国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

スマートウェルネスとは(補助金)

2018.02.13

正式名称は

『スマートウェルネス住宅等推進モデル事業』

といいます。

 

国土交通省が行っている事業で、

医療や福祉関係者等との連携による推進体制のもと、

既存住宅の改修工事および改修工事前後の居住者の健康状況の変化等に関する調査への

連携・協力などにより高齢者等の健康維持・増進に資する住宅の普及

を目的としています。

 

魅力的なのは補助金の額で、

省エネルギー改修工事に係る補助対象工事の1/2以内で上限が100万円、

併せて行うバリアフリー化補助対象工事の1/2以内で上限が20万円。

 

もちろん条件がありますが、

要は、省エネルギー改修工事で200万円以上、

併せて行うバリアフリー化工事で40万円以上の改修工事ならば、

MAX 120万円の補助金がもらえることになります。

 

条件のひとつに、住んでいる人の健康調査があり、

改修前の健康状態と、省エネ改修後の健康状態を調査し、データとして残すようです。

 

先日、スマートウェルネスに申し込みをされた方のところに、

健康調査用の機器が届きました。

 

スマートウェルネス

血圧計。

 

スマートウェルネス

温度計。

 

スマートウェルネス

温湿度計。

 

スマートウェルネス

活動量計。

 

このお宅では2名分、

血圧は朝晩1回づつ測定。

温度計と温湿度計は、居間・寝室・脱衣室に設置。

活動量計は常時。

健康日誌を毎日。

 

これを14日間調査というのを、改修前後で1回づつしていただきます。

 

少し面倒かもしれませんが、『120万円』を頭に思い浮かべてがんばってください。(笑)

といって帰ってきました。

 

Pocket