施工事例

NEW CONSTRUCTION

マルトで新築のご提案をさせていただいたお客様の物件のご紹介です。
どの家にもお客様それぞれの個性や思いを取り入れつつ、その中で木を活かした家となっています。
家づくりの参考にしてください。

小浜の家

小浜の家

のどかな風景の広がる小浜に建つ自然素材の家です。外壁に使った焼杉が印象的で落ち着いた佇まいを見せています。焼杉やウッドロングエコ杉板で仕上げた外壁はほぼメンテナンスフリーで暮らせます。1階の天井が2階の床となる「ササラ天井」を採用され、将来吹き抜けを作れるような仕上げ、仕切れる子供室や2階ホールなど、家族と共に変化する家となりました。内部も塗り壁と無垢の木で作られ、心地よい空間になりました。

金屋の家

金屋の家

若いご夫婦が暮らす平屋の木の家です。ウッドデッキを兼ねた玄関のある面はそとん壁の塗り壁で、他は杉の塗装羽目板で仕上げました。ウッドデッキを介してつながる室内と大きな庭は一体化する用で、「ご飯だよ」と家に居ながらにして外で遊ぶ子供たちに声掛けが出来ます。平屋という限られたスペースの中、通路を利用することで収納や製作洗面台を配置し、無駄のないプランとなりました。

建部日吉町の家

建部日吉町の家

カフェのような内装を目指しました。これからお施主様のセンスで彩られていくことでしょう。立地は大きな道路の横ですが、街路樹をうまく借景にして、窓から見る緑がとても生きてきます。ワンちゃんをシャンプー出来るようにと、洗面台は深めのシンクとタイルで製作し、共働きのご夫婦なので洗濯物は室内干しが出来るように、洗面室横にランドリールームを作りました。また、玄関は来客用と家族用に分け、家族用は土間収納も兼ねた大きめサイズにしました。壁を板貼りにしたことで趣味の自転車を壁かけ収納に出来ます。

リビング階段のある家

リビング階段のある家

とても落ち着いた佇まいで、昔からの街並みにしっくり馴染んでいます。コンパクトながらも家族4人がのびのびと過ごせる家になりました。家事動線もリビング横の洗濯室からリビング続きのデッキに干し、そのままリビング横のウオークインクローゼットに片づけられるという、ストレスフリーな動線です。また、玄関奥に設けた土間収納など要所要所の収納が暮らしやすさを後押ししてくれます。2階ホールに設けた本棚のあるファミリースペースは子供たちの良い遊び場所になりそうです。

服部の家

服部の家

外壁にはウッドロングエコの杉板と火山灰のそとん壁を使用し、ほぼメンテナンスフリーになっています。室内もヒノキ・杉の床に珪藻土の塗り壁と長く住みつないでいける上質な家を目指した若い子育て世代の家です。建具も和紙貼りや杉の製作でオリジナルな仕上がりで、小上がりのスタディスペースや大容量の2階の本棚、板壁の書斎など家族の趣味も十分に反映された作りです。また、床下エアコンを採用し、高断熱の玄関ドア(YKKのイノベスト)や樹脂サッシの仕様で家中1台のエアコンで暖房してもエネルギーコストのかからない作りです

松原の家

松原の家

結婚を機に家を建てる方、子供の成長に合わせて家を建てる方、終の棲家として家を建てる方、家を建てる理由は様々です。どんなタイミングやきっかけで家を建てるとしても、基本性能として、出来るだけエネルギーを使わない仕組みや、耐震性などの高い性能は必須です。その基本性能を有しつつ、家族が健康に暮らすために安心で安全な無垢の木等の自然由来の素材で造られることや、毎日の生活でストレスを感じない間取りの工夫なども、長く暮らすための家にとって「高い性能」だけではない大切な要素です。これらに加えて私たちがとても大切にしている事。それはお客様の「やりたい事」をカタチにする事。それが「らしさ」につながり、思い入れのある「我が家」となって大切に長く暮らしていくことが出来ます。石積の間接照明や京町屋風のアプローチなど、この家にも随所に「やりたい事」が見られます。彦根の「松原の家」は高い性能+自然の力+お客様らしさのつまった家になっております。

東沼波の家

東沼波の家

我が家を考える際のポイントは様々ありますが、今の暮らしだけでなく将来を見据えた計画も重要です。一生をここで暮らすことになるわけですから、住まいの環境、家族構成の変化、長く住める工夫、素材には十分な検討とそれに適した性能、施工技術、プランが必要です。このお施主様はお子様の成長と、その後の生活を見据えた間取りを重要視されました。家族のつながりが生まれる庭に面したLDK、子供たちの自由な発想で使える大きな子供室、子供たちが巣立った後の老後の暮らし方など、今、これから、その先の人生まで考えた東沼波の家。そんなお施主様の想いを活かすために長く住み続けるための様々な高い性能を持つ長期優良住宅、家族の変化に対応できる間取り、家族が安心安全で健康に暮らせる自然素材と国産・県産の杉、ヒノキを使った、これからのスタンダードとなる家づくりになりました。

地蔵の家

地蔵の家

”つながる家”というコンセプトの、無垢の木と土、長く住む為の工夫(長期優良住宅)や素材の吟味など、新たな家造りの形を提案した家となりました。基本ベースの県産・国産無垢の木を使った構造はそのままに、自然の力を利用したパッシブの発想と、長期優良住宅としての性能、高気密・高断熱・太陽光発電などを利用したゼロエネルギー仕様、さらには長期にわたりメンテナンスのいらない素材の吟味など、今後の弊社のスタンダードとなるような仕組みの家造りとなっております。また、つながる家とはこの性能だけではなく、長く持つ事で何世代もの家族とつながり近隣とのつながりが増え、無垢の木を使う事で環境を守り育てるといったつながり、光の取り込みとコントロール、通風への工夫など、自然と共存・つながる家造りにもなっております。

焼杉板外壁の家

焼杉板外壁の家

お若いご夫婦の感性・希望と、弊社の無垢の木の家造りとが合わさった時に生まれた、弊社では比較的珍しい「黒」が基本の家になっています。「黒」がお好きで且つ「無垢の木」が好きなご主人、家業の関係で骨董品をたくさんお持ちの奥様のご希望やイメージを形にするのが七曲りの家の一番のポイントでありました。そこにご夫婦のご希望でもある長期優良住宅の性能と、高断熱・高気密で24時間の熱交換ユニットを付け、高い性能も持たせた無垢の木の家になっています。外部は焼き杉の黒、内部の床はブラックウォールナットなど無垢の木の素材感を残しつつ、全体にシックな仕上がりとなっている七曲りの家は、無垢の木の家造りの可能性が広がる家となりました。

リフォーム事例一覧を見る