国産の木の家を建てる滋賀の工務店

 


 

今日T様邸では、T様ご夫妻が主寝室の壁の珪藻土塗りをされました。

 

IMG_3785 (640x480)

 

珪藻土を塗るのは初めての体験なので最初は悪戦苦闘されておりましたが、時間がたつにつれコツをつかまれてなかなかのコテさばきでしたよ!

プロの左官にはだせない表情の壁に仕上がっていきました。

 

IMG_3786 (640x480)

 

しかも、当初は左官が塗る予定だったLDKや玄関もT様が塗られることになりました。

楽しく