国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

先日の「愛荘町の家」の見学会にはたくさんの方にご予約頂きありがとうございました。

 

マルトはモデルハウスを持たないので、お客様の家をお借りする見学会はマルトの考え方や施工などを実際にご覧になって頂ける良い機会です。

 

さて、 

そんな見学会をお客様のご厚意で今月も開催させて頂きます。

 

しかも2週連続です!!

 

10月20日(土)21日(日) 愛荘町 予約制

 

こちらの家は最近では若い方にも人気の平屋になっています。

そういえばマルトでも平屋の家は去年から3棟目ですね。(何年か前には年配の方、何人かに建てていただきました。)

 

 

彦根で完成見学会

 

上記のパースが完成予想図です。

 

平屋は高齢の方も小さな子供にとっても安全な住まいですが、ついつい面積が大きくなる傾向があります。

そうなると基礎や屋根が大きくなり、建築価格が高くなる傾向にあります。

そこで大切なのがプラン(間取り)ですね。

平屋にご興味のある方は必見の見学会です。

 

詳しいご案内とお申し込みのページはこちら。

 

 

10月27日(土)28日(日) 近江八幡市篠原町

 

こちらの家は外観がダークなカラーのガルバリウムで造られたスタイリッシュな印象のお家です。

内部も間接照明や板貼りのアクセントウオールなど、どこかホテルライクな雰囲気です。

 

滋賀で完成見学会

 

上記のパースが完成予想図です。

 

見た目のことばかり書きましたが、ちゃんとマルト仕様の無垢の木を使った高性能な家になっています。

 

巷にはデザイナーズ住宅などと呼ばれるカッコいいお家がたくさんあります。見た目は大事だと思います。人も見た目の第一印象は人となりを知る判断材料ですし、住宅もそうだと思います。でも、人は中身はもっと大事ですよね。住宅もそうです。見た目だけじゃなく性能や素材、そこがきちんとしていないと家族の健康や安全や命を守る家にはなりませんね。

 

詳しい案内とお申し込みはこちらから。

 

ご予約順に時間を埋めていきますので、ご都合の良いお時間のご予約はお早めにどうぞ。

 

 

おまけですが、去年施工させて頂いた平屋のおうち。

 

若い家族の平屋のお家はこちら。

 

 

 

完成見学会の予約枠あと少し!

 

先日から告知してきました完成見学会、予約枠が残り少なになってきました。

 

家づくりを考えておられる方にはよい機会だと思います。

なかなか聞けない耐震のこと、断熱のこと、などなど是非この機会に質問してください。

 

よその工務店さんやメーカーさんなどで

 

「耐震等級は1(あるいは2)で十分ですよ~」

とか

「うちは耐震等級3相当ですっ!!」

とか

「うちが使ってる断熱材は性能がいいんです」

とか

 

言われた方は是非是非見学会にお越しください。

弊社では強引な営業など一切ないですし、もちろん電話もしません。

だから安心して勉強のつもりでお越しください。

 

家を建てるにあたっての依頼先選びは本当に大切です。

一生を家族と共に健康で安心・安全、そしてコストは安く暮らす。

これは依頼先選びで大きく左右される、でもご自分で選び取ることが出来る事なんです。

 

是非是非、見学会にご参加ください~

 

お申し込みはこちらから

 

空きがわずかですのでお早めに (^_-)-☆

 

西沢でした。

 

写真が上がってきたのでちょっとご紹介。

 

a3Y1A2333

 

a3Y1A2352

 

a3Y1A2357

 

お施主様の思いや工夫がギュッとつまった良い家になりました。

 

 

今日ようやくDMの原稿が出来上がり、印刷に出しました。

同時に完成見学会のページの内容も更新して内容を詳しくしました。

今回のお家のポイントは何といってもじっくり積み上げていったということ。

DMの一部を紹介しますね。

 

名称未設定 1

 

家に対する夢や希望・こだわり、それらと現実の今の暮らしを比べ、見つめ直すことで生まれる新しい暮らしのイメージ。お施主様とひとつひとつ丁寧に詰めながら出来上がったのがI様邸です。

弊社が家づくりの上で一番大切にしていることが「家はお客様の物である」という一いっけん至極当たり前のことです。大半の方が一生に一度の家づくり。出来る限りお客様のこだわりを叶えられるよう、一緒に考えて造ってゆきます。

そしてそこに私たちの家づくりの基本である、国産の無垢の木と自然素材を使う安心・安全な空間作りと、高い耐震性能で命を守り、高断熱高気密で健康と省エネな暮らしを実現します。
 

