国産の木の家を建てる滋賀の工務店

木を使う事 木を使う事 光と風の事 光と風の事 自然素材 自然素材 性能と快適性 性能と快適性 価格の事 価格の事 定期点検とアフター 定期点検とアフター

光と風の事

吉田兼好の徒然草に、「家の作りやうは、夏を旨(むね)とすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比(ころ)わろき住居は、堪え難き事なり」 という有名な一節があります。「家は夏に合わせた作り方をすべきだ。 冬はどうとでもなる。(現代的に言うと暖房するとか、重ね着すると言った感じでしょうか)夏に暑い家だけは耐えられない」 といった意味あいでしょうか。これでもわかる通り、日本は美しい四季の移ろいがある一方で夏は高温多湿、冬は極寒の地に変わる特殊な国といえるのかもしれません。この特殊な日本の気候風土に適した間取りは、歌に読まれたように、古くからの在来工法にヒントがあります。深い庇で夏の日差しを遮り、冬の低い太陽の陽を取り込む。家の中央に配置された土間は風を通し、湿気を留めず、さらには北からの心地良い風も運んでくれる。このような先人達の知恵を活かしながら、更に現代の知恵を融合させ、自然の風・光・熱を効果的に利用したパッシブデザインを基軸にした設計をしております。

具体的に。

まず土地を読む

現地に立ち、全ての周辺環境の確認が必要になります。
最初は方位の確認です → そこから陽の入る方向、またその方向に障害は無いのか? → 気象台から得られる風の情報と、現地で吹く風の向きの確認 → 周囲の川・山・林から想定されるその他要因の確認 → 土地形状の確認 → 全方位の近隣状況による、建設地への影響など、現地に行かなければ得られない情報を目で見、聞き、調べる事から家造りは始まります。

データを元にした解析

気象庁等から出ているデータを引き出します。建設地の年間のデータ値 (平均気温・最高最低気温・湿度・降水量・日照時間等)を元にして、より効果的な建物配置、間取り、窓配置による通風と日射取得を検討しております。日射については夏場のカット、冬場の熱取得(ダイレクトゲイン)の検討、また風については日中と夜間の風の向き(卓越風)の違いに合わせた窓種の変更、風取得後の室内の流れなど、コンピューターを使った解析をしています。

プランの工夫

窓を配置しただけでは光はただ入るだけ、風もただ通るだけとなってしまいます。必要な日射の取り込み、空気ダマリの出来ないような通風計画が必要になります。また、窓は一部屋に1個あれば通風するというものでもありません。当たり前ですが、東西南北の全方位の日射・通風を検討し空気ダマリが出来ないような窓とドアの配置。さらには吹き抜けを利用した上下階の採光と風の動きを検討した間取りでご提案しています。出来るだけエネルギーを使わない、自然エネルギーを有効利用する家造りには、光と風を有効利用する間取りの工夫は不可欠です。

以上のような事から光・風を利用したパッシブデザインを基本としてご提案をしておりますが、それがすべてだとは考えておりません。古くからの家造りがそうであったように、日本には四季があって、夏には夏の暮らし方、冬には冬のごくごく自然な暮らし方があって、季節に合った暮らし方が一番自然で一番体に良い事なのでは?と一方では感じている部分もあります。もちろん、世界的な環境問題やエネルギー問題のあるこの状況で、省エネへの取り組みは再重要項目ですし、ヒートショックによる健康問題等も鑑みますと、高断熱・高気密でパッシブな家造りは、これからの家づくりの基本であり推し進めていくべきカタチなのです。当然、弊社も現状の性能に満足する事なく、研究し取り組んでまいります。 しかしながら、そこに目を向けすぎるあまり、その家で住み暮らしていくお客様の考えを無視した家づくりになってはならないとも考えています。
あるお客様からこんな話がありました。「夏が暑く冬寒いのは当たり前。だからそれに合わせて暮らし方を変えて来た。寒い脱衣で死ぬ?それは天命。今の時代は良くなりすぎた。中途半端に快適やから暑い・寒いを感じて死んでしまうんや。ずーっと寒かったらそんな事にはならへん」このお話はかなり偏った考え方でありますが、それがお客様にとって、またご家族にとって正しいと思える暮らし方ならば、全力でお手伝いする事も工務店の仕事であるのではとマルトでは考えております。見方を変えれば、そういう暑い・寒いは当たり前、自然環境に合わせて暮らすという家づくりや考えは、究極の省エネな暮らしなのかもしれません。かなり極論ではありますが・・・
マルトは、お客様それぞれの感性を尊重しつつ、お客様に合わせた自然な家造り、省エネの仕様、パッシブデザインを提案していきたいと考えています。