施工事例

NEW CONSTRUCTION

マルトで新築のご提案をさせていただいたお客様の物件のご紹介です。
どの家にもお客様それぞれの個性や思いを取り入れつつ、その中で木を活かした家となっています。
家づくりの参考にしてください。

楽々・家事動線の家

楽々・家事動線の家

本物の木を使った家を建てたいと考えておられたお施主様。将来飼いたいネコのための外見窓や、きれいな色の塗り壁、使いやすい収納、らくらくな家事動線、既製品をアレンジして作ったオリジナル感あふれる洗面台、いろんな思いをぎゅっと詰め込んだ家になりました。その上でマルトが基本としているパッシブ設計、耐震性能、温熱環境(高気密高断熱)、など全てにおいて高い性能を有し、国産の無垢の木と自然素材で造られた家は家族の暮らしを豊かなものにするでしょう。

窓からの風景が美しい家

窓からの風景が美しい家

こちらの家はのどかな田園風景の中に建つ、遠くに山々を望む家になっています。施主様の家に対するご要望は窓を閉め切ってエアコンに頼る生活ではなく、窓を開けて景色も外気も感じて季節の移ろいを感じる暮らしがしたいというものでした。弊社基本のパッシブ設計で南側に大きく取った窓には深い庇をかけることで夏の強い日差しを室内に入れないようにし、遠くに見える山々や周囲に広がる田園風景を取り込むように北東側に大きめの窓を設け、リビングで寛ぎながら、キッチンで料理をしながら、景色を楽しめるようにしました。冬は弊社標準仕様の高気密高断熱の高い性能が寒さを防ぎ、雪をかぶった山々をペレットストーブのある暖かいリビングから見るのも楽しみな家になりました。
また、ご高齢のお母様と暮らされるため車いすで生活できるようにと、ユニバーサル設計な家でもあります。

カジュアルな木の家

カジュアルな木の家

東近江の緩やかな丘陵地に立つ、平屋の家です。お施主様の中には家に対する明確なイメージがあり、それらを弊社と一緒になって具体化するような家づくりでした。木の家というと「和風」「落ち着いている」といったイメージが持たれがちですが、材料を少し変えたり、使い方を変えるだけでこんなにカジュアルになります。またこちらの家はお施主様自らのDIYも数多く、外壁材への塗装や室内のアクセントの塗装壁など頑張って頂きました。室内に光を取り込むための天窓から注ぐ光が、白い塗り壁や床を柔らかく照らす様はとても居心地の良い空間を作ります。

将来はカフェの家

将来はカフェの家

「こんな暮らしがしたかった。」自分たちの理想がここに。大屋根が印象的な一見平屋に見える外観。デッキから広がる風景、庭が一望できるカフェ、ヒノキや杉の香りと温かさ、小上がりのダイニング、奥様の書斎を兼ねた寝室、本を読んだり勉強したりする2階ホールのカウンター、こだわりの素材選び等など、すべてにお客様の思いが詰まった安部居の家。憧れだったイメージを実現しつつ、無垢の木や土といった自然素材の心地よさと、長期優良住宅の性能を持っています。

平屋のように暮らす家

平屋のように暮らす家

我が家を考える際のポイントは様々ありますが、今の暮らしだけでなく将来を見据えた計画も重要です。一生をここで暮らすことになるわけですから、住まいの環境、家族構成の変化、長く住める工夫、素材には十分な検討とそれに適した性能、施工技術、プランが必要です。このお施主様はお子様の成長と、その後の生活を見据えた間取りを重要視されました。家族のつながりが生まれる庭に面したLDK、子供たちの自由な発想で使える大きな子供室、子供たちが巣立った後の老後の暮らし方など、今、これから、その先の人生まで考えた東沼波の家。そんなお施主様の想いを活かすために長く住み続けるための様々な高い性能を持つ長期優良住宅、家族の変化に対応できる間取り、家族が安心安全で健康に暮らせる自然素材と国産・県産の杉、ヒノキを使った、これからのスタンダードとなる家づくりになりました。

タイル貼りのキッチンカウンターのある家

タイル貼りのキッチンカウンターのある家

外観から内装に至るまで明確なイメージをお持ちのお施主様でした。そうしたイメージをひとつひとつ打ち合わせの中で確かめながら形にしてゆき、そうして出来上がったのは、深い白色の静謐な印象の家でした。床はクルミ材を使い、壁は漆喰で仕上げました。随所に奥様のお好きな和テイストのシンプルなタイルを使い、建具もシナ材で製作することにより、シンプルで大人っぽい仕上がりになりました。

城下町の家

城下町の家

ご主人のお仕事の関係で「木」には大変お詳しいお施主様でした。そんなこともあり、県産・国産の木で家を建てるのは当然のこととして、立地を含め子供を育ててゆくのに良い環境を作ることが一番のお望みでした。そんな考えは間取りにも反映され、家全体がひとつの大きな空間のようになっていて、家族の気配が自然と感じられるようになっていたり、外出から戻って自然と手洗いが出来るような動線になっていたり、随所にお施主様の気持ちのこもった家づくりとなりました。

三和土土間のある家

三和土土間のある家

近江八幡で古くからある街道沿いに建てられました。京町屋を思わせる風情あるアプローチや間接照明の利いた玄関。1階はリビングと洗面脱衣室を大きく取り、特に洗面脱衣室は家事室と収納の機能を持たせました。2階は天井が丸太表しの力強い印象で、主寝室からちょっとした階段を上がるとご主人の隠れ家があります。外観も街並みの風景を壊すことなくなじみ、大きなウッドデッキは細い横格子で仕切られたプライベートな空間です。

リフォーム事例一覧を見る