そんなI様邸の完成見学会へのご来場を心よりお待ちしております。

 

私も関らさせて頂いたのですが、実に楽しい家づくりでした。(でも不行き届きな点もたくさんあって、I様大変ご迷惑をおかけしました!m(__)m )

 

そんなI様邸を少しご紹介。

 

杉板の下見貼りの外壁がおしゃれ感を出しています。

内装の塗り壁も、塗り壁では珍しい明るいきれいな色のアクセントウオールが目を引きます。

おしゃれなだけではなく、メンテナンスのことや暮らしやすさにもこだわった高性能な家になっています。

 

ポイント

★無垢の木の家だから深呼吸したくなります


★耐震等級3だから地震に強く家族の命を守ります


★高気密高断熱だから健康で安全に暮らせます


★高気密高断熱だから環境にも家計にもやさしいのです

 

お申し込みはこちらからどうぞ。

 

耐震や性能についての思いを書いたブログはこちらから

 

西沢でした。

台風21号や北海道での地震により、被災された皆様にお見舞い申し上げます。

 

一日も早く復旧され、日常の安心できる生活が送れますようお祈り申し上げます。

 

年々日本の気候がおかしくなっているように感じたり、自然災害がやたらと多いと感じているのは私だけではないと思います。そんな中私たちが出来る事、地球温暖化を止める事、自分や家族の命を守る事を真剣に考えないといけないと思います。

 

マルトに出来る事。台風や地震の発生は止められませんが、環境にやさしい家や地震に強い家を建てることは得意です。

 

 

34a2f1b6a36c06a60883435e420b3656_s

 

なぜ、高性能の家を勧めるのか

 

マルトでは高気密高断熱の家を建てています

気密性能が高い → 家に隙間がない

断熱性能が高い → 外気の影響を受けにくい

というイメージをしてください。

 

高気密高断熱の家の作り方はさておいて、(設計担当に質問してくださ~い)高気密高断熱の家の何がいいのか。

 

高性能の家は健康を守ります

 

寒い冬の夜、エアコンで20度設定の暖房をしています。就寝するためエアコンを切り翌朝を迎えます。私が今住んでいる築28年の某ハウスメーカーの家では(そもそも20度設定では我が家は寒いのですが)朝、5度とかにフツーになっていますが、高性能の家は13度程度は保たれています。

 

実は人間の体は気温が13度を下回ると病気になる確率が上がるそうです。確かに高性能の家は結露しませんし、そうするとカビの発生も抑えられたりするのも一因でしょうかね。

 

完成見学会を開催します。

高性能で地震に強い家に加えて、やっぱり木の温もりや心地よさが実感できるお家になっています。

お申し込みはこちらからどうぞ。

 

高性能の家は安全です

 

高性能の家は家の中での温度差がそんなにありません。私が今住んでいる築28年の某ハウスメーカーの家では(しつこいですね 笑)厳冬の時期、リビングから出てトイレに行くのが嫌になりますし、脱衣室で服を脱ぐのには勇気すらいります。

 

高性能の家の中ではさほどの温度差はありません。すなわちヒートショックを起こす可能性が低いということです。実は高齢者が家の中で死亡する要因の25%はヒートショックです。これは交通事故死よりも多いそうです。

 

急激な温度差は

● 心筋梗塞

● 脳梗塞

● 失神

の引き金になります。これは働き盛りの人でもなりそうで怖いですよね。ちなみに失神することで直接は死に至ることはないそうですが、倒れた時のぶつけどころが悪かったり、湯船で溺れたりすることがあるそうです。ちょっとお話しはそれますが、マルトではお風呂の出入り口には引き戸をお勧めしています。(ちょっと高くなるんですけど)これは万が一お風呂の洗い場で倒れた時に、折れ戸では倒れた体が邪魔をして救助が遅れることを避けるためです。

 

完成見学会を開催します。

高性能で地震に強い家に加えて、やっぱり木の温もりや心地よさが実感できるお家になっています。

お申し込みはこちらからどうぞ。

 

5dcdb937cecc78ed4d31b888cced33f3_s

 

高性能の家は光熱費が安上がりです

 

これだけ聞くと自分だけが得をしているように感じますが、安上がりということはエネルギーを使っていないということ。電気にしろガスにしろ使う量が少ないということは限りある資源の節約にもなりますし、CO2の発生も抑えます。すなわち地球環境にやさしい家ということです。高性能の家はその性能を作る為や保つため家自体も長持ちします。(詳しいことは設計担当に聞いてくださ~い)長く住める家というのは30年で壊してまた建てるを繰り返すような家に比べて地球環境に良いということは歴然ですね。

