2017.05.12最終更新日:2020/03/14

蘇る木の美しさ

無垢の木の良さは経年変化による色味や風合いの変化を楽しめることだとおもいます。(経年劣化じゃないですよ!)

無垢の木の家をおススメする一つの理由でもあります。

 

しかし、当初は美しかった木の部分も「排気ガス」「人が触ることでつく皮脂汚れ」「ほこり」「雨・風」など、年月を重ねて様々な汚れが内部にまで浸み込みます。

そんな時は削ったり、塗装したり、汚れを落としたりと様々な方法があります。

 

現在リフォーム工事をしていますH様邸では、玄関の木製建具の汚れを落とす灰汁(アク)洗いをしました。 

灰汁洗いとは、そうした木部の汚れを落とし、本来の状態へと再生させる為の方法です。

 

作業前

IMG_4626 (640x480)

?

作業後

IMG_4953 (640x480)
?

当初の白木の美しさが戻り、玄関の雰囲気も変わりましたね。

ちなみに、私個人は作業前の玄関戸の色合いの雰囲気は嫌いじゃないです…..(笑)

 

木の家の専門店として、新しい木だけではなく時間がたった木に関しても適切な方法で蘇らせたり新しい生命を吹き込んだりすることが我々の使命でありますので、木の暮らしに関してお気軽にご相談してくださいね!

Pocket