国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

レンジフード

2017.08.31

3年程前に、

キッチン・浴室・洗面脱衣室の

リフォームをさせて頂いたお客様から電話がありました。

 

「キッチンの換気扇から蜂が入ってきて、

外壁に付いているカバーを見たら網が無いので見てもらえませんか?」

 

奥様からのお電話で、詳しい内容がよくわからなかったので

現地に伺いました。

 

奥様のおっしゃっていたカバーというのは、

パイプフードとかウェザーカバーと呼ばれるもので、

ウェザーカバー

換気扇からの排気を外へ出すためのダクトという筒状のものの先、

外壁部分に取り付ける雨が入らないようにする為の物です。

 

サイズはダクトの大きさによって変わりますが、

100Φ、125Φ、150Φといった大きさです。

 

で、羽根状のものが何枚か見えていますが、その部分に網があれば

蜂が入ってこれないので、付けてくださいという事でした。

 

実は、防虫網付という商品はあるのですが、それは給気用でして、

排気用のウェザーカバーでは使用しないでくださいとメーカーから指示が出ています。

キッチンの換気扇に付けた場合は油が、洗濯脱衣室の換気扇につけた場合は衣類の埃で目詰まりして、

吸引しなくなってしまうからです。

 

ですから、その部分には網が付けられない事を説明し、

キッチンの換気扇(レンジフード)は、換気扇が動いた時に開く羽根のようなものがあり、

動いていない時には閉まっているので、基本的にはここから蜂は入れません。

と説明して納得してもらいました。

 

お問い合わせはこちらから

早いものでもう8月も終わりですね。

暑い暑い、と思っていても気が付けば朝夕は涼しくなりました。

 

さて、7月に完成見学会をさせて頂いた「東近江の家」の施工事例のページをUPしました。

とてもおしゃれな家で、今までのマルトの家とはちょっとニュアンスの違う家になりました。

木の家、無垢の自然素材、こうしたことを基本にしながら、多彩な家づくりは出来るんですね。

 

施工事例はこちらから

 

見学会は完全予約制にもかかわらず、たくさんの方にお越し頂きました。

下の写真はそんな風景の1枚です。

 

完成見学会

 

熱心に木の家の良さをお伝えしているところかな?

 

お問い合わせはこちらから

 

 

 

エコボロン

2017.08.28

一般の方はもちろんの事、

建築業界に居ても知らない方もあります。

 

『エコボロン』とは、

主原料が「ホウ酸塩鉱物」の防蟻処理剤(シロアリ予防)です。

 

今までは農薬系の防蟻処理剤が使われていました。

農薬系のものは揮発し、その効果も最長5年と言われ、(基本的に保証期間が5年)

その揮発成分はシックハウス症候群を引き起こす一因とされています。

 

それに対し、エコボロンは揮発・分解しないので安定性に優れています。

ホウ酸塩の流出が起こらない環境下(水・雨のかからないところ)では、

長期間効果が持続します。

また、人間などの哺乳類(腎臓のあるもの)は、余分に摂取したホウ酸塩を対外に排出するため、

多少口に入った程度では全く問題ありません。

人間に対する急性経口毒性は食塩程度だそうです。

 

以前の農薬系に比べ、

・長期間効果が持続

・人体にほぼ無害

 

ということによりこちらをお勧めしています。

 

お問い合わせはこちらから

力作?

2017.08.27

昨日開催した『夏休み工作教室』

お子様たちがご両親やおじいちゃん、おばあちゃんに手伝ってもらいながら、

いろんなものをつくってくれました。

 

男の子に「何作るか決めてる?」と聞いたところ、

「ロボット」という答えだったので、

見本で作っておいたもの

夏休み木工教室

にチャレンジしてくれるのかと思いきや、

 

「もっとスゴイ奴!手に鉛筆持たせて、剣みたいにするねん!」

「そうか!がんばりな!」

 

あとで、お父さんが苦労されていました。(笑)

 

皆様が作られた作品の写真があまりないので、

見本がいくつか必要であろうということで、弊社が作っておいたものをご案内します。

 

夏休み工作教室

 

夏休み工作教室

 

夏休み工作教室

 

夏休み工作教室

 

夏休み工作教室

 

端材でも、いろんなものができます。

結構頑張って作ってくれました。

 

 

今日は、

夏休み工作教室の日でした。

(詳しくはコチラ

 

今回は集合時間を決めずに、

10時~16時のお好きな時間に来てください!という形なので、

てんでばらばらにスタート!

 

夏休み工作教室

午前の部。

 

夏休み工作教室

午後の部。

 

参加してくださったのは小学生以下のお子様ばかりで、

工作をお手伝いされていたのは、

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんと、様々なパターンです。

 

『自由な発想でペン立てを作ってください』とご案内させていただきましたが、

夏休み工作教室

ここにある材料で、

夏休み工作教室

いろんな部品や道具も使いながら、

好きなものを作ってください。と説明させていただきました。

 

お父さんお母さんに完全にお任せの子もいれば、

作りたい物を考えてきて、自分で一生懸命に作っている子もいました。

 

そのうちの力作を少し紹介します。

夏休み工作教室

パッと見で、これが何かわかった人はすごいです。

実は、お子様に「何作るの?」って聞いていたんですが、

それでも、この段階ではわかりませんでした。

 

