ブログ

BLOG

工務店としての日々の仕事の中から、「これは家を建てる前に是非知っておいて欲しい」という
基本的な家づくりの知識や、家づくりや暮らしについてのちょっとしたヒント、
マルトからのお知らせなども記事にしています。
気になる単語でも検索できます。例:「資金計画」「土地」「間取り」など

現場日記
2017.06.30

ステキな外壁

  O様邸では外壁工事が進んでいます。

IMG_6016 (480x640)

 

三重・熊野産の良質な赤味の杉の羽目板を貼っています。

赤味といっても分かりにくいでしょうから説明しますね


 l_mill7-12

 

木の断面を見ると、中心の赤い部分とそれを囲む白い部分があるのが分かります。

赤い部分を「赤味(あかみ)」、白い部分を「白太(しらた)」と呼びます。

赤味と白太の混じった材を「源平材」といいます。

 

l_mill7-24 l_mill7-23  l_mill7-22

左から『源平』・『白太』・『赤味』です。

 赤味は中心部分の赤い部分で、脂精分が多く含まれるため耐久性に優れます。

 一般的なのは源平材で、最も木取りをしやすい材でどのようなサイズの原木からも取る事が可能です。赤味や白太の材料をとるには大きな原木が必要になるので貴重な材となります。

 

それぞれの特徴を活かして適材適所で使うのが木の専門店である私達の仕事なので、何でも遠慮なくご相談してくださいね!

 

耐久性に優れた赤味の羽目板に、これまた耐久性に優れた『ウッドロングエコ』という材料で塗装してあるので、さらに耐久性が↑しています。

 

ウッドロングエコについては、後日に説明させていただきます。

 

まだ1階部分しか貼れてませんが、全体に貼れていくと木に包まれた優しい雰囲気の外装に仕上がりますよ!

IMG_6013 (640x480)

 

 

住まいづくりのヒント集
2017.06.28

シックハウス対策

『シックハウス症候群』という言葉を聞いた事がある方は多いと思います。

 

新築やリフォームした後、その家で生活していると、目や喉が痛くなったり、目眩・吐き気・頭痛といった症状が出たりすることがありました。

 

全てという訳ではありませんが、そんな症状が出る原因として、建材や塗料等から発散されるホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレン等)といった、揮発性の有機化合物が考えられました。

 

そこで、平成15年に建築基準法が改正し、シックハウス対策を義務化されたわけです。

 

ざっくり言えば、建物に使用する仕上材は有害な物を発散する度合いによって面積を制限し、新鮮な空気を循環できるように、換気設備を設置することを義務付けましょうといったところです。ですから24時間換気設備というものが出てきたわけです。

 

シックハウス対策を少し詳しく説明します。

まず、規制対象となるのはクロルピリホスホルムアルデヒド

クロルピリホスとは、主にシロアリ予防などに使われる有機リン系の殺虫剤で、

 

居室を有する建物には、全面的に使用が禁止

 

されました。

建物を建てる上で、『防蟻処理』工事は必ず行いますが、その中にはクロルピリホスは入っていません。

ホルムアルデヒドは、主に建材・家具・接着剤等に使われる刺激臭のある揮発性化学物質。(ただ、量は少ないのですが自然界にも存在します。)

ホルムアルデヒドには3つの対策があります。

1、内装仕上げの制限。

床・壁・天井に使用する仕上材は、ホルムアルデヒドの発散量に応じ、使用できる面積が制限されました。

ホルムアルデヒドの発散速度(μg/㎡h)

第1種ホルムアルデヒド発散建築材料                 120超

第2種ホルムアルデヒド発散建築材料(JIS・JAS規格 F☆☆)    20超120以下

第3種ホルムアルデヒド発散建築材料(JIS・JAS規格 F☆☆☆)   5超20以下

第4種ホルムアルデヒド発散建築材料(JIS・JAS規格 F☆☆☆☆)   5以下

法改正があってから10年以上経ちますから、ほとんどの建材は第4種にはなっていますが、第4種は面積制限無し。

住宅の居室で換気回数が0.5回/h以上0.7回/h未満の場合、第3種は床面積の2倍まで。(床と天井に使ったら、壁には使えません)

第2種は床面積の0.36倍まで。(床の約1/3に使ったら、他の部分には使えません)

第1種は全面使用禁止です。

弊社のお勧めしている無垢材(本物の木という意味)は、

もちろんホルムアルデヒド発散材料ではありませんから、制限などありません。

 

