国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

すっかり桜も散ってしまい、4月も半ばを過ぎてしまいました。

ついこないだお正月だったような気がするのに、時間のたつのが早い西沢です。

 

食洗機はビルトイン派?卓上型派?

 

さて、先日近所のお友達から「キッチンのリフォームをするなら食洗機はビルトイン(キッチンに組こまれているタイプ)がいいかしら~?」と質問されました。

実は私は卓上型(電気屋さんで売っているタイプ)派なんです。

そこでそれぞれのメリット、デメリットをどちらも使ったことがある私が、私なりに考えてみました。

 

ビルトインタイプのメリット

 

 

● 何と言ってもスッキリしていますよね。扉面材もキッチンと合わせられますし。

● カウンターの作業スペースが広くなります。

● 大容量タイプのものが出てきました。昔は海外製しか見かけませんでしたが。お鍋まで洗えます。

 

ビルトインタイプのデメリット

 

● 故障した時の買い替えのコストが卓上型に比べて高い。

● スライドタイプ( ↑ 引き出しみたいの)は食器が入れにくく感じるし、同じ5人用でも卓上型に比べ入る量が少なく感じる。

● 収納スペースが減る。

 

卓上型のメリット

 

 

● ビルトインに比べて安価なため、買い替えやすい。←メリットがこれしか思いつかない・・・

 

卓上型のデメリット

 

● 設置スペースが必要

● 排水をホースでシンクに流すのでごちゃごちゃ感が出る。

● 対面式キッチンやアイランド型キッチンではダイニング側から丸見え。

 

ここまで書いてきて気が付きました、私が卓上型を好む理由が。

ちゃんとお手入れしないもんだから、買い替えたくなるペースが速いのです。

 

今から家づくりをされる皆さんは当然ビルトインがおすすめですね。

 

では今どきのビルトイン食洗機

 

ノックしたら勝手に開いてくれる「取っ手レス」ですって!!

 

 

かつての日本製では考えられなかったスッキリデザインと大容量!!

 

 

 

 

 

↑ 値はそれなりに。。。

 

先述のお友達には訂正して、ビルトインをお勧めしときます。

で、そのお友達に強くお勧めしたのがお掃除いらずのレンジフード。

 

 

2か月に1回洗浄ボタンを押すだけで、10年間ファンフィルターの取り外しがいらない「洗エールレンジフード」。これ欲しいっ!!

 

画像は卓上型食洗機はパナソニックから、他はクリナップからお借りしました。

 

最後にお願いがありますっ!!

この頃頑張ってインスタグラムをほぼ毎日更新しています。

よろしければ、是非是非、フォローして下さ~い!!

スマホの方、右上の横3本線のメニューをポチッとしてもらうとインスタのマークがあります。それをポチッとするとマルトのインスタのページに行くので、「フォローする」をポチッとして下さ~い!!

 

 

ハウスメーカーと工務店の違い

 

4月に入り、新しい元号も発表され、心新たにスタートを切ったように感じている西沢です。「令和」。万葉集からの引用らしいですね。新聞のコラムにあったのですが、万葉集は言わずと知れた歌集ですが、筆者は天皇をはじめとする皇族・貴族から、詠み人知らずと言われる名もない人の詠んだ歌が一緒に収められています。貴賤のない平和なイメージがこれからの時代にふさわしいとあり、私も共感した次第です。

ハウスメーカーと工務店の違い

共感と言えば、いろいろ勉強になる記事を書いていらっしゃる他県の工務店さんのブログにあったのですが、「ハウスメーカーと工務店の違いとは?」

どちらもいわゆる注文住宅を建てているわけですが、おおざっぱではありますが実に端的に違いを書いてらっしゃいました。そちらが

ハウスメーカー 家を買う

工務店 家を建てる

ハウスメーカーでは基本の間取りが土地の大きさや予算などによりある程度決められていることが多いと思います。使える素材や部材、設備もあらかじめ決まっていることが多く、お客様はそれらの中から選び取って行って家が出来上がるイメージです。

