国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

サッシの種類

2018.02.28

前回、省エネには欠かせない、ガラスの話でしたが、

今回はサッシの種類です。

 

以前からあった【アルミサッシ】というと、

アルミでできた枠に、単板ガラスをはめ込んだアルミの障子でした。

 

アルミサッシ

上の画像は、現在も販売されている【アルミサッシ】で、

枠はアルミでできていますが、造作で取り付ける窓枠が接する部分(アングル部)は

樹脂製になっていて、ガラスも複層になっています。

 

 

ここから【断熱サッシ】と呼ばれるものです。

断熱サッシ

 

障子は外部がアルミで内部が樹脂、もちろんガラスは複層です。

あと枠で重要なのが、上の画像で『断熱樹脂』と書いているオレンジ色の部分。

 

枠の外部の熱を内部に伝える事のないように、樹脂で熱を遮断しています。

この樹脂があるのとないのとでは随分と違います。

 

 

樹脂サッシ

これは、弊社が標準的に使用している樹脂サッシ(APW330)です。

枠も障子もオール樹脂。

断熱性能が高い良い窓です。

 

樹脂サッシ

これは、もう1ランク性能の高い樹脂サッシ(APW430)で、

ガラスもトリプルガラスになっています。

 

勿論こちらの方が断熱性能が高いのですが、

コスト面、地域の環境等、総合的に考えると、APW330が必要にして十分だと考えています。

 

 

 

 

住まいの省エネを考える時、

開口部(窓や出入口)にどのような仕様のものを使うかによって、

その度合いは大きく変わります。

 

現在、弊社ではYKKapという会社のAPW330という名前の

樹脂サッシ

を標準として採用していますが、

そのサッシにはまっているガラスは

Low-Eガラス

というガラスです。

 

Low-Eとは、Low-Emissivity 低放射という意味で、

基本は複層ガラスで、(トリプルとかもあります)

樹脂サッシ

上図のように室外側に金属膜があるのが遮熱タイプ。

 

太陽の日射熱を50%以上カットして、夏は涼しく冬は暖房熱を外へ逃がしません。

紫外線も大幅にカットします。

樹脂サッシ

 

 

また、

 

樹脂サッシ

室内側に金属膜があるのが断熱タイプ。

 

冬、室内に太陽光を採り込み、暖房熱を外へ逃がしません。

不快な結露の発生も抑えます。

樹脂サッシ

 

金属膜といっても、そんなに濃い色がついているわけではなく、

このメーカーからはガラスの色として、

ニュートラル(透明)

ブルー(なんとなく青)

ブロンズ(なんとなく茶色)

という3色のものを出しています。

 

Low-Eガラスを使用することで随分断熱性能が変わり、

単板ガラスと比べると、約4倍の断熱性能があります。

 

 

TOPページで簡単に告知していました完成見学会の詳細をUPしました。

こちらからどうぞ

全体の雰囲気はマルトらしい家になっていますが、そこはお客様の家、そこかしこにお施主様らしさが出た家になってきました。(現在工事中~)

今回の見学会は折込チラシは入れませんが、マルトに住所登録して頂いている方には詳細を記載したDMを送らせて頂きます。初めての方はお申し込み頂くと同じくDMを送らせて頂きます。

皆様のお越しを社員一同お待ちしております!!

 

さて今日は他にも皆様にご紹介したいものがあります。

先日HPから資料請求をして頂いたお客様からの質問に答えた、弊社のお客様担当の澤田の返信です。

同じ会社のスタッフである私(西沢)ですが、ちょっと感心してしまったのでご紹介します。

ただし、非常に長いので何回かに分けますね。

 

〇〇 〇〇 様

こんにちは。マルトの澤田です。
送付しました資料にお目を通して頂けたようでありがとうございました
早速ですが、ご質問に回答させて頂きます。
工務店冥利に尽きる!?ご質問を頂きましたので、長文になりますがご容赦下さい。

Q1  構造材で貴社が最も良いと考える材料は何でしょうか。こだわりも合わせてお伺いできると幸いです。
(A)理想を言えばキリがありませんが、現在使っております構造材は梁材:杉、土台・柱材:桧 でこれが、環境・強度・価格等、総合的に見てベストであると考えております。
先ほど”理想”と書きましたが、梁材などは杉ではなく松や桧が理想なのですが、地松(地元で取れる松と考えて下さい)は、まず絶対的な数量が無く、また乾燥レベル・価格を杉に合わす事は難しく、桧も材は乾燥は問題ありませんが、梁のような大きな材料に使うには価格が合いません。
後でも述べますが、材の乾燥は非常に重要です。切ったばかりのグリーン材では建築後のソリやワレで建物に見た目も含めて生活上支障をきたす恐れがあります。


