国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

エコキュートは、弊社が建築させていただいたお住まいで、

一番多く選ばれている給湯機です。

 

正式な名称は『自然冷媒ヒートポンプ給湯機』

こういう表現になると、なんか難しい機械に思えてきます。

 

ヒートポンプというと、エアコン等に使われているもので、

元々は車用のエアコンとして開発されたそうです。

ところが、装置が重くなるとか、高温になりすぎる等の欠点があった為、

逆にそれを利用して給湯機を作ったそうです。

 

お湯の作り方を単純に説明すると、

大気中の二酸化炭素を吸って、圧縮して、それを熱に変えて90℃のお湯を作ります。

 

二酸化炭素を利用しているわけですから、地球温暖化対策として優秀であり、

電気料金の安い深夜電力を利用していますから、

ランニングコストも低くできます。

 

デメリットとしては、

貯湯タンクとヒートポンプユニットがあるので、

設置場所として広いスペースが必要。

ヒートポンプユニットは高圧力なので、故障した時現地で修理できない。

 

そんな中、最近出てきたのが『ネオキュート』です。

 

エコキュートと何が違うのかというと、

冷媒

が違います。

 

エコキュートでは二酸化炭素を冷媒として使っていましたが、

ネオキュートでは、現在のエアコンに使用されているのと同じ、

新冷媒R32

を使用しています。

 

エコキュートより温度は上がらないのですが、

65℃で320Lの量のお湯を貯めます。

 

ネオキュートを作っているダイキン工業の試算では、42℃換算で、

2人家族の推定使用湯量 270L

3人家族の推定使用湯量 380L

 

ネオキュートは42℃換算で420L使えるので、

ご夫婦等の2~3人家族にはピッタリの給湯量ということです。

 

あと貯湯タンクやヒートポンプユニットも少しづつ小さくて、

滅多にある事ではありませんが、冷媒が抜けても、

普通の電気屋さんで補充ができるので、

故障時に対応時間が短くなる可能性があります。

 

エコキュートのデメリットを少し解消したような商品です。

 

弊社の木の家の施工事例はこちら

 

お問い合せはこちらから

 

振り返れば早いもので、

住宅建築の仕事に就いて32年が過ぎました。

 

それだけの年月が経つと、色々な事を経験しますが、

今日は、今まで経験したことのない出来事がありました。

 

なんと、

『地鎮祭のはしご』

です。

 

本日、12月24日は大安吉日!

天気も気にしていましたが、2組のお客様のおかげで、

晴れ間ものぞいていました。

 

地鎮祭

 

1組目、地鎮祭の催行前。

この写真には写っていませんが、お子様は3人です。

 

着工

 

四隅を清めていただいています。

 

実は、この土地のお隣も先週地鎮祭があり、

基礎工事をする為の丁張(ちょうはり)がかかっています。

水盛・遣り方ともいいます。

 

 

続いて、

 

地鎮祭

 

基本的には、地鎮祭は午前中に行います。

地鎮祭の準備は各現場監督に任せていましたし、

ふたつの現場が、車で20分くらいの場所でしたので、

なんとか間に合いました。

 

Y様、I様、これからよろしくお願いします。

建物って、地震等の外的な力が加わった場合を除き、

『水』

から守れば、かなりの年数壊れないものだと思います。

 

『水』と一言でいっても色んな水があり、

空から降ってくる雨の水、

水道管を通っている水、

空気中に含まれる水等、

それぞれ、雨漏れ・水道管接続の不具合・結露等に気を付けていれば、

十分、建物を水から守れると思います。

 

その内、雨水に関しては、屋根からの漏水を一番に気にしますが、

外壁も重要なもののひとつです。

 

で、外壁のメンテナンスって、いつどのタイミングでやればいいのか、

一般の人にはわからないかもしれませんので、

判断材料を挙げたいと思います。

 

外壁にもいろいろな種類があります。

・焼板

・羽目板に塗装

・モルタル(砂とセメントと水を混ぜたもの)塗の上塗装

・サイディングの上塗装

・鉄板貼(色々な種類有り)

・塗り壁

・タイル貼

等々。

 

基本的には、どんなものでも何らかのメンテナンスが必要です。

塗装の色が薄くなってきたら塗り直すとか、

板が腐ってきたら貼り換えるとか、ありますが、

一番早く劣化してしまうのが『コーキング』です。

 

一番わかりやすいのが、サイディング貼のジョイント部分やサッシ廻り。

 

劣化状況

この画像はコーキングを作っているメーカーの画像ですが、

一番右の表層劣化の状態になってくると、

コーキングの打ち直しを考えなければなりません。

 

そこで問題が出てきます。

 

コーキングの打ち直しだけなら、そんなに高額になる訳ではないのですが、

コーキングを打ち換えるには、足場が必要になってきます。

となると、現場によっては足場だけで20~30万円かかったりしますから、

せっかく足場を組むのなら、一緒に外壁材の塗装も考えた方がいいのでは?となります。

 

そうすると、なんだかんだで100~200万円規模の工事になってしまいます。

 

その話をすると結構な確率で、

「え~っ! 今そんなお金無い!」という言葉が聞こえてくるのですが、

実際、コーキングが劣化し始めた時期程度なら、外壁の塗装はまだ大丈夫な事が多いんです。

 

チョーキングといって、外壁を指で撫でて、白い粉のようなものが付いたら塗りかえ時です。

 

ザックリでいうならば、

コーキングは5~10年、

サイディングの塗装は10~15年くらいで再施工が必要になってくるかと思います。

 

今回サイディングの例を挙げましたが、

その他の外壁材でもコーキングを使う事は多いので、

コーキングの劣化具合が、メンテナンスの目安になろうかと思います。

 

とはいえ、この前10年以上前に建てさせていただいたお宅を見たら、

コーキングの劣化が全くと言っていい程なく、

塗装もまだまだ大丈夫でした。

そういうお住まいもあれば、

現在では、コーキングもなく、色の劣化等も極端少ない

『そとん壁』

という塗壁もありますし、

『ウッドロングエコ』

という、超長持ちする塗料(色があるわけではありませんが)もあります。

 

建てる時に少し高くても、何十年というサイクルで考えた時に、

トータル金額で安くなるように考えて頂けると、後々の出費が少なくて済みます。