工務店は(うちタイプみたいな)お客様のご要望や予算をお聞きし、いちからプランをおこします。使える素材や設備も、ご要望があれば基本何でも可能です。製作で洗面台もキッチンも作れます。いろんな選択肢やお客様のご要望にお応えしようとするため、選び取るのに時間もかかり考えもしなくてはいけません。家を2人3脚で作り上げるイメージです。

もちろんそれぞれにメリットデメリットはあるわけで、どちらが正しいというものではありません。相性の問題でしょうか。

ハウスメーカーはブランド力がある分信用度は高いかもですし、サクッと家を建ててくれるので、そんなにこだわりがなかったりする方には工期も短くて良いでしょう。

家づくりにこだわりがあったり、いろいろ考えてみたり参加してみたりする手間がお好きな方には工務店が向いてますね。弊社ではお引渡し前の家をお借りして完成見学会を開催します。工務店の家づくりにご興味のある方は是非ご覧ください。詳細はこちらから

 

このあたりのことは奥が深いのでまた別の機会に詳しくお知らせできるようにします。

 

弊社の考え方

 

4月6日7日と見学会をさせて頂くのですが(詳しくはこちらから)、そのご案内のDMに弊社の考えを少し載せましたので引用します。

 

 

家づくりをお考えの方に是非お伝えしたい事

 

家づくりをお考えの方、想像してみてください。衣服で例えてみましょう。素材や縫製を吟味し、着る人の体形をしっかり考えて作られた服は、たとえノーブランドであっても心地よく着られるものです。また、その服のデザインがスタンダードなデザインであればあるほど、流行に左右されることなく長く着ることが出来ます。着る人もそんな服を大切に思い、丁寧に扱い、お手入れをしてずっと大事に長く着続けます。

家もまったく同じです。

マルトの考える家づくりは国産の無垢の木を質(ねばり・水分量・目の細かさ・節の量など)から吟味して選び、家の骨組みである構造は想定される大地震に備えて、構造計算から導かれる強い作りになっています。斬新なデザインや想像したこともないような素材の採用はなく、むしろスタンダード(普遍的)なデザインを常に目指し、いつまでも長く暮らせる事を基本にしています。

また、マルトの建てる家には基本の間取りもオプションもありません。一生に一度になる家づくりは、子供や孫の代まで住み続ける可能性のある高い買い物になります。長い年月を暮らしてゆく家に求められるのは、その家族に合った暮らしを実現でき、また変化に対応出来る事と考えています。家づくりはお客様ひとりひとりすべて違っているものと考え、世界にひとつの家づくりしかしていません。

暮らす人がそんな家を大切に思い、丁寧に扱い、お手入れをしてずっと長く暮らしたいと思っていただけることを目指しています。

 

 

4月6日(土)7日(日)に開催します完成見学会の現場、T様邸の社内検査が今日無事終わり、写真も撮れました。その写真待ちで今日、ようやくDMを印刷に出したので今週末には発送出来そうです。マルトに住所登録のある方にはお届け出来ますが、登録のない方は是非是非ご予約頂くようお待ちしております。ご予約頂いた方に地図をお送りしますね。

見学会の詳細ページやご予約はこちらから

お電話でも受けつけています。

 

さて、DMにも使った写真を一部ご紹介しますね。

 

注文住宅はマルト

 

どうですか?

通り土間がリビングまで続く、藁入りの土壁がかっこいい仕上がりでした!

もちろんマルトの基本の考え方

〇無垢の木を使った心地いい空間

〇耐震性能3(最高等級)の安心な住まい

〇高気密高断熱で健康で安全な暮らし

〇高気密高断熱で環境にも家計にも優しい住まい

をすべて備えた上で、T様らしい遊び心がうかがえる素敵なお家になりました。

 

完成見学会にお越し頂いて、是非他の部分にも目を凝らしてくださいね。

西沢でした。

ブログ掘り起し隊の西沢、久々の登場です。

以前のブログに今では珍しい家の建て方を紹介する記事がありました。

是非皆さんにお伝えしようと、掘り起こしてきましたっ!!