2、機械換気設備の設置の義務付け

 a、機械換気設備(b以外)

 b、空気を浄化して供給する方式の機械換気設備

 c、中央管理方式の空気調和設備

住宅は主にaが多く、

・住宅等の居室で換気回数0.5回/h以上の換気が確保できる有効換気量を有する事

・給気機又は排気機は、原則として排気経路の全圧力損失を考慮した計算により確かめられた必要な能力を有するものであること。

・居室の通常の使用時に、作動等の状態の保持に支障が生じないものであること。

と定められています。

換気方式も3種類有り、

・第1種換気:強制給排気(機械の力で給気も排気も行う)

・第2種換気:強制給気+自然排気(機械の力で給気し、自然に排気する)

・第3種換気:自然吸気+強制排気(自然に給気し、機械の力で排気する)

これがいわゆる24時間換気というものです。

イニシャルコスト(最初にかかる工事費)が抑えられるのは第3種換気。

方式として定義はされていますが、第2種換気はあまり使用されることがありません。

第1種換気は、色んなメーカーからいろんなタイプが出ていて、その家の仕様によって、お勧めする商品も変わってきます。

 

3、天井裏等の制限

・天井裏等に第1種・第2種ホルムアルデヒド発散建築材料を

 使用しない。

・第1種機械換気設備を設ける場合で居室内部の空気圧が

 天井裏等の空気圧を下回らないものであること。

・第2種機械換気設備を設けること。

・第3種換気機械換気設備を設ける場合で居室内部と併せて、

 又は別の換気設備により天井裏等の換気も行うものであること。

となっています。

要するに、第3ホルムアルデヒド発散建築材料(F☆☆☆)以上のものさえ使えば、

小屋裏での換気設備は不要ということです。

この法令が制定されて、随分時間も経ちました。

F☆☆以下の材料を小屋裏で使用しているところは、ほぼ無いのではないでしょうか。

-補足-

以前、使用する仕上材が全て自然素材のお宅があり、確認検査機関の人に

『一切ホルムアルデヒドが発散しない家でも、24時間換気設備は必要ですか』

と聞いた事があります。

すると答えは、家自体から出なくても、住んでから購入された家具等から出ることもあるので、

必要です。とのことでした。

現場日記
2017.06.27

緩勾配用瓦

『かんこうばいようかわら』

と読みます。

 

まず、勾配の説明です。

 

屋根形状

上図の家で、屋根の傾き(勾配)に合わせた直角三角形の部分に、

『10』『4.5』という数字が書いてあります。

これは、屋根の傾きが、水平方向に10行くと、垂直方向に4.5上がりますという事で、

これを『4.5寸勾配』(よんすんごぶこうばい)と呼びます。

 

通常の和瓦は、

普通瓦

このような形状で、流れ長さにもよりますが、基本的には

4.0寸勾配

よりも緩い勾配の屋根では使用できません。

 

それが、緩勾配用瓦は、

緩勾配用瓦

上図の②や④の機能により、流れ長さが4.0m以内なら

2.5寸勾配

の屋根でも葺くことが可能です。

 

また、弊社では防災瓦と呼ばれる瓦を使用しています。

 

瓦メーカーによって形状は様々ですが、

上図の瓦の場合は、対角線上にある①の部分が、

瓦同士をロックすることになり、

強風や地震による瓦のズレや浮き上がりを防止します。

住まいづくりのヒント集
2017.06.23

間取りのヒント

プラン提案をさせて頂いた時に、

よくお客様に話すことがあります。

 

ほとんどのお客様が建築のプロではありませんので、

自分でプランを考えることは難しいです。

 

が、ひとつのプランが出てきた時に、

『平日と休日の、朝起きてから夜寝るまで、

このプランならどのように生活するかを想像してみてください』

と、話します。

 

新居に対する希望は人それぞれで、

吹抜けの部屋が欲しい人、

対面キッチンにしたい人、

床暖房が欲しい人等、家族の中でも思いは違います。

 

それと同じで、日頃の生活スタイルも人それぞれで、

朝起きてから、一番に顔を洗う人もいれば、トイレに行く人もいます。

 

そこで、

出てきたプランに自分が生活している姿をあてはめてもらうと、

この部屋の配置はこっち側がいい!とか、

この部屋と、この部屋は隣りあわせがいいとか、

自分の生活スタイルに合わせたプランに近づいていきます。

 

家族それぞれで意見が食い違うのは、最終的にまとめて頂くことになりますが、

そういう考え方の中に、ヒントがたくさんあると思います。

 

 

住まいづくりのヒント集
2017.06.21

日本人の感性を大事にしたいと改めて感じました

ずっと空梅雨だったのがようやく雨になりましたね。

雨に濡れてしっとりした紫陽花が見たいな、と思ってる西沢です。

 

さて、社長による授業みたいなブログが続く中、ちょっとひと休みな話題をおひとつ。

 

アンティーク着物

 

アンティーク着物

 

いきなり建築とは無縁な感じの写真ですが、美しいでしょう?