答えは『貯金箱』。

まだ『箱』にはなっていませんが、上から硬貨を入れると、

スマートボールみたいにジグザグに落ちるようにしたとの事です。

 

ちなみに、写っている手はお父さんのなんですが、

お父さん!お子様が楽しめるように、おこづかいいっぱいあげてくださいね。

 

次は、

夏休み工作教室

女の子の作品です。

お母さんがスマホで『鳥の巣』の情報を検索して、

お父さんがお手伝いしながら完成したものです。

 

入口の大きさは、なんと27mm。

27cmじゃなく27mmなんです。

その大きさがベストだそうで、それよりも大きくすると

天敵(イタチとかでしょうか?)が入ってこれるためNGだそうです。

そんな話を聞かなかったら、もっと大きくしてしまいそうですね。

住宅で使う銅

2017.08.25

私たちの地域で、昔から建てられていた立派な住宅というと、

『田の字』の部屋で、出の間・座敷の南側に広縁があり、

(よつがらみと言ったりもします)

構造材にはベンガラという赤い塗料を塗った、大きなものがほとんどでした。

延べ床面積でいうと、70坪や80坪は当たり前、

弊社で建てさせて頂いたお宅の中には、130坪というとてつもなく大きなものもありました。

 

そんな立派な建物の場合は、樋は銅製のものが多く、

また、『屋根の谷(流れの方向が変わる部分の取合い)』も、

錆びないからという理由だと思うのですが、銅が使われていました。

 

昔はそれで大丈夫だったのですが、最近は酸性雨の影響で穴が開いてしまうんです。

 

屋根の谷

↑ これが屋根の谷の部分ですが、

瓦から雨が落ちる部分に穴が開いてるのわかりますでしょうか。

 

また、樋の場合も

銅樋穴あき

 

こんな風に穴が開きます。

 

ですから、今は銅の代わりにステンレスを使っています。

 

エコキュート

2017.08.24

約14年前に建てさせて頂いたお客様の家の給湯機に不具合が出ました。

給湯機の種類は

エコキュートです。

エコキュートがどのようにお湯を作るのかを、ごく簡単に説明しますと、

エアコンの室外機のような形状の『ヒートポンプユニット』という所で、

大気中の熱を汲み上げ、それを圧縮して高温にし、お湯を作ります。

そのお湯を『貯湯タンクユニット』というところに溜めておきます。

 

今回の不具合は、ヒートポンプユニットからの漏水でした。

実は、今年の2月にその症状が出て、原因は配管に『ピンホール』という

小さな穴が開き、そこから漏れていたのでした。

残念ながら、年数が経っている為直す為の部品がなく、メーカーのメンテナンス員さんも、

応急処置的にその穴を塞ぐという方法しかとれませんでした。

 

それから約半年。

部品もなく、応急処置だけではもう対処できないという事で

新しいエコキュートと交換することになりました。

 

エコキュートのような住宅設備機器だけでなく、電化製品等もいつか寿命が来ますし、

住宅も、外部のメンテナンス(外壁塗装等)には結構な金額がかかります。

 

どこのご家庭でも、急な高額出費はきびしいかと思いますので、

住まい用の『積立』

をお勧めします。

 

マッチング

2017.08.22

弊社の職種は?と質問された場合、

工務店です。

とお答えします。

 

その場合よく返されるのが

『じゃあ、あなたは大工さんなんですか』

というパターンが一番多いのですが、大工さんではありません。

 

工務店といっても色々種類があり、

ゼネコンと呼ばれる、鉄骨鉄筋コンクリート造等の

大きな建物を造る会社の下請け会社も工務店ですし、

大きな設備機器を設置するような会社も工務店と呼ぶ場合もあります。

 

弊社の場合は、お客様に依頼されて、主に木造住宅を造る工務店です。

 

同業者で話をすると、どこの会社も新入社員の確保に頭を抱えています。

良い人材を見つけるのはものすごく難しいのです。

 

ところが、また聞きではあるのですが、

大学生等が就職先を探す場合に、弊社のような工務店に就職したいと思っても、

なかなか見つからないという話を聞きました。

就職先が大手志向の学生さんは、選択肢があるのですが、

自分で設計もし、お客様とふれあい、現場を監理するといったような仕事がしたいと思っても、

見つけるのが難しいそうです。

 

社員として働いてほしい工務店、社員として働きたい学生さん、

うまくマッチングできる場所はないものかと考えさせられました。

そんなに!

2017.08.21

取引業者さんというわけではありませんが、

仕事上の知り合いの方の話です。

 

『今年のお盆休みは、久し振りにゆっくりさせていただきました!』

 

弊社は、お盆休みが13(日)~16(水)の4日間でしたので、

11(金)から6日間休まれたのかと思いきや、

『昨日まで休みでした!』

11(金)~20(日)の10日間休みだったそうです。

 

それで、土日が休みということは、

8月の31日間の内、出勤日は17日間!

 

ほとんど半分が休みです。

 

今の住宅建築の業界からは、チョット考えられない長さの休みです。

 

とは言っても、30年前に建築資材の材料屋さんが、土曜日を休むなんて考えられなかったのが、

今では営業している方が珍しい。

 

ということは、将来住宅建築の業界も、月の半分くらい休み!という時代が来るのかもしれません。

 

 

夏休み工作教室の詳細はコチラ

123