4月の完成見学会のお知らせはこちらから。

 

自分の山の木で家を建てる

 

前回投稿が8月8日

もうちょいで月ブログになるとこでした。

「継続」の難しさを身に染みて痛感しております。

私は何かする時は必ず目標を決めるんです。何かを目指さないと力が入りませんし続きません。 ところが先日、弊社専務が言うとりました。

「やらなアカンと思うから続かない。ちょっと肩の力抜いて「気が向いたらやろうか」ぐらいの方が長続きする」との事

まぁ、間違っちゃいないんでしょうけど、私はきっと「やらなく」なってしまうタイプです。追い込まないと出来ないんですよねー


先々週に、久々にワクワクするお客様とご商談させて頂きました。

まだご契約させて頂いた訳ではありませんので、全ての情報を伏せさせて頂きますが、ご希望が「自分の山の木を使って家づくりをしたい」との事でした。

よく勉強されていて、伐採時期(新月時の伐採を希望)や葉枯らし乾燥の事、その利点などご存じで、是非お手伝いさせて頂きたいと思いお話しを伺っておりました。

山の木は残念ながら林道沿いではない為、これを出してくるのにいったいいくらかかるのか?そもそも出せるのか?など価格面を含め全体が見えないと計画も進められないという事で、こちらは先週に、お客様、山師さん、弊社社長の3人で山に入りました。

DSC_0312
こんな山の


DSC_0307
こんなとこから登って行かれました。


ん!?なんで自分はいかないの? って思われた方!

私、長い営業生活のせいで、夏の外での活動は10分まで(冬は20分)・平坦な道でなければ歩けない・鉛筆より重い物が持てない身体になってしまいましたので、社長にお願いしました。

で、結果ですね、構造材に使える木も多数あり、木出しも可能との事でした。

価格面の検討がこれからなので、まだまだ先は長い話なのですが、十数年前に一度”0から始める家づくり”として、立っている山の木を

伐採→葉枯らし乾燥→製材→加工→上棟・完成

まで全てをやったお家がありました。

あの仕事が久しぶりに出来るかと思うとワクワクが止まりません。

是非、ご契約になるよう頑張っていきたいと思いますし、その経過などを見て頂けると、”論より証拠”ではないですが、一般の皆さまに木の家の本当のすばらしさが伝わる事と思います。

今後の報告をぜひお楽しみに!

 

2016年9月1日 お客様担当 澤田 記

 

いかがでしたか?

新月時の伐採や、葉枯らしなど聞きなれない言葉も出てきましたね。

多賀や東近江、あるいは米原、長浜などにお住まいだと山をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そんな方は是非マルトにお声がけしてくださいね。

 

完成見学会のお知らせです。

4月6日(土)7日(日)の2日間限定で見学会を開催します。

予約制となっております。

 

ご予約はこちらの詳細ページの下記バナーから、あるいはお電話でどうぞ。

 

0749-48-0313

 

 

完成見学会のお知らせです

4月6日(土)7日(日)予約制

お引渡し前のお家をお借りして、2日間限定で開催します。

 

滋賀でモデルハウス

 

滋賀で注文住宅のモデルハウス

 

 

通り土間のある、大人の遊び心あふれたお家になります。

畳リビングや丸太梁、信楽焼など和モダンな印象です。

この機会にどうぞご参加ください。

 

予約制となっております。

詳細ページの下記バナーよりご予約できます。

ご予約はメールでもお電話でも承っております。

 

 

平成最後の年末のご挨拶

d5e49a185584c5d776cea0ce5fe2d4d6_s

 

