのご相談をさせて頂いております。

頑張ってプランさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いします。

中古住宅と書くとなんか聞こえ悪いのですが、決してそうではありません。

車も”名車”と呼ばれるものはレストアされて100年経っても使われています。

住宅はちょっと言葉悪いですが決して名車で無くとも100年ぐらいなら全く問題ありませんし、何なら車でいうエンジンにあたる部分をレストア(耐震改修、断熱改修など)すると、最新の住宅と同等の性能を持ちつつ、更に100年200年と住み続けて行けるのです。

いうなれば、100年前の車を見た目そのままにハイブリッド車に変えるってな感じでしょうか。

古いものを活かす事は、廃棄物の減や焼却時のco2削減など環境への一助になりますし、もちろんそれは省エネの取組みにもつながります。

いつもの通り、長文になっちまいましたので、これからのリフォーム業界、またマルトの考えるリフォームを、また明日以降にお話しさせて頂きます。  

ではまた明日!

 

お客様担当 澤田 藤司徳 2016年7月記

 

 

マルトの日々
2018.10.10

リフォームで補助金が貰える 

 

埋もれブログの発掘、続きまーす。

この記事では補助金について書いてますが、補助金についての最新情報はお気軽にお問い合わせくださいね。

一口に補助金と言ってますが実にたくさんの種類の補助金がありますよ!! 

西沢でした。

 

埋もれブログ前回分はこちらから

 

私たちの考える家づくり

 

 

 

昨日の宣言通り、今日はリフォーム補助金に触れますね。

 

明日からは、本題の家造りの話をズラズラと書いていこうかと思います。

 

本当は”お金”の事って言うと、補助金だけじゃなく税制(税金)だったり、融資(ローン)の事だったり、そもそもの家の値段も説明しなきゃならんのですけど、ブログ書き始めの初っ端から”お金”の話ばかりしてると金の亡者って思われそうなので、他のお金にまつわる話は、これからのブログでちょこちょこ差し込んでいきますね。

 

「いや、やっぱり気になるわ?」って方は個別にご相談にのりますので、どうぞお気軽にお電話ください。

 

さて、本題

 

日本には8000も超える補助金がある話をさせて頂きましたが、その中にはもちろん新築だけで無くリフォームの補助金・助成金があります。

しかも、既存住宅(中古・空家含む)の流通と利活用を積極的に取り組むと国の方針が出されており、昨日お話しした新築より、より手厚い補助や助成がされております。

また、都道府県、市町村でも大なり小なり補助金がありますので、お考えの方は弊社にお問い合わせいただくのも良し、役所に聞いていただくも良し、広報誌をくまなく見ていただくのも良いでしょう。

 

で、その広報誌に載っていない情報です。

大きな所で(リンクあり)



1、長期優良住宅化リフォーム推進事業

2、住宅省エネリノベーション促進事業

3、スマートウエルネス住宅等推進モデル事業

 

無題

 

の3つの補助金があります。

これ以外にも、もっとあるのですが、とりあえず大きな金額の補助金をあげました。

国の補助金って意図的にしているんじゃないかと思うくらいわかりにくく説明するクセがありますので、ものすごーく簡単に書きますね。



1 は新築にある長期優良住宅のリフォーム版で、長く持つ工夫と性能の高いリフォームをした家には、最大で200万の補助

2 は省エネ性能の高い材料を使ってリフォームした家に、最大で150万の補助金が出る事業

3 は省エネ性能の高い材料を使って、健康診断して、かつバリアフリーのリフォームをしたら最大120万の補助

 

という内容になります。

どれも、魅力的な内容(金額)ですね。

「省エネ性能の高い材料を使った50万のリフォームしたら、100万余るやん!」って思ったあなた!
さすがに、国もそんなに甘くはありません。

全部説明しますと、2週間分のブログ内容になってしまいますので、ネタ切れ防止の為、今後小出しさせて頂きます。

色々な条件をクリアするともちろん満額頂けますが、どの補助金もそれなりの工事内容と金額でないと満額はもらえませんし、それ以上の金額は出ませんので、100万ポッケにナイナイは無理です。

そんなフザケタ発想をする私みたいな人間の事が言いたい訳ではなく、先日の新築の補助金と同様に、自分が知らなかった、工務店が知らなかった事で大きな差が出てしまうんですね。