 

完成見学会を開催します。

高性能で地震に強い家に加えて、やっぱり木の温もりや心地よさが実感できるお家になっています。

お申し込みはこちらからどうぞ。

 

なぜ、耐震等級3にこだわるのか

 

ちょっと思い出しただけで

1995年 阪神淡路大震災

2004年 新潟県中越地震

2011年 東日本大震災

2016年 熊本地震

そして、昨日の北海道での地震です。これだけでも多いなと思うのに、今ちょっと調べてみたら、M7くらいの地震はほとんど各年に起きているんですね。あまりの多さにびっくりしています。

 

032b747959703e0dd57cea30c5630685_s

 

土砂崩れや津波など、人の英知を超えたところで起きてしまった天災の前には(土砂崩れに関しては天災ばかりとは言えませんが)どうすることも出来ませんが、人の手でどうにかなることはどうにかしたいとマルトでは考えています。

 

いろいろなポイントはあると思うのですが(ここも詳しくは設計担当に聞いてくださ~い)まずは土地。

 

今回の北海道の地震でも映像が流れていましたが、「液状化」の問題です。これから土地を購入される方は必ずハザードマップを調べる事。その土地が過去にどんな災害に見舞われたことがあるのかを調べる事。「水」を連想させるような地名のところは避ける事。

 

そして建築です。

 

耐震等級3の家は安心に暮らせる家です

 

マルトの標準仕様の家は耐震等級3の家です。

 

これを詳しく説明するのは私では不可能です。

そんな理解力の低い(すなわち素人)私でも何となくイメージできるような書き方をしてみたいと思います。

 

その前に地震の表記についての説明

マグニチュードは地震の規模

震度は揺れの大きさ

東日本大震災 マグニチュード9 震度は宮城で7、千葉で5でした。

 

さて、

 

まずは 耐震等級3 > 耐震等級1 等級3の方が地震に強い

 

耐震等級1とは建築基準法で定められた強さです。要するに等級1があれば建物的には OK! ということです。

 

では、耐震等級1とはどんな強さ?

 

数百年に一度発生する地震(震度6強から7。阪神淡路大震災程度)の地震力に対して倒壊、崩壊しない。(震度6強とは 這わないと動けない程度)

 

これは一見「安心じゃーん!!」と思える日本語ですが、もう少しかみ砕いて言ってみると

 

耐震等級1は大地震が来ても建物が倒れない程度の強さです。全壊することはないでしょうが傾いたり、一部つぶれたりは仕方ないですね~

 

という感じでしょうか。

 

困りませんか?

 

そこで 

 

耐震等級2とは等級1の地震力の1.25倍の地震力に対抗出来る。

耐震等級3とは等級1の地震力の1.5倍の地震力に対抗できる。

 

これは耐震等級3ならば等級1の1.5倍の強さ、という意味ではなく2倍以上なのですが、私では説明しきらないので省きます。。。

 

ちなみに長期優良住宅の認定を取ろうと思えば耐震等級2をクリアする必要があります。

 

このことで考えると耐震等級2をクリアすればお国も地震に強い家と認めてることになりますね。マルトでも少し前までは耐震等級2が標準でした。

 

ただ、今の日本の現状を考えると1回だけの地震に耐えられる家でいいのだろうか?という疑問にぶつかり、住まわれる人の命を守るためにも耐震等級3から妥協はしない、というスタンスになったのです。

 

ここで問題なのは構造計算の方法によって(ちなみに等級1は計算が必要ないそうです。怖い。)都合よく等級3が取れたりするそうです。

 

マルトでは「許容応力度計算」という最高に強い計算方法で構造計算しているそうです。(詳しくは設計担当に聞いてね~)

 

また、会社によっては「耐震等級3相当」と正々堂々言っているところもあるようです。これは耐震等級3とは全く違う代物で、都合よく耳に聞こえの良いことを言っているだけなので、くれぐれも気をつけましょう。

 

と長々と書きましたが、今月の22日23日にこれらをすべて備えた家をお借りして完成見学会を開催します。

 

私のつたない説明ではぜんぜんお伝えできていないと思うので、是非完成見学会にお越しください。質問したい事、悩んでいること、どんどん聞いてください!

 

高性能で地震に強い家に加えて、やっぱり木の温もりや心地よさが実感できるお家になっています。

お申し込みはこちらからどうぞ。

 

西沢でした。

 

親子で(ひとりでも)左官体験しませんか? 