今現在使っております熊野の杉・桧、尾鷲の桧は、九州ほど温暖な地域ではなく、私達の地域ほど寒くない、また年間の日照時間が長い為、丁度良い温かさがある地域でして、これが良材を生む土壌にもなっております。一般論になりますが、温暖すぎると育ちすぎて目の細かな材が出来ず、寒すぎると成長が遅く細い材になります。
そういった事から、林業としてしっかりと管理された山師がおり、その木を活かす製材力をもつ製材所がある熊野材を利用しお客様にもオススメしております。

 

残念ながら、滋賀県の木はそもそも産地では無いという事もあり、山の管理が行き届いておらず、山から出てくる木は、熊野に比べ質が良くないものが多く、価格が高いという現状があり、滋賀県産にこだわる工務店であるという事を売りにするのも経営戦略上はアリなのですが、それは建てるお客様にとって本当に良い事なのか?と考えた時に、滋賀県産は構造上影響のない部分に採用する形をとり、大事な部分は良材で建てるという方針にしております。
もちろん、熊野よりも良い材を入れてくれる産地があれば今後変更していく可能性もあります

 
Q4までの中のQ1でした。長いでしょ。

以前は、キッチンの収納部分は開き扉がほとんどでした。

 

現在の主流は引出しタイプになっています。

 

最大のメリットは収納量の多さ。

キッチン収納

 

キッチン収納

 

上の画像のように、一番下の引出し部分のスペースが増えた事が大きいです。

 

以前の開き扉の時は、支輪といって、10cm程度の高さの台みたいなものがあり、

その部分は何も使えていない状態でした。

そのスペースを利用する事により、劇的に!といっていいほど収納力がUPしました。

 

また、

キッチン収納

開き扉では取出しにくかった奥のものが、

引出しなら簡単に取り出せます。

 

そのような理由から現在は引出しが主流になっています。

 

 

前回、センサースイッチの事を案内しましたが、

今回はセンサーの付いている照明器具についての案内です。

 

人感センサーが反応するものは、超音波・赤外線・可視光等いろいろありますが、

それについてはまたということにして、

照明器具に付いている人感センサーは、大抵のものに調整機能がついています。

センサースイッチなんかも同じですが、

・感知してからどれくらいの時間点いているか。

・どれくらいの暗さになったら感知するか

 

室内で使用する照明器具ならこんな程度ですが、

外部で使用する照明器具の場合だと、

ON-OFFタイプというものなら大して変わらず、センサーが感知した時に点いて、

感知しない時は消えるというものですが、

マルチタイプ(メーカーにより呼び方は様々)というものだと、

・明るい時は消灯

・設定しておいた照度(暗さ)になったらほんのり点灯(20%程度)

・人を感知すると100%点灯

・設定しておいた時間(数分程度)がすぎると20%点灯に戻る

・別に設定しておいた時間(何時間程度)が過ぎると消灯により省エネ

・人を感知すると100%点灯

・明るくなると消灯

 

という風に、ムダな電気は使わないように節電しながらも、

人を感知するとしっかり点灯するという、防犯上も有効な仕様のものが多くなっています。

 

もっと防犯の事が気になる方には、フラッシュ点滅するタイプもあることを説明しています。

 

 

電気配線計画をする時、

『センサー』をどのように使うかによって工事費が安くできる場合があります。

 

もちろん間取りによりけりではありますが、

階段の照明を入り切りするスイッチは、1階と2階の少なくとも2ヶ所で

入り切りする『3路スイッチ』(3ヶ所以上で入り切りする場合は4路スイッチ)

等の場合を例に挙げると、

例えば玄関ホールに階段のある間取りなら、

玄関ドア等外部の出入口、リビングへの出入口、階段の上り口付近の3ヶ所に、

4路スイッチが必要になる場合があります。

しかし、それぞれの出入口が見通せる位置にセンサースイッチが配置できるなら、

4路スイッチ*3ヶ所 → センサースイッチ*1ヶ所となり、

そちらの方が工事費は安くつきます。

 

建物全体の換気方法が様々あるので、全てというわけではありませんが、

トイレに換気扇を取付けてある場合、

照明器具用のスイッチと、換気扇用のスイッチの2ヶ所にしなくても、

換気扇連動用センサースイッチというのもあり、

ひとつのスイッチで済むことがあります。

 