実際、弊社のお客様で、ご予算が最大400万だったお客様が2の補助金と多賀町の補助金を併用する事で

 

省エネリノベーション     ?630,000

多賀町住宅リフォーム補助金 200,000

 

なんと83万もの補助金がもらえることになったのです。

 

先に相談された工務店さんではこのような情報は一切無かったそうです。

すこし自慢話みたいになってしまいましたが悪意はないんです。

工務店含めお客様もですが、アンテナを張っておく必要があるという事に気付いて頂ければと思います

確かに、性能アップという部分で多少の金額増は否めませんが、弊社では標準的に使う断熱材だったり、高性能型の省エネ機器といっても普段使うような機種ばかりですので、採用して頂く事で損をするような事はなく、むしろ性能を上げつつ、他の工事に予算をまわす事もできるのです。

 

先日もお話しした通り、補助金は限りがありますので、あくまでオマケのスタンスで考えていただく方が良いですが、弊社では新たに住まい造りをお考えになる以上、”今よりも良い暮らし”ではなく”前からは想像もつかない暮らし”をご提案したいと考えておりますので、そもそも、室内で使う素材の厳選や、快適な暮らしへの性能アップ工事は必須としてご提案しておりますので、特別な事をせずとも、普通に使える内容になっておりますので、場合によっては予算を上げる為に補助金を利用して頂くのも良いかと思います。

各補助金ともそれぞれに条件があり、基準も違います。 お客様のご要望に合致しない補助金もありますので、これからブログにもアップしてまいりますが、気になる方はどうぞお気軽に、私(常務あて)までご連絡ください

 

お客様担当 澤田 藤司徳 2016年6月記

 

 

住まいづくりのヒント集
2018.02.20

キッチンの収納

以前は、キッチンの収納部分は開き扉がほとんどでした。

 

現在の主流は引出しタイプになっています。

 

最大のメリットは収納量の多さ。

キッチン収納

 

キッチン収納

 

上の画像のように、一番下の引出し部分のスペースが増えた事が大きいです。

 

以前の開き扉の時は、支輪といって、10cm程度の高さの台みたいなものがあり、

その部分は何も使えていない状態でした。

そのスペースを利用する事により、劇的に!といっていいほど収納力がUPしました。

 

また、

キッチン収納

開き扉では取出しにくかった奥のものが、

引出しなら簡単に取り出せます。

 

そのような理由から現在は引出しが主流になっています。

 

 

住まいづくりのヒント集
2018.02.13

スマートウェルネスとは(補助金)

正式名称は

『スマートウェルネス住宅等推進モデル事業』

といいます。

 

国土交通省が行っている事業で、

医療や福祉関係者等との連携による推進体制のもと、

既存住宅の改修工事および改修工事前後の居住者の健康状況の変化等に関する調査への

連携・協力などにより高齢者等の健康維持・増進に資する住宅の普及

を目的としています。

 

魅力的なのは補助金の額で、

省エネルギー改修工事に係る補助対象工事の1/2以内で上限が100万円、

併せて行うバリアフリー化補助対象工事の1/2以内で上限が20万円。

 

もちろん条件がありますが、

要は、省エネルギー改修工事で200万円以上、

併せて行うバリアフリー化工事で40万円以上の改修工事ならば、

MAX 120万円の補助金がもらえることになります。

 

条件のひとつに、住んでいる人の健康調査があり、

改修前の健康状態と、省エネ改修後の健康状態を調査し、データとして残すようです。

 

先日、スマートウェルネスに申し込みをされた方のところに、

健康調査用の機器が届きました。

 

スマートウェルネス

血圧計。

 

スマートウェルネス

温度計。

 

スマートウェルネス

温湿度計。

 

スマートウェルネス

活動量計。

 

このお宅では2名分、

血圧は朝晩1回づつ測定。

温度計と温湿度計は、居間・寝室・脱衣室に設置。

活動量計は常時。

健康日誌を毎日。

 

これを14日間調査というのを、改修前後で1回づつしていただきます。

 

少し面倒かもしれませんが、『120万円』を頭に思い浮かべてがんばってください。(笑)

といって帰ってきました。

 

