国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

昨日の続きです。

気になる築27年の家の光熱費の前に、謎の数字と単位のご紹介です。

UA値?

UA値とは、住宅の内部から外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値をいいます。外皮とは屋根、壁、床、天井及び窓などの開口部のことです。要するにエネルギーのロスかな?

数値が小さいほど断熱性能が良いということです。2020年に完全義務化される改正省エネ基準ではUA値:0.87 以下が求められているそうですから、すでにマルトではかなりの水準でクリアしていますね。

ただ、ここにもちょっとした誤解があって、最適なUA値というのは例えば北海道と沖縄では全然違いますし、無駄にコストをかけてUA値だけを求めるのは違うと思います。湖東や湖北にあった最適なUA値を確保することが大切ですよね。

詳しいことがお聞きになりたい方はお気軽に問い合わせてください。

うちの設計担当や営業担当はとても勉強していますよ。

 

さて、いよいよ築27年の某ハウスメーカー住宅に住む西沢家の光熱費です。

太陽光パネルは搭載していないので、全量電気は買っています。

電気代 年間¥125.424 月平均¥10452

ガス代 年間¥39.176

灯油代 年間¥54294 給湯と暖房に使用しています。

光熱費 年間¥218.894 月平均¥18241  

高っ!!!

パネルを搭載していないという点では「七曲りの家」との比較がわかりやすいかと思います。(家の大きさは西沢宅のほうが若干小さい)「七曲りの家」¥134.679に対し、我が家は¥218.894。その差は¥84215!!10年で85万円!!

しかも「七曲りの家」ではリビングのエアコンを動かすことで家中の温度差が小さく抑えられていますが、西沢宅は文字通りの局所暖房でWCや、洗面所の寒いこと!!

この差は「窓」によるところが大きいと思います。西沢宅はアルミ枠の単層ガラス。(結露が半端ないです。)「七曲りの家」は樹脂枠の複合ガラス。(結露しません)西沢宅は窓からエネルギーがガンガン逃げて行ってるのでしょう。泣。

それでも西沢宅は断熱材が入っていてこの結果ですが、もう少し古い家になると床や天井に断熱材が入っていない家も多々あります。それこそ高い光熱費必至とヒートショックの危険性満載です。

高い光熱費と寒い家に住んでらっしゃる方、建て替えなくてもリフォームという方法があります。先日のブログで補助金対象の省エネ改修記事がこちら。

 

詳しいことはお気軽にお問い合わせください。

 

さて、今朝の新聞にこんなのが載っていました。

 

IMG_5088

 

2面新聞広告、これだけでも7千万位かかってるんじゃないかな?

 

ZEH

 

「ゼッチ」と読んで、意味はゼロエネルギー住宅。ちなみに「須越の家」が該当します。

マルトの性能への取り組みはこちらにあります。

これからはこういうよくわからない用語も、自分の勉強もかねてブログにボチボチ上げていきたいですね。

 

西沢でした。

今日は弊社の仕事をしてくれている大工、電気屋に集まってもらい

 

『断熱材施工講習会』を開催しました。

 

 

 

 

DSC_0694

 

DSC_0701

 

断熱材メーカーである旭ファイバーグラスから講師をお招きし、細部の収め方まで教えていただきました。

 

もちろん参加していた業者は施工方法は分かっていますが、普段疑問に思っていた事をメーカーの方に質問したり、新たな施工方法を教えていただいたりと有意義な時間になりました。

 

 

DSC_0712

 

 

家が完成したら壁の中に隠れてしまう場所なので、これからもしっかりとした施工を心掛け、お客様が快適に過ごしていただけるよう頑張ります。

 

 

先日何人かのOB様から2016年の光熱費を教えて頂いたのでご報告します。

各写真に施工例ページへのリンクが貼ってあります。

 

譌・驥守黄莉カ謦ョ蠖ア2016_5邱ィ髮・EK0A0266 (800x652)

 

