国産の木の家を建てる滋賀の工務店

高宮の家 完成/2015.12.02

物置代わりになってしまっていた離れを、両親の寝室としてリフォームしました。単層サッシを断熱ペアガラスサッシに入れ替え、土壁だったところに断熱材を施工しました。このように断熱・気密性の向上を図りましたがさらにということで、間仕切り障子を太鼓貼りにすることで断熱性がよりよくなることを期待しています。すべてを新しくするのではなく、既存の欄間などを美しくして利用しています。欄間や障子から漏れこぼれる光がなんともやさしい空間を作ります。

リフォーム後

リフォーム前