国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

1月15日に上棟させて頂きました 彦根F様邸。

「息子が家を建てたいというので、いい土地ないかな?」と相談を受け、「彦根市内の便利なとこだと、解体してももったいなくない古い家付を探すのも一つよ」と話をさせてもらってからすぐ! 親世帯の道路をはさんで前の家が売りに出される事になりました。

子育てや介護などを考えると、最近は三世代(二世帯)同居・近居も増えてきています。運命に導かれるように あれよあれよと進みました。

めずらしい仏式の地鎮祭

建築場所は 彦根 佐和山の麓 大洞弁財天(弁天さん)の登り口の近くです。鳥居があるので神社かと思えば、弁財天はどこでも神仏習合で正式には 真言宗の長寿院というお寺です。

と、いう事で 2015年11月13日に仏式で地鎮祭が行われました。
P1070064

その時の御札が こちら。
P1260075

棟上げが無事終わったら、御札もこちらに…

P1260168

上棟式は、棟上げ(むねあげ)、建前(たてまえ)、建舞(たてまい)とも言われ、工事中は元より、完成した後も建物が無事であるようにと行われます。

上棟日の朝の写真は、こちらのブログを。


棟木への筆入れ


お昼には、既にここまで組み上がっていました。
P1260092


そろそろ、お施主様の出番 棟木への筆入れです。
P1000875

P1000873
ギャラリーが見つめる中、緊張の一発勝負!
次は、奥様の出番。
P1260087


筆入れされた棟木が吊り上げられ いよいよです。
P1000896

ご夫婦 お二人で仲良く棟木を納められました。
他の角度からは、こちらのブログを。
P1000901
なんとか、夕方までに屋根の防水のシートまで出来ました!
夜には、雨が降ったので ほんと 良かったです。

P1260097
棟木を2Fから見上げると。とても、立派に書けて書けていますね。
P1260166
奥様のご両親と記念撮影。時々、見にきて下さいね。
P1260091

今日は2016年、一発目の上棟でした。

寒気が入り本格的な冬の寒さが到来し、いつ雪が降ってもおかしくない状況に、

朝起きると冬場のこの地域特有の鉛色の空模様。

 

DSC_0835

 

「今日はヤバイかな・・・」と心配した朝がウソのような上天気の上棟となりました。

 

DSC_0844

 

今回の物件は、数年前に弊社にて建てさせて頂いたお客様の息子さんが、ご結婚を機に家を建てたいとの事で弊社へご依頼下さいました。 息子さんであるM君(お施主様なのに君づけですみません)は、ご両親の家をプランしている時から打ち合わせにも参加して下さっていて、その当時は大学生でした。 「僕が建てる時はマルトさんに頼みます」と言って下さってはいましたが、社会に出ればお付き合いも増えますし、見聞も広がりますから、正直な所「そんなうまくはいかんよな・・・」って思っておりました。 そんなM君から自宅を建てたいとの「本気」のご依頼を受けたのが昨年の5月でした。 沢山の工務店、住宅メーカーがある中、ヨソに行く事もなく弊社にご相談下さり、お打ち合わせを重ねて今日の上棟となった訳です。 ネットの普及か、現在の教育のせいなのかわかりませんが”人と人とのお付き合い”という事が少なくなって来たように感じています。 今や”飲みにケーション”なんて言ったら、笑われるかブラック扱いなんですよね。 思わず「今時の若いもんわ・・・」なんて、私のオヤジが言ってた最もキライな言葉を言ってしまいそうになります。 歳を取るってつくづくいややなって思います。(余談でした) そんな世知辛い・ドライな世の中になってきたなかで、M君ご夫妻、そしてそのご両親との打ち合わせは、いつもいつも笑顔と、駆け引き無しの(ちょっとはあったかな?)本音の話し合いができ、身の上話をしたり、世間話をしたり、いったいどこまでが仕事でどこまでが遊びなのかわからないぐらい、本当に楽しく充実したお仕事をさせて頂きました。 そんな中、一番うれしかった事は、最初にM君から頂いた 「マルトさんにお願いしたいと思ってます」でした。 もちろん、どこにも負けない家造りをしている自負はありますが、他にもたくさんの工務店がある訳ですし、様々な情報もありますし、M君も奥様もお付き合いもあったかと思うんですが、いくつかの候補の中から合い見積りで選ぶのでは無く、そう言って私共にご依頼くださった事は忘れる事ができないぐらいの喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。 「感謝の言葉よりお金に還元して」と冗談とも本気とも取れるような突っ込みがM君のお母様と奥様から来そうですが、本当に本当に感謝しております。 そのお気持ちに返せる物は、完璧な仕上がりの家と、ここで長く暮らしていける性能と、心地よい暮らしの提供です。(ちなみに今回の物件は、低炭素住宅での補助金申請と長期優良住宅としての認定もとっております) 春の完成まで誠心誠意取り組んで参りますので、M君、Mさんよろしくお願いします。(Kずあき君とMぁーちゃんはややこしくなるのでちょっと黙っててくださいね) 今日のような清々しい晴れの天気のような人生がお二人に訪れますように、幸あれ! って気分になったので、結婚式はもうちょい先ですが、上棟にからめてフライング気味にブログに書かせて頂きました。

 

DSC_0847 (450x800)  

心配していたF様邸の上棟!! おかげ様で、晴れました! 青空に感動です!! 写真は、朝一の風景です。 お施主様のご両親(実は、友達なんです) にまず挨拶を。 晴れ男と 豪語されていただけあって 挨拶の前に 「俺のおかげやな」と。 (イヤ、息子さん夫婦の行いがいいからだと・笑) P1260066
この木材以外に、もう一台 トラックにドカンと積まれていました。
 
P1260064

作業前に、職人さんや弊社現場担当が ほっこり 打合せ中 どこからともなく聞こえるのが
「今日の天気は、俺のおかげやな・・・」 さて、今日の天気は 誰のおかげでしょう?
(少なくとも、マルトの誰かではないですね・笑) 

P1260069

皆さん、怪我にはくれぐれも気をつけて 頑張って下さいね。 ええ桧の土台・・・。
では、今日 一日でどれ位進むのか 又 ご報告したいと思います。