平素より株式会社マルトをご愛顧頂き誠にありがとうございます。

平成最後の年、2018年も終わろうとしています。
本年も例年と同じく、たくさんのお客様とのご縁を頂き、本当に良い一年だったと思います。

また家造りにおいては、弊社のベースとなる無垢の木と自然素材に高い性能を持つ、長く安心安全健康に暮らせるという部分により磨きがかけられ、平成が終わり新しい年号に入る良い準備が出来たのではないかと感じています。

今後、国がどのような方向に向いたとしても、揺らぐ事なくまたいかようにも対応は出来るのではないかという手ごたえも感じた1年ではありました。

しかしながら、それでもまだまだ足りない事が多く、たくさんのお客様との出会いがあったのですが、お客様のご期待に応えられなかった事もたくさんあったかと思います。

大変申し訳ございませんでした。

一生に一度の家造りですからこういった言い方は大変失礼にあたるのですが、この経験を活かしこれからのお客様にはもっとより良い物やサービスをご提供し、また改善された事については、すでに弊社でご建築頂いた皆様にも対応していくようにしていければと思っております。

父が経営するマルトに帰ってきたのが確か平成8年だったと思います。
ここに帰ってきてからの平成の22年間は、私を成長させてくれる22年間でもありましたが、どんどん変わっていくお客様のニーズ・様々な問題が起因となる家造りの大きな変化への弊社の対応力を問われた22年間でもあったように思います。

22年前と今では家造りも大きく変わってきましたが、今でも変わらない事は「家はお客様のもの」という事です。どんなに便利でもお客様がそれを必要とされなければ採用しませんし、弊社のお勧めしたい事がNGなお客様にごり押しする事はしておりません。これには賛否あるのですが、それでも弊社は「お客様が望む家」を建てる工務店でありたいと思っております。

平成が変わっても、国の方針が変わっても、家造りの考え方が変わっても、私がおじいちゃんになっても、ここだけは変わらず家造りをしていきたいと平成最後の年末に決意したところです。

年末の挨拶とは少し違う内容になってしまいました。すみません。
結局何が言いたいかというと、来年も再来年もこれからずーっと頑張って皆さまのご期待に応えるようにしたいという事です。(笑)

それでは皆様、良い御年をお迎えください 

 

平成30年 12月 28日   株式会社マルト   常務取締役 澤田 藤司徳 

 

323e33267487b9ddf6008ac290df5750_s

 

先日の「愛荘町の家」の見学会にはたくさんの方にご予約頂きありがとうございました。

 

マルトはモデルハウスを持たないので、お客様の家をお借りする見学会はマルトの考え方や施工などを実際にご覧になって頂ける良い機会です。

 

さて、 

そんな見学会をお客様のご厚意で今月も開催させて頂きます。

 

しかも2週連続です!!

 

10月20日(土)21日(日) 愛荘町 予約制

 

こちらの家は最近では若い方にも人気の平屋になっています。

そういえばマルトでも平屋の家は去年から3棟目ですね。(何年か前には年配の方、何人かに建てていただきました。)

 

 

彦根で完成見学会

 

上記のパースが完成予想図です。

 

平屋は高齢の方も小さな子供にとっても安全な住まいですが、ついつい面積が大きくなる傾向があります。

そうなると基礎や屋根が大きくなり、建築価格が高くなる傾向にあります。

そこで大切なのがプラン(間取り)ですね。

平屋にご興味のある方は必見の見学会です。

 

詳しいご案内とお申し込みのページはこちら。

 

 

10月27日(土)28日(日) 近江八幡市篠原町

 

こちらの家は外観がダークなカラーのガルバリウムで造られたスタイリッシュな印象のお家です。

内部も間接照明や板貼りのアクセントウオールなど、どこかホテルライクな雰囲気です。

 

滋賀で完成見学会

 

上記のパースが完成予想図です。

 

見た目のことばかり書きましたが、ちゃんとマルト仕様の無垢の木を使った高性能な家になっています。

 