8月18日(土)10時スタート

 

¶Š¯

 

家づくりには欠かせない塗り壁。

 

塗り壁は湿気を吸ったり吐いたり、また色の劣化などもなく、性能と言い素材感と言い木の家にぴったりな素材です。

 

最近ではお施主様自らが施工されることも珍しくなくなりました。

 

そんな左官を一度体験してみませんか?

 

 

権代 康祐邸2013

 

 

すでに家を建ててしまったけど、塗り壁やってみたかったな~ という人。

 

これから家を建てるけど、

是非一度体験して自分ちを塗ってみようかな~ という人。

 

是非この機会にご参加ください!!

 

2ea24b06cc6b15f407f7e2177dfffe9d_m

 

 

塗り壁体験の後はコースターを作ります。

 

洗い出しという左官の技術を使って作ります。

 

珪藻土を使うので吸水性はバッチリですね。

 

こちらはお持ち帰り出来ますよ~

 

↓ が洗い出しのアップです。石の他にビーズなんかでも作れます。

 

名称未設定 1

 

申込制

 

8月18日(土) 10時スタート 12時ごろ終了予定

 

参加費 コースター1個につき数百円程度 (決まり次第掲載します)

 

場所 マルト第2工場 あるいは マルト中川原営業所

 

参加人数により場所を決定します。

 

締切 8月8日(水)

 

下記よりお申し込み頂けます。

 

メールの方は以下をお問い合わせ内容にご記入の上、お申し込みください。

 

参加人数 大人  名  子供  名

 

コースター申込数      個

 

改めて開催日近くなりましたら場所などの案内を送らせて頂きます。

 

皆様のご参加をお待ちしておりま~す!!

 

 

 

お問い合せ

 

暖かい日が続いたかと思うと、昨日今日とはびっくりするぐらい寒いですね。

たまらずにお昼に帰った時に着替えた西沢です。

 

さて、3月に完成見学会をさせて頂いた多賀町土田の家をようやく新築事例のページにUPしました。

いま改めて写真を見ると、決して派手でも何でもないごく普通のお家なんですが

上質な感じって言うんでしょうか、伝わってきますね。

本物が持つ素材感とか空気感はこれからも大切にしていきたいと思いました。

見学会にお越しになれなかった方、今日初めて検索で訪問頂いた方などなど

どうぞゆっくり見ていってください。

 

施工事例のページはこちら

見学会の際のご案内のページはこちら

 

杉の板の外壁を使った注文住宅

家づくりをそろそろ考えている方にこのブログが届くといいな、と思いながら書きます。

 

家づくりは大変です。特に家に思い入れがあってまじめな方ほど大変です。

いまはスマホのおかげでポチッとすれば瞬時に大量の情報が何処に居たって手に入る時代です。

いろんなサイトを見るといろんなことが、工法やら仕様やら、わらわらと書いてあります。

ほとんどの方は家づくりに興味はあっても建築は素人です。あたりまえですが。


耐震性能は高いほうがいいに決まっていて、免震性能が付いていればなお安心。

断熱性能は高いほうがいいに決まっていて、北海道並みの性能があればなおうれしい。

 

これらはほんの一例ですが「正解」です。

 

でも、滋賀で自分が建てる家にそこまでの性能を求めてコストを押し上げて、建てた後の家族旅行もままならなくなるのが幸せでしょうか?あっ、

 

だからといってこれらの性能やもろもろのものが必要ないかというと決してそうではなくて、マルトでも耐震性能は最高等級の3が基準ですし、断熱性能にしてもしかりです。(逆にそんな性能は必要ないですよ~と言わんばかりのところは論外ですが。笑)

でも、もちろんそういった高性能こそが求めているものだと改めて確認出来たらそれはそれで正しい家づくりですね。

 

むずかしくてうまく伝えられないのですが、家づくりに邁進して一つのことに盲目にならずに冷静になる事やバランス感覚が必要ということですね。

 

弊社の見学会にお越し頂いたらもちろん家の中をご案内させて頂くのですが、その際にいろんな質問をしてください。なぜ、こうなったのか丁寧に説明させて頂きます。それは売り込みではなくて、弊社の考える家づくりの基本です。間取りなどは今回のオーナー様が一生懸命家づくりを考えられた結果で、それぞれの家族にはそれぞれの間取りがあります。

 