現場日記
2018.02.09

リノベーションでは、

現在の木造軸組み工法では、

特殊な方法で建てる場合を除いて、

接合金物と呼ばれるものを取り付ける必要があります。

 

耐震に必要な耐力壁となる部分には、筋交い等が入りますが、

その筋交いに取付ける接合金物もありますし、

 

垂直方向の柱と、水平方向の横架材(土台や梁)の仕口(つながる部分)は、

告示1460号第2号(柱脚および柱頭における仕口の接合方法)というもので

定められている接合金物があります。

 

平屋又は最上階の             

?出隅の柱                         

?その他の柱

その他の部分(2階建ての1階部分)の 

?上階及び当該階の柱が共に出隅の柱

?上階が出隅の柱で当該階が出隅の柱でない

?上階及び当該階の柱が共に出隅の柱でない

の5種類と、

A、壁倍率0.5倍

B、壁倍率1.0倍

C、壁倍率1.5倍(厚さ30mm以上×巾90mm以上の木材の筋交い)で、筋交いの下部が取り付く柱

D、     〃           その他の柱

E、壁倍率2.0倍(厚さ15mm以上×巾90mm以上の木材をたすき掛け)

F、壁倍率2.0倍(厚さ45mm以上×巾90mm以上の木材の筋交い)で、筋交いの下部が取り付く柱

G、     〃           その他の柱

H、壁倍率2.5倍(構造用合板を打ち付けた壁)

I、壁倍率3.0倍(厚さ30mm以上×巾90mm以上の木材をたすき掛け) 

J、壁倍率4.0倍(厚さ45mm以上×巾90mm以上の木材をたすき掛け) 

の10種類の組み合わせで、

 

『い、ろ、は、に、ほ、へ、と、ち、り、ぬ』

という記号で、それぞれに必要耐力が決まっています。

い  0.0KN(キロニュートン)

ろ  3.4KN

は  5.1KN

に  7.5KN

ほ  8.5KN

へ  10.0KN

と  15.0KN

ち  20.0KN

り  25KN

ぬ  30.0KN

 

建物の柱1本づつ、N値というものを計算し、その値に耐えうる金物を取付けます。

 

ただ、リノベーションやリフォーム工事の場合には、

解体してみたら、土台が腐っていましたとか、

柱の下部が白蟻の被害でほぼ無くなっていましたということがあります。

 

そんな場合は柱や土台を取り替えるのですが、

新築の時のような『ホゾ(土台等に穴を開け、そこへ差し込む部分)』が、

作れない場合があります。

すでに建っているものですから、ホゾが入るだけ上げる事が出来ない場合がそうです。

?

そんな時に、

リノベーション

柱交換用パイプコーナーという商品を使います。

 

耐力壁

 

上の図のように使うのですが、

オメガコーナー20KN用と併用して接合耐力が22.8KN。

 

単独で使用した場合でも9.3KNの接合耐力があるので、

耐震補強の際には非常に助かります。

 

 

 

現場日記
2017.10.19

リフォーム工事

今日、知り合いの建設業(土木)の方と会う機会があり、

色々と会話をしていました。

その中で、リフォーム工事の事が話題に挙がり、

訪問販売の業者さんについて話を聞かせてもらいました。

 

建設業の方の家の話ではなく、

その知り合いの親戚の方の話だそうです。

訪問販売のリフォーム業者さんが来て、屋根の修理と水廻りの改修で

約900万円の見積書を提示され、

『今なら特別250万円値引きします』という事で、契約をされたそうです。

そこで、その話を聞いた知り合いの方が、建設業の方に相談をされました。

『親戚がこの内容で契約したらしいんやけど、どう思う?』

 

建設業の方は即答で、

『クーリングオフを使って、すぐに解約させろ!