こちらの「日野の家」はUA値0.56W/㎡Kで、(何の数字かの説明は明日しますね。とりあえず小さいほうが良い)電気とプロパンガスの併用です。冷暖房はエアコンでガスはコンロで使用です。

9か月の実績と3か月の想定で年間¥167.951、月平均¥13.995です。

太陽光パネルは全量売電の10K搭載で売電価格が年間で¥439.872となり、¥271.921の黒字となりました。

 

P1050606 (800x600)

 

こちらの「須越の家」はUA値0.44W/㎡Kで、オール電化のお家です。太陽光パネルは6.34K搭載で、発電している間の電気は使用するので残った分を売電しています。

年間の電気代が¥104.253で月平均が¥8.687です。

売電が年間¥244.163だったので¥139.910の黒字となりました。

 

03

 

次は「地蔵の家」です。こちらのUA値は0.55W/㎡Kで、太陽光パネルは6.4K搭載しています。電気代は年間で¥91.936。月平均で¥7661となります。余った分の売電価格は年間で¥205.905となりました。

「須越の家」と比べてパネル量が若干大きいにもかかわらず発電量が少なかったのは、立地条件で「地蔵の家」のほうが屋根の向きが若干悪いのが原因かと思われます。

 

10

 

最後に「七曲りの家」で、UA値が0.52W/㎡Kです。こちらは太陽光パネルを搭載していないので全量電気は買うのですが、年間¥134.679でした。月平均にして¥11.223です。

 

ご紹介したすべてのお家の空調はエアコンで賄われて、給湯も電気で行うにもかかわらずこの光熱費です。また、間取りも吹き抜けを含めて大きく取り、全館ほぼ同じ環境にしているのにもかかわらず、断熱材や施工方法、ここ数年の窓の進化により驚くほど低コストで快適な室内環境を実現しています。

 

どのOB様も「寒くないし、暑くない」とおっしゃって下さり、マルトとしてはうれしい限りです。

 

さて明日は謎の数値の説明と、築27年の某ハウスメーカーの家に住む西沢宅の光熱費を公表したいと思います。

 

お楽しみに!!

 

西沢でした。

 

 

 

 

経済産業省から出ている補助金で、

一般社団法人『環境共創イニシアチブ』というところが受け皿になっています。

 

ごくごく簡単に説明すると、

 

住宅を省エネ化するために、指定された高性能な

・ガラス

・窓

・断熱材

・蓄電システム

・高効率給湯機

を使用した改修工事をすると、

最高150万円

の補助金が出ます。っていうものです。

 

もちろん、150万円ものお金がもらえるわけですから、

指定された高性能な部材を、それなりに使用することにはなりますが、

150万円は魅力です。

 

詳しくはコチラ 

 

言葉がない。

2017.03.28

昨日、とても悲しいニュースが。

 

栃木県で山岳訓練の高校生7名と教員1名の計8名が、

雪崩に巻き込まれ亡くなられたと・・・。

 

高校生を持つ同じ親として、本当に胸が締め付けられる思いです。

ニュースを聞いた瞬間は、体が一瞬震えました。

その親御さんには、かける言葉が見つかりません。

 

怪我をされた方の一刻も早い回復と、

亡くなられた方に対し、ご冥福をお祈りします。

中間報告。

2017.03.27

先日紹介しました

『スマートウェルネス住宅等推進事業』

詳しくはコチラ

 

住宅断熱化と健康に関する調査の中間報告が出ました。

 

得られつつある知見として、

 

1.冬季において起床時室温が低いほど、血圧が高くなる傾向がみられた。

2、高齢者ほど、室温と血圧との関連が強いことが認められた。

3、断熱改修によって室温が上昇し、それに伴い居住者の血圧も低下する傾向がみられた。

4、居間または脱衣所の室温が18℃未満の住宅では、入浴事故リスクが高いとされる熱め入浴の確率が高い。

(消費者庁では、安全な入浴として、湯温41℃以下で10分未満に浴槽から出ることを推奨)