先週末大阪に遊びに出かける用があり、丁度梅田阪急で

「池田重子コレクション」という展示があったので行ってきました。

明治から昭和初期の着物のコレクションです。

細かな手仕事の美しい、谷崎の細雪の世界を実感したとても良い展示でした。

これだけなら単なる遊びのご報告なんですが

 

帯留め

 

写真が下手すぎてスイマセン。

これは「帯留め」という装飾品で、上の着物の写真にも帯の上に見えますね。

実にいろいろなデザインの帯留めがあり、小さなほんの数センチのなかに

丁寧な丁寧な装飾が施されています。

 

襖引手

襖引手

 

襖引手

 

対して上の写真は襖の引手です。

上から、松、鶴、ちどりをモチーフにしたものです。

なんだか相通じるものを感じませんか?

昔の日本人は季節を常に感じ、自然を愛して、自然をモチーフにした

様々なデザインを衣食住の中にちりばめて暮らしていたんだなと思います。

そういった感性を忘れずにお仕事したいものだと反省しきりであります。

 

追記 

令和になって天皇陛下の即位の祝賀行事の中で、女優の芦田愛菜さんが祝辞を送られてたのを覚えていらっしゃいますか?その時にお召しになっていた振袖がびっくりするくらい素敵で、翌日の新聞には100年前くらいのアンティーク、とありました。この時代と同じ頃のものですね。

 

 

住まいづくりのヒント集
2017.06.19

窓 ガラスの種類

断熱サッシと呼べるものには、必ず複層ガラス以上のものが入っています。

真空ガラスだったり、3枚あるトリプルガラスだったり、様々な高性能のガラスが出てきています。

その中でも、現在の主流といいますか、多く採用されている

 

『Low-Eガラス』

 

について説明します。

 

Low-Eは Low-Emissivity の略で、『低放射』という意味です。

 

低放射性能を発揮する銀と、それを保護するための酸化金属からなる特殊金属膜をコーティングしたガラスをLow-Eガラスと言います。

 

熱の移動の三要素は【伝導】、【対流】、【放射】ですが、Low-E金属膜は【放射】による伝熱を少なくする性質を持っており、ガラス内の放射伝熱が8割程度抑えることができます。

 

その結果、冬は室内の暖かい熱を逃がさず、夏は熱い太陽熱を適度に遮蔽するという、ウソみたいなガラスです。

 

 

下の画像は、普通の複層ガラス

複層

 

2枚のガラスの室外側ガラスをLow-E金属膜でコーティングしたものが遮熱タイプ

 

low-e遮熱

 

2枚のガラスの室内側ガラスをLow-E金属膜でコーティングしたものが断熱タイプ

 

low-e-断熱

 

色のついていないタイプなら、そのガラスがLow-Eガラスかどうかは見ただけではわかりませんが、断熱効果は絶大です。

 

どこにどのタイプのガラスを使うかは、案外難しいことなので設計士さんにお任せしていいとおもいます。

 

 

 

昔のように、窓のガラスが1枚の時代は透明ガラスか型ガラスのどちらかを選ぶだけでしたが、最近はいろんな種類のガラスがあります。

 

合わせガラス

 

2枚のガラスの間に中間膜を介してくっつけたガラスです。

中間膜に樹脂を使うことにより、ガラスが割れても飛散しにくくなります。

また、この中間膜に何を使うかによって、いろんな性能を発揮するガラスになります。

 

 

防災ガラス

合わせガラスや強化ガラスの中で、特に脱落防止性能に優れたガラスです。

 

防犯ガラス

中間膜に強いタイプの樹脂膜やポリカーボネートを使用したもの。

ガラスは割れても(ヒビが入る等)中間膜を破るのに時間がかかります。

 

防音ガラス

防音特殊中間膜を使うことにより、音によっておきる振動を熱に変え、音の波を消滅させる原理を用いたものです。

これにより、外部の騒音が聞こえにくくなるだけでなく、内部の音も外に漏れにくくなります。

 

 

真空ガラス

2枚のガラスの間に真空層を設けているものです。

真空は熱を伝えません。熱は水や空気等、物と物が接触して伝わるのですが、真空は何も物がない為、熱が伝わりません。断熱性能大です。

 

格子入り複層ガラス

ガラスの間に格子が入っているので、掃除が楽です。

 

 

ブラインド入り複層ガラス

これもガラスの間にブラインドが入っている為、ブラインドの掃除は不要です。

 

 

 

未分類
2017.06.17

建具の種類vol.4

前回までとは少し意味の違う建具の種類です。

 

外部建具といえば『アルミサッシ』!

