国産の木の家を建てる滋賀の工務店

景色の中の多賀の家 完成/2018.03.25

こちらの家はのどかな田園風景の中に建つ、遠くに山々を望む家になっています。施主様の家に対するご要望は窓を閉め切ってエアコンに頼る生活ではなく、窓を開けて景色も外気も感じて季節の移ろいを感じる暮らしがしたいというものでした。弊社基本のパッシブ設計で南側に大きく取った窓には深い庇をかけることで夏の強い日差しを室内に入れないようにし、遠くに見える山々や周囲に広がる田園風景を取り込むように北東側に大きめの窓を設け、リビングで寛ぎながら、キッチンで料理をしながら、景色を楽しめるようにしました。冬は弊社標準仕様の高気密高断熱の高い性能が寒さを防ぎ、雪をかぶった山々をペレットストーブのある暖かいリビングから見るのも楽しみな家になりました。 また、ご高齢のお母様と暮らされるため車いすで生活できるようにと、ユニバーサル設計な家でもあります。