 どんな内容か知らんけど、900万円の見積りで250万円値引きする業者なんて、

 ろくな業者やない。』

と、知り合いに説明をされたそうです。

 

私もそう思います。

 

訪問販売の業者さんが全てとは言いませんが、

以前経験した中では、こんな事もありました。

リフォーム工事の現場で、図面・プレゼンテーション・見積書を提出した時、

弊社の見積りが約900万円だったのに対し、もう1社の見積りは700万円だったらしく、

その金額でできないかと聞かれました。

基本的に、ひとつひとつの部材を拾い上げ見積りをしているので、

全く同じ内容でその金額なら、弊社にはどうする事もできません。

その内容を確認させて頂けますかとお願いしたところ、

もう1社の図面と見積書を見せて頂けました。

 

すると、見積書は全て一式計上で書かれており内容がわかりませんし、プレゼンテーションはもちろんの事、

仕様書もありません。図面も方眼紙に単線で間取りが書いてあるだけのもの。

極めつけは、その図面には、絶対に抜いてはならない柱が、平然と抜かれていた事です。

その図面通りにしようとすると、家は崩れてしまいます。

本当に怖い話だと思いました。

 

 

 

住まいづくりのヒント集
2017.10.16

収納

お客様と話しをさせて頂いた時、

どのようなお住まいをご希望ですかと尋ねると、

『収納のたくさんある家』

とお答えになる方はかなり多いと思います。

 

おそらく、現在お住まいの家に収納スペースが少ない事や、

仕舞いたい物の場所が明確になっていない為、散らかっているように見える

といったことが原因ではないかと思います。

 

奥様方がほぼ要望される

パントリー

意味は食品庫なんですが、お宅によって収納するものは食品だけではないようです。

 

収納

お引渡し前なので『物』はありませんが、冷蔵庫の隣に配置されたパントリーです。

これだけでもかなりの収納力なんですが、実はその向かい側に、

 

収納

もう少し奥行きのあるパントリーがあります。

 

今まで、お住まいになってから見たことがあるのは、

掃除道具、書籍類、コンポ、パソコン等々。

 

こちらのお宅だと、もっといろんなものが置けそうです。

 

ちなみに、このお宅の脱衣室は、

可動棚

 

これだけあれば、洗剤や柔軟剤だけでなく、

タオル類や下着までおけそうです。

 

脱衣室に洗濯機を設置する事は多いのですが、

収納を作っておかないと、洗剤や柔軟剤が窓枠に並ぶ事になってしまいます。

?

 

住まいづくりのヒント集
2017.10.09

車いすを使って暮らすときの注意点

お住まいの中で車いすを利用される時に、

よく考えておかなければならないもののひとつがトイレです。

 

実際問題として、車いすを利用されるという事は、

必ず介護者が必要なわけですが、トイレに連れていくのも

介護の資格を持っている人のようにはうまくいかないそうです。

 

そこで、

車いす

車いすで入っても余裕のある広さで、

 

手すり

便器に向かって左側には、跳ね上げ式の

アームレスト

という商品を付けました。

 

壁に付けているL型の手すりだけでは、

車いすから移動するには遠い為に使えない可能性があります。

また、要介護者の右利き左利きによっても違うと思うので、

一般的な手すりだけでは無理があるように思います。

 

これを使わなくても大丈夫なくらい元気になってもらえるのが一番なんですが、

後からでは付けられないので。

 

 

?

 

現場日記
2017.08.31

レンジフード

3年程前に、キッチン・浴室・洗面脱衣室のリフォームをさせて頂いたお客様から電話がありました。

 

「キッチンの換気扇から蜂が入ってきて、外壁に付いているカバーを見たら網が無いので見てもらえませんか?」

 

奥様からのお電話で、詳しい内容がよくわからなかったので現地に伺いました。

 

奥様のおっしゃっていたカバーというのは、パイプフードとかウェザーカバーと呼ばれるもので、

ウェザーカバー

換気扇からの排気を外へ出すためのダクトという筒状のものの先、外壁部分に取り付ける雨が入らないようにする為の物です。

 

サイズはダクトの大きさによって変わりますが、100Φ、125Φ、150Φといった大きさです。

 

で、羽根状のものが何枚か見えていますが、その部分に網があれば蜂が入ってこれないので、付けてくださいという事でした。

 

実は、防虫網付という商品はあるのですが、それは給気用でして、排気用のウェザーカバーでは使用しないでくださいとメーカーから指示が出ています。

キッチンの換気扇に付けた場合は油が、洗濯脱衣室の換気扇につけた場合は衣類の埃で目詰まりして、吸引しなくなってしまうからです。

 

ですから、その部分には網が付けられない事を説明し、キッチンの換気扇(レンジフード)は、換気扇が動いた時に開く羽根のようなものがあり、動いていない時には閉まっているので、基本的にはここから蜂は入れません。

と説明して納得してもらいました。