施工事例

NEW CONSTRUCTION

マルトで新築のご提案をさせていただいたお客様の物件のご紹介です。
どの家にもお客様それぞれの個性や思いを取り入れつつ、その中で木を活かした家となっています。
家づくりの参考にしてください。

グレーの外観がおしゃれな家

グレーの外観がおしゃれな家

若いご夫婦が地域の中での子育てを望まれて、あえて古い街並みの中に家を建てられました。その街並みを壊すことのない外観はグリーンがかったグレーの杉羽目板と、ベージュのそとん壁で落ち着いた佇まいで作られています。決して大きな家ではありませんが、家族5人が互いの気配を感じられるような、暮らしやすい間取りになりました。全面に作られたウッドデッキはリビングに広がりを感じさせ、キッチン収納を全て目隠しするようにしたことで、雑然とした印象にはなりません。ヒノキの床や塗り壁など自然素材で造られた空間や、高気密高断熱の温熱環境は家族の健康を守ってくれますし、耐震等級3の性能は命を守ってくれる家になりました。

将来はカフェの家

将来はカフェの家

「こんな暮らしがしたかった。」自分たちの理想がここに。大屋根が印象的な一見平屋に見える外観。デッキから広がる風景、庭が一望できるカフェ、ヒノキや杉の香りと温かさ、小上がりのダイニング、奥様の書斎を兼ねた寝室、本を読んだり勉強したりする2階ホールのカウンター、こだわりの素材選び等など、すべてにお客様の思いが詰まった安部居の家。憧れだったイメージを実現しつつ、無垢の木や土といった自然素材の心地よさと、長期優良住宅の性能を持っています。

タテ格子の吹き抜けの家

タテ格子の吹き抜けの家

弊社の家造りのベースがそのまま形になったような「彦富町の家」です。お施主様自身が幼い頃の家造りの記憶、大工さんが木組みで作る家。そんな記憶から素材は県産、国産の無垢の木と土を使い、長期優良住宅の性能を有しながら、自然の光りや風を取り込むパッシブデザインな家になりました。永く使えてメンテナンスが少なくて済むようにと、外壁は白洲そとん壁の塗り壁と国産杉の焼板を採用され、内装も産地まで見に行かれたヒノキや杉の床や腰板、塗り壁は珪藻土で2階はご自身で施工されました。
自然素材で作られたパッシブな家に高い基本性能を持たせた家は弊社の基本でもあり、その上にお施主様らしさの加わった「彦富町の家」となりました。

タイル貼りのキッチンカウンターのある家

タイル貼りのキッチンカウンターのある家

外観から内装に至るまで明確なイメージをお持ちのお施主様でした。そうしたイメージをひとつひとつ打ち合わせの中で確かめながら形にしてゆき、そうして出来上がったのは、深い白色の静謐な印象の家でした。床はクルミ材を使い、壁は漆喰で仕上げました。随所に奥様のお好きな和テイストのシンプルなタイルを使い、建具もシナ材で製作することにより、シンプルで大人っぽい仕上がりになりました。

リビング土間のある家

リビング土間のある家

素材・デザインへのこだわりがご夫婦それぞれにあり、また自分達の住まいへの思いや考え方も明確なものを持たれていたので、その方向性に従い、思い切ったプランや仕上げのご提案が出来た家になりました。元々別荘地で建築をお考えであったぐらい、静かで広い土地をお探しで、LDKからの眺望や自然との融合は重要な点でした。また施主様自らデザイン画を書いて頂くぐらい、細部までこだわりがありましたので、それを活かしながら、家中の間取り、動線、仕上げに様々な工夫を凝らしています。
土間リビング、薪ストーブ、玄関・シュークローク・ウォークインの動線、奥様の家事動線、鉄・銅の異素材を使った家具、ご主人好みの書斎、奥様好みの子供室など、独創的で自由な発想で考えられた垂井の家は、それでいて落ち着く・癒される家になっています。

城下町の家

城下町の家

ご主人のお仕事の関係で「木」には大変お詳しいお施主様でした。そんなこともあり、県産・国産の木で家を建てるのは当然のこととして、立地を含め子供を育ててゆくのに良い環境を作ることが一番のお望みでした。そんな考えは間取りにも反映され、家全体がひとつの大きな空間のようになっていて、家族の気配が自然と感じられるようになっていたり、外出から戻って自然と手洗いが出来るような動線になっていたり、随所にお施主様の気持ちのこもった家づくりとなりました。

三和土土間のある家

三和土土間のある家

近江八幡で古くからある街道沿いに建てられました。京町屋を思わせる風情あるアプローチや間接照明の利いた玄関。1階はリビングと洗面脱衣室を大きく取り、特に洗面脱衣室は家事室と収納の機能を持たせました。2階は天井が丸太表しの力強い印象で、主寝室からちょっとした階段を上がるとご主人の隠れ家があります。外観も街並みの風景を壊すことなくなじみ、大きなウッドデッキは細い横格子で仕切られたプライベートな空間です。

大屋根の家

大屋根の家

県産や国産の木にこだわりたい、さらには、身体に悪い物は可能な限り排除したいというご希望から、徹底的に素材の吟味をした多賀・土田の家。お客様との出会いから3年もの時間をかけて造りあげた家となりました。大工の手キザミによる構造と県産の木で造る、昔からの工法にこだわり、ボンドやビニールといった科学的な物は、表に出る分だけでなく、下地や壁内部に隠れる物にいたるまで全て、自然素材で対応しています。またその反面、構造的な工夫と、電気屋さんにお勤めのご主人の発想を元に、壁体内の通風を機械的にコントロールする事で、家の断熱や暖房方式にも独自の工夫を凝らした、古き良き技と現代科学の良さを融合させた家となっています。
田園風景ひろがる地にポツンと建つこの多賀・土田の家は、安全な自然素材への採用と、静かでこちらも自然な環境とが融合した、人にも環境にもやさしい、弊社のフラッグシップ的な家となりました。

リフォーム事例一覧を見る