ではなくなってきました。

 

もちろん、現在でもアルミサッシはあります。

が、断熱性能を世界レベルでみると、完全に後れをとっている日本の住宅仕様。

 

その性能を上げるのに最も効果があるのが、窓の性能を上げる事です。

 

断熱材もおろそかにはできませんし、施工もキッチリしなければ断熱性能はあがりませんが、

いわゆる費用対効果で考えるならば、窓にこだわるべきだと思います。

 

アルミサッシ

フレミング

枠も障子もアルミでできている、昔ながらのものです。

ただ、ペアガラスがはめることができる巾にはなっています。

 

断熱サッシ(アルミ樹脂複合サッシ)

エピソード

障子は、外がアルミ、中が樹脂、

枠は『断熱樹脂』で接続することにより、熱を伝えない。

少し前までは、このタイプが主流だった。

 

断熱サッシ(樹脂サッシ)

APW

枠も障子もすべて樹脂。

iAPW結露比較アルミ     APW結露比較

条件は、室外温度0℃、室内温度24℃

結露画像は、室外温度0℃、室内温度20℃、相対湿度60%です。

 

 

 

 

APW真空トリプルガラス

樹脂サッシで、真空トリプルガラスを入れたもの

④の層にアルゴンガス、②の層は真空。

 

APW430

上記の樹脂サッシよりも断熱性能を上げたもの。

トリプルガラスで、内部にアルゴンガスをいれたもの。

 

もしかすると、将来はフォースガラスが出てくるかもしれません。

そうなると、重量がメチャクチャ重くなります。

 

サッシ屋さん、運ぶだけでも大変です。

 

未分類
2017.06.16

建具の種類vol.3

今回は外部建具の種類です。

大まかに紹介します。

 

引き違い窓:もっともポピュラーな物です。

引き違い窓

上げ下げ窓:上下の障子が同時に可動するものもあれば、下の障子のみ可動するものもあります。

上げ下げ窓

 

すべり出し窓

すべり出し

竪すべり出し窓

竪すべり出し

内倒し窓

内倒し

外倒し窓

外倒し

ルーバー窓(ジャロジー窓)

ルーバー

オーニング窓

オーニング

FIX(はめ殺し)窓・丸FIX窓

FIX窓  丸FIX

各メーカーによって、上記の窓を組み合わせたり、

もっと違う開き方のする窓を開発したり、色々な種類を出しています。

 

住まいづくりのヒント集
2017.06.13

室内の建具の種類

室内の建具の種類

 

お客様と話している時に、開き戸(ドア)の事を引戸と言われる方がいらっしゃいます。

おそらく、ドアノブを持って引いて開ける事がある為、勘違いされるんだろうと思います。

 

室内建具の種類は、基本的に3種類。

 

・開き戸(ドア)

・引戸

・折れ戸

 

開き戸(ドア)

建材メーカーからすると、もっともポピュラーなものだと思います。

ドア

平面図の表示では、

ドア

 

扉を開けた時に壁等に当たらないように取り付ける『戸当たり』は、以前だと床から飛び出ていて、掃除の際邪魔でしょうがないものでしたが、現在は、フラットなマグネット式の物が主流で、掃除する場合も邪魔にならないようになっています。

 

引き戸

最近人気の高い建具になります。

 

・扉のすぐ近くに物があっても出入りできる

・風を通す際は開ける部分の調整が出来つつ、解放しておける。

 

等の理由により、増えてきています。

枚数や引き方によって、呼び方が違いますので、簡単な絵で説明します。

 

片引戸

たくさんのいい部分があるのですが、デメリットとしては扉を引き込む部分の壁が、普通の壁の半分程度しか厚みが無い為、筋交いが入らず、耐力壁という構造上重要な壁にならない。そのため設計の工夫が必要になります。

 

 

 

2枚片引戸・3枚片引戸

扉を開ければ、全て解放できるが、壁の厚みが増す。

 

 

 

 

 

引違い戸・3・4枚引違い戸

扉を開けても、必ず1枚分は残る(全て開口できない)

 

 

 

 

 

 

 

 

引分け戸

上記の4枚引違い戸と開口面積は同じ

 

 

 

引込み戸

開けてしまえば、建具は見えないので、スッキリ見える。

 

 

 

 

アウトセット片引戸

壁の外側を建具がスライドするので、耐力壁を残しつつ、引戸が採用できる。デメリットは、取り付けた側の空間が狭くなる

 

 

 

 

折れ戸

クローゼット等の建具として使用される事が多く、

折れ戸

折れ戸

 

 

部屋への出入口には、あまり使用されません。

丁番の数が多く、使用頻度の高いところでは、開閉しづらくなる可能性が高い為です。