多賀・土田の家

県産や国産の木にこだわりたい、さらには、身体に悪い物は可能な限り排除したいというご希望から、徹底的に素材の吟味をした多賀・土田の家。お客様との出会いから3年もの時間をかけて造りあげた家となりました。大工の手キザミによる構造と県産の木で造る、昔からの工法にこだわり、ボンドやビニールといった科学的な物は、表に出る分だけでなく、下地や壁内部に隠れる物にいたるまで全て、自然素材で対応しています。またその反面、構造的な工夫と、電気屋さんにお勤めのご主人の発想を元に、壁体内の通風を機械的にコントロールする事で、家の断熱や暖房方式にも独自の工夫を凝らした、古き良き技と現代科学の良さを融合させた家となっています。
田園風景ひろがる地にポツンと建つこの多賀・土田の家は、安全な自然素材への採用と、静かでこちらも自然な環境とが融合した、人にも環境にもやさしい、弊社のフラッグシップ的な家となりました。

仕様

  • 屋根 いぶし瓦
    外壁 羽目板 吹き付け
    天井 羽目板 和紙
    壁  珪藻土塗り壁 和紙
    床  ヒノキ 杉