施工事例

NEW CONSTRUCTION

マルトで新築のご提案をさせていただいたお客様の物件のご紹介です。
どの家にもお客様それぞれの個性や思いを取り入れつつ、その中で木を活かした家となっています。
家づくりの参考にしてください。

階段脇にお気に入りのコーナーを作った家

階段脇にお気に入りのコーナーを作った家

リビングとダイニングでアクセントカラーを変えてみたり、畳コーナーを小上がりにして高低差をつけたりと、変化に富んだ1階です。リビングの吹き抜けとダイニングの板貼りの天井の組み合わせもおしゃれな作りです。また、2階に上がりきる手前で隠れ家みたいなコミックコーナーを作りました。暮らし始めたらここにお気に入りの椅子を置き、ペンダント照明をつけて心ゆくまで楽しむコーナーになります。

キッチンはモルタル床の家

キッチンはモルタル床の家

若いご家族の住まわれる平屋の家です。ベンガラの格子が表玄関。ウッドデッキ側が家族玄関と、どちら側からの出入りも可能です。リビング、畳コーナー、全面板貼りのWIC、洗面室、キッチンと回遊性のある家事動線です。畳コーナーの障子は壁に引き込まれるので、開けておけば広々としたリビングです。キッチン部分の床はモルタル仕上げとなり、個性的なキッチンになりました。広々としたウッドデッキには目隠しの引き込み格子戸がつけられ(撮影時は施工前)、閉めて使えばこれもまたリビングとひと続きの広々とした空間です。

窓からの風景が美しい家

窓からの風景が美しい家

こちらの家はのどかな田園風景の中に建つ、遠くに山々を望む家になっています。施主様の家に対するご要望は窓を閉め切ってエアコンに頼る生活ではなく、窓を開けて景色も外気も感じて季節の移ろいを感じる暮らしがしたいというものでした。弊社基本のパッシブ設計で南側に大きく取った窓には深い庇をかけることで夏の強い日差しを室内に入れないようにし、遠くに見える山々や周囲に広がる田園風景を取り込むように北東側に大きめの窓を設け、リビングで寛ぎながら、キッチンで料理をしながら、景色を楽しめるようにしました。冬は弊社標準仕様の高気密高断熱の高い性能が寒さを防ぎ、雪をかぶった山々をペレットストーブのある暖かいリビングから見るのも楽しみな家になりました。
また、ご高齢のお母様と暮らされるため車いすで生活できるようにと、ユニバーサル設計な家でもあります。

将来はカフェの家

将来はカフェの家

「こんな暮らしがしたかった。」自分たちの理想がここに。大屋根が印象的な一見平屋に見える外観。デッキから広がる風景、庭が一望できるカフェ、ヒノキや杉の香りと温かさ、小上がりのダイニング、奥様の書斎を兼ねた寝室、本を読んだり勉強したりする2階ホールのカウンター、こだわりの素材選び等など、すべてにお客様の思いが詰まった安部居の家。憧れだったイメージを実現しつつ、無垢の木や土といった自然素材の心地よさと、長期優良住宅の性能を持っています。

タイル貼りのキッチンカウンターのある家

タイル貼りのキッチンカウンターのある家

外観から内装に至るまで明確なイメージをお持ちのお施主様でした。そうしたイメージをひとつひとつ打ち合わせの中で確かめながら形にしてゆき、そうして出来上がったのは、深い白色の静謐な印象の家でした。床はクルミ材を使い、壁は漆喰で仕上げました。随所に奥様のお好きな和テイストのシンプルなタイルを使い、建具もシナ材で製作することにより、シンプルで大人っぽい仕上がりになりました。

土間と薪ストーブのある家

土間と薪ストーブのある家

スタートは無垢の木の家造りをご希望されているという事で弊社との商談が始まりましたが、実は自分で造ったりする事が大好きなご主人であった為、無垢の木の家造りに”お施主様参加”という要素が入った、新しい家造りの形だったのかもしれません。家自体は弊社の特徴である、県産・国産の無垢の木で作り、自然素材をふんだんに使った家造りですが、まず家の塗り壁は全てご主人と奥様で塗られました。これだけならよくあるのですが・・・完成時に設置予定の暖炉の背面の耐火パネルをハンドメイドのレンガ積みで造られ、極めつけは隣接する車庫を弊社指導の元ではありますが、骨組みの組み立て(上棟)外装の焼板は、全てご主人と奥様で造られました。屋根・基礎・電気は弊社職人でやりましたが、それ以外は全てお施主様です。「お施主様と共に造る家造り」とよく言いますが、これだけの事が出来るのはお施主様との良好な関係とご理解がなければ出来ません。手前みそになりますが、これもまた弊社の良さであり特徴であると思っております。

2階に外リビングのある家

2階に外リビングのある家

隣家が迫っていること、近くに桜並木の美しい川が流れていることもあり、2階リビングのプランになりました。しかもコの字型に部屋を配置し、凹ました部分にウッドデッキを設けることで、プライベート外リビングのような使い方が出来ます。デッキに面した面には大きな窓を設け、バーカウンターを作ったことでちょっとした非日常の空間になりました。
お料理好きなご夫婦ですので、あえてキッチンは独立型にし、広いスペースを確保しました。リビングとデッキをはさんんで向かい合うキッチンは、リビング・デッキ・キッチン・バーカウンターと回遊出来る楽しいプランです。
県産・国産の杉の無垢材を多用し、塗り壁、吹き抜けのダイナミックな丸太梁など、自然素材で作られた安心・安全な家となりました。

ヒノキの床が美しい家

ヒノキの床が美しい家

もともと「家づくり」にこだわりをお持ちで、その上勉強熱心なお施主様でした。自分の家の材料がどこで育ったのか知って頂くよう、マルトでは山から原木、製材所まですべての工程をお客様にご案内できます。このお施主様ももちろん参加され、他にも1枚板を買い付けに行ったり、家中の塗り壁をご自分で施工されたり、洗面台のタイル貼り、ウッドデッキ造りなどたくさんの工事に参加されました。
リビングはご自分で買い付けられた節のない桧、天井や2階床は杉、WCには抗菌作用のある漆塗りの松を採用され、カップボードも杉で製作し、キッチンもオールステンレスの無垢材でフルオーダーされました。ダイニングは収納を兼ねた小上がりの床にして、ここで家族が食事をしたり、宿題したり、仕事したりと、集う中心になります。

リビング土間のある家

リビング土間のある家

素材・デザインへのこだわりがご夫婦それぞれにあり、また自分達の住まいへの思いや考え方も明確なものを持たれていたので、その方向性に従い、思い切ったプランや仕上げのご提案が出来た家になりました。元々別荘地で建築をお考えであったぐらい、静かで広い土地をお探しで、LDKからの眺望や自然との融合は重要な点でした。また施主様自らデザイン画を書いて頂くぐらい、細部までこだわりがありましたので、それを活かしながら、家中の間取り、動線、仕上げに様々な工夫を凝らしています。
土間リビング、薪ストーブ、玄関・シュークローク・ウォークインの動線、奥様の家事動線、鉄・銅の異素材を使った家具、ご主人好みの書斎、奥様好みの子供室など、独創的で自由な発想で考えられた垂井の家は、それでいて落ち着く・癒される家になっています。

リフォーム事例一覧を見る