そうやっていくつかの見学会などをまわると、自分にはどんな工務店が向いているのかだんだんわかってくると思います。豪華なモデルハウスでは絶対に見えてこない家づくりが、オーナー様の家をお借りして開く見学会では見えてきます。工務店との相性もわかってきます。もちろん弊社で建てさせて頂けると嬉しいですけどね。

 

売り込みはほんとにありません。

家づくりのご参考に、是非、お越し頂くのをお待ちしております。

 

お申し込みはこちらから。

 

西沢でした。

 

予約制完成見学会のお知らせです。

 

弊社にご住所の登録のある方には今日DMを発送しました。

早ければ今週末にはお届けできると思います。

登録のない方はぜひ、こちらからお申し込みください

 

ここからは私(西沢です)の思いをつらつらと書こうかなと。

 

実は私は某ハウスメーカーの家を22年ほど前に中古で購入しました。

今年で築28年になります。

マルトで仕事するようになってからの今の目で自宅を見回すと、そりゃあもうあかんところがてんこ盛り満載です。実は両親といづれ同居する用の家を建てたため(もちろんマルトでね)今住んでいる家にはあまりお金をかけることが出来ません。

同じような家が建ち並ぶ団地に住んでいるため、周囲ではちらほらとリフォームが始まっています。

つい先日もLDKの改装をされた〇〇さんというおうちがあったのですが、施工されていたのは木の家が得意な某工務店さん。

〇〇さんとは親しくさせてもらっているので見せてもらいました。

まず驚いたのが床が白いフローリングだったこと。

もともと〇〇さんは木がお好きな人だったので思わず「なんで?床暖房?」

お返事は「違うよ。木は高いんやもん」 私「???」

また、この年代の家の窓は単層ガラスのアルミサッシです。

我が家もですが〇〇さんの家も冬になるとガラス面にプチプチみたいなのを貼って即席断熱仕様です。

なのに窓の改修は一切なし。単層ガラスのアルミサッシのまま。今年の冬も即席断熱仕様が登場しそうです。

 

ここで疑問がふつふつと湧きました。

某工務店さんはちゃんと〇〇さんにいろんなことを説明したんだろうか?

18畳ほどの面積の床でフローリングと、例えば節ありの杉の無垢板でどれだけの差額が出るんだろう。

確かに若干は高くはなるかもしれないけれど、1年を通しての足触りの良さや良い香りのこと、冬でもさほどに冷たく感じないこと、フローリングは経年劣化するけど木の床は経年美なこと、などなど長い目で見たらむしろお得なこと。

窓に関してもまずここを改修することで、断熱性能が上がってコールドドラフトの起こらないかつ結露しない、快適な冬が過ごせること。(夏も快適です)もちろんこの改修にはそこそこのお金がかかるけれども、実は補助金制度があること。(スマートウエルネス住宅等推進事業)

 

〇〇さんは子供たちも独立して夫婦2人になって、終の棲家になるようにとリフォームされました。某工務店さんは終の棲家をどんなものとしてとらえられたのだろう???

 

よその工務店さんのお話なんかを聞いていると、補助金制度については工務店によってかなり温度差がありそうです。確かに申請や実績報告や横で見ているだけの私でも「めんどくさそう~」と思います。そもそも勉強していないと制度自体についていけないとも思います。工務店は勉強で差が出る時代です。

 

一般の方はリフォームというと設備の入替え、壁紙の貼り替え、くらいのイメージですが、実は断熱改修することで家の中で死なずに済む(ヒートショック)健康な暮らしが出来るということを、工務店はもっともっとお客様に伝えていかなければいけないと、自戒を込めて強く思いました。

 

ところで、今回の見学会のおうちも実は補助金対象のおうちです。

グリーン化事業の長期優良住宅・滋賀県産の木を使う・多賀産の木を使う

の3つから補助金がおりました。

詳しいことは見学会にお越しになってお聞きください。

またはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから

見学会のお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

 

製作中だったDMをさっきようやく印刷に出しました。

金曜日には発送出来そうです。やれやれだわ。

 

web

 

外観写真を撮りました。

それはもう抜けるような青空の日で、腕が良ければもっと良い写真が撮れたんだろうに。。。

それでも先月の見学会のおうちとは同じ木の家でもだいぶ印象が違うのがわかって頂けると思います。ガルバの屋根や塗装した杉の羽目板がずいぶんカジュアルな感じで、2階の手すりが良いアクセントです。

 

DMが完成したのに合わせて見学会の詳細のページにも手を加えました。

お申し込みもこちらからできます

たくさんの方のお申し込みをお待ちしております。

西沢でした。