 

詳しくはコチラ 

 

このような結果が出ると、

断熱の仕様がいかに大事か、改めて感じます。

本日、別件で訪問したお客様と、

先日入れ替えをさせていただいたエコキュートの設定について

色々議論をしてきました。

 

基本的な操作説明の時には、

『湯量(沸かすお湯の量)の設定はおまかせモードにしてください。

それならエコキュートがこのお宅の使った湯量を学習して、

最適な量を沸かします。』

と、説明しています。

 

メーカーの表示は、

 

お湯の使用パターンを学習してムダなく沸き上げ

過去1週間の1時間ごとの使用湯量のデータから、ご家族の生活パターンを分析。
それに基づき、1日の使用湯量の想定パターンを作成するので、ムダな沸き上げがありません。

 

pic_amount2

 

と、表示されています。

 

 

で、本日訪問したお客様は、取扱い説明書を隅から隅まで熟読されていて、

『学習してくれるのはわかったけど、本当に電気代を安くするのは、

どの設定が正しい?』という質問でした。

 

エコキュート利用なので、関西電力との契約ははぴeタイム

料金体系は

 

img_hapie01

 

現状はおまかせモードで、21時くらいに残り150Lになって【沸き上げ】になるとの事で、

リビングタイムの少し料金が高い時に沸き上げると、電気代が高くつくのではないか。

という話です。

 

取扱い説明書には、お湯を貯めた分も段々温度が下がってくるので、

使うときに使う分だけ沸かす方が良いとは書いていますが、

倍以上の単価で沸かすのは高いような気がするという意見です。

 

実は私もどの設定が最も安くなるのかわかりません。

そのお宅の使い方次第で、ベストの設定は変わってくると思います。

 

とりあえず、ナイトタイムの一番安い時間帯だけで沸かす、

昼間は沸かさない設定にしておいて(それでも残り湯量が少なくなったら沸かしてくれます)

様子を見ようという事になりました。

 

このブログを読まれた方で、『これが一番いいよ』という設定をご存じの方、

教えて頂けると、ものすご~くうれしいです。

勉強。

2017.03.24

昨日は、営業・工務と3人で、

他県の工務店のモデルハウスを見学に行ってきました。

 

その工務店でも国産材にこだわり、一切外国産材は使っていないそうです。

 

oogai4

 

oogai3

 

oogai7

 

 

いわゆる総合展示場に出展されているので、

『お金をかけています!』

っていう感じの、素晴らしいものでした。

 

私たちが見学させていただくと、

どうしても要所要所の納まり(部材の取付具合や仕上がり具合)を見てしまうので、

その会社の営業の方は、

「一般の人とは見る所が違うから緊張します。」

と、おっしゃっていました。

 

しかしながら、やはり他社様の作られた現場を見せて頂くと勉強になる事がたくさんあります。

 

・こういう納め方があるのか。

・このデザインかっこいい。

・この材料いい感じ。 等々。

  

勉強させて頂いて、参考になったことを、

しっかりと活かしていきたいと思います。

非常に残念。

2017.03.23

仕事の事ではありません。

 

WBC準決勝です。

 

中学・高校と野球部だったので、やはり野球が大好きです。

 

予選ラウンドのような打ち合いではなく、緊迫した投手戦。

日頃観ているプロ野球の試合とは全く違う緊張感。

 

現地にいる訳でもないのに、テレビの画面を通してだけでも、

選手達の思いというか気迫というか、そういう熱いものがヒシヒシと感じられる試合です。

 

『一喜一憂』 まさにこの言葉がピッタリの野球観戦。

 

もう1試合観たかった。

 

世界一奪還は叶いませんでしたが、

代表の選手がケガする事なく終われたのはよかったです。

 

これからはペナントレースに向けてがんばってほしいと思います。

 

私は、多賀町出身則本投手のいる楽天の応援に勤しみます。

123