次回は照明器具に付いているセンサーの種類を紹介します。

 

 

 

空調機器メーカー大手のダイキン工業が、

エアコンでの暖房で、つけっぱなしにするのと、こまめに入り切りするのと

どちらが電気代が安くつくかという検証結果を発表しました。

 

今回の検証に使われたのは、築15年のマンション(京都)。

実施日は1月12日23:00 ~ 1月13日23:00

天気、晴れ、最高気温6.8℃ エアコン設定温度24℃、風量自動。

 

現在弊社が建てている『断熱等性能等級4』とは、単純に比較できませんが、

参考になればと思います。

 

1.24時間つけっぱなしと、30分づつ入り切りを繰り返す場合の比較では、

  つけっぱなしの電気代が435円、30分づつ入り切りの電気代が645円。

  エアコンは設定温度を維持するよりも、

  室温と設定温度の差が大きい時に多くの電力を消費するそうです。

 

2.24時間つけっぱなしと、1日の生活スケジュールを想定して、

  外出時には運転をOFFにした場合を比較。

  夜間(18:00~23:00)2時間の外出をし、運転をOFFにした場合は

  入り切りをした場合の方が、電気代が安いという結果に。

 

といっても、入り切りをしていた方は、OFFの時間が半分以上の13時間で、

電気代は約30円の差。

 

家で過ごす時間がもう少し長ければ、電気代は逆転していたかもという状況。

 

全く同じ条件の住まいはなかなかないので、鵜呑みにはできませんが、

30分程度の外出なら、つけっぱなしの方が電気代は安くつくそうです。

 

 

外壁通気層

2018.02.14

外壁の仕上げ材にもたくさんの種類があります。

 

・板貼(羽目板・焼板)

・サイディング(窯業系・金属系・樹脂系・木質系)

・鋼板貼

・塗り壁(そとん・モルタルの上塗装)

・タイル貼

等々。

 

家が仕上がってからではわかりませんが、

どの外壁材を選んでも、基本的に外壁材の裏側には『通気層』というものがあります。

 

通気層

構造躯体(柱等)の外側に、

水は通さないけど湿気は通す『透湿防水シート』を貼り、

壁の中から出た湿気をスムーズに放出できるように設けた空間の事です。

 

10mmの空間があれば、その用を成すという話もありますが、

弊社では15mmを基本にしています。

 

また、『壁体内結露』といって、壁の中での結露を防ぐ為に、

室内の湿気を壁の中に入れないように、構造躯体室内側には防湿フィルムを貼っています。

 

建物を長持ちさせる為に必要なもののひとつです。

 

ちなみに先日上棟を終えたY様邸は、

 

通気層

 

通気層

 

外壁の仕上げ材が羽目板の竪貼りなので、

まず通気層用の胴縁(木の下地材)を竪に取付け、

その上に竪貼りの羽目板を留める為の胴縁を横に取付けています。

 

 

 

正式名称は

『スマートウェルネス住宅等推進モデル事業』

といいます。

 

国土交通省が行っている事業で、

医療や福祉関係者等との連携による推進体制のもと、

既存住宅の改修工事および改修工事前後の居住者の健康状況の変化等に関する調査への

連携・協力などにより高齢者等の健康維持・増進に資する住宅の普及

を目的としています。

 

魅力的なのは補助金の額で、

省エネルギー改修工事に係る補助対象工事の1/2以内で上限が100万円、

併せて行うバリアフリー化補助対象工事の1/2以内で上限が20万円。

 

もちろん条件がありますが、

要は、省エネルギー改修工事で200万円以上、

併せて行うバリアフリー化工事で40万円以上の改修工事ならば、

MAX 120万円の補助金がもらえることになります。

 

条件のひとつに、住んでいる人の健康調査があり、

改修前の健康状態と、省エネ改修後の健康状態を調査し、データとして残すようです。

 

先日、スマートウェルネスに申し込みをされた方のところに、

健康調査用の機器が届きました。

 

スマートウェルネス

血圧計。

 

スマートウェルネス

温度計。

 

スマートウェルネス

温湿度計。

 

スマートウェルネス

活動量計。

 

このお宅では2名分、

血圧は朝晩1回づつ測定。

温度計と温湿度計は、居間・寝室・脱衣室に設置。

活動量計は常時。

健康日誌を毎日。

 

これを14日間調査というのを、改修前後で1回づつしていただきます。

 

少し面倒かもしれませんが、『120万円』を頭に思い浮かべてがんばってください。(笑)

といって帰ってきました。

 

123