巷にはデザイナーズ住宅などと呼ばれるカッコいいお家がたくさんあります。見た目は大事だと思います。人も見た目の第一印象は人となりを知る判断材料ですし、住宅もそうだと思います。でも、人は中身はもっと大事ですよね。住宅もそうです。見た目だけじゃなく性能や素材、そこがきちんとしていないと家族の健康や安全や命を守る家にはなりませんね。

 

詳しい案内とお申し込みはこちらから。

 

ご予約順に時間を埋めていきますので、ご都合の良いお時間のご予約はお早めにどうぞ。

 

 

おまけですが、去年施工させて頂いた平屋のおうち。

 

若い家族の平屋のお家はこちら。

 

 

 

完成見学会の予約枠あと少し!

 

先日から告知してきました完成見学会、予約枠が残り少なになってきました。

 

家づくりを考えておられる方にはよい機会だと思います。

なかなか聞けない耐震のこと、断熱のこと、などなど是非この機会に質問してください。

 

よその工務店さんやメーカーさんなどで

 

「耐震等級は1(あるいは2)で十分ですよ~」

とか

「うちは耐震等級3相当ですっ!!」

とか

「うちが使ってる断熱材は性能がいいんです」

とか

 

言われた方は是非是非見学会にお越しください。

弊社では強引な営業など一切ないですし、もちろん電話もしません。

だから安心して勉強のつもりでお越しください。

 

家を建てるにあたっての依頼先選びは本当に大切です。

一生を家族と共に健康で安心・安全、そしてコストは安く暮らす。

これは依頼先選びで大きく左右される、でもご自分で選び取ることが出来る事なんです。

 

是非是非、見学会にご参加ください~

 

お申し込みはこちらから

 

空きがわずかですのでお早めに (^_-)-☆

 

西沢でした。

 

写真が上がってきたのでちょっとご紹介。

 

a3Y1A2333

 

a3Y1A2352

 

a3Y1A2357

 

お施主様の思いや工夫がギュッとつまった良い家になりました。

 

 

今日ようやくDMの原稿が出来上がり、印刷に出しました。

同時に完成見学会のページの内容も更新して内容を詳しくしました。

今回のお家のポイントは何といってもじっくり積み上げていったということ。

DMの一部を紹介しますね。

 

名称未設定 1

 

家に対する夢や希望・こだわり、それらと現実の今の暮らしを比べ、見つめ直すことで生まれる新しい暮らしのイメージ。お施主様とひとつひとつ丁寧に詰めながら出来上がったのがI様邸です。

弊社が家づくりの上で一番大切にしていることが「家はお客様の物である」という一いっけん至極当たり前のことです。大半の方が一生に一度の家づくり。出来る限りお客様のこだわりを叶えられるよう、一緒に考えて造ってゆきます。

そしてそこに私たちの家づくりの基本である、国産の無垢の木と自然素材を使う安心・安全な空間作りと、高い耐震性能で命を守り、高断熱高気密で健康と省エネな暮らしを実現します。
 

そんなI様邸の完成見学会へのご来場を心よりお待ちしております。

 

私も関らさせて頂いたのですが、実に楽しい家づくりでした。(でも不行き届きな点もたくさんあって、I様大変ご迷惑をおかけしました!m(__)m )

 

そんなI様邸を少しご紹介。

 

杉板の下見貼りの外壁がおしゃれ感を出しています。

内装の塗り壁も、塗り壁では珍しい明るいきれいな色のアクセントウオールが目を引きます。

おしゃれなだけではなく、メンテナンスのことや暮らしやすさにもこだわった高性能な家になっています。

 

ポイント

★無垢の木の家だから深呼吸したくなります


★耐震等級3だから地震に強く家族の命を守ります


★高気密高断熱だから健康で安全に暮らせます


★高気密高断熱だから環境にも家計にもやさしいのです

 

お申し込みはこちらからどうぞ。

 

耐震や性能についての思いを書いたブログはこちらから

 

西沢でした。