2018.02.05最終更新日:2019/12/19

上棟後は、

上棟日って、すごい早さで仕事が進んでいるようにみえます。

 

上棟日当日の写真が、

多賀町産材

 

2日経った今日の写真が、

多賀町産材

 

パッと見た感じではあまり変わらないようにも見えます。

 

でも、大工さん達がさぼっているいわけではありません。耐震等級3を確保する為に、たくさん『筋交い』を配置し、

その場所に合った、適正な金物の取付が必要なんです。

 

耐震等級3

 

以前、基礎工事の時に紹介したホールダウン金物。

柱が抜けないように留めています。

 

耐震等級3

これは、筋交いと柱をつないでいる『筋交いプレート』と、

梁と柱をつないでいる『引き寄せ金物』というものです。

 

筋交いプレート1枚につき、柱に8本、筋交いに6本の、計14本のビスが付いています。

こちらのお宅には、全部で78本の筋交いがあり、筋交いプレートは全部で156枚。

ということで、筋交いプレートのビスは全部で2184本。

 

インパクトドライバーという工具を使って留めていきますが、

それでも時間はかかります。

 

こういう仕事があるので、パッと見には仕事が進んでないように見えるんですね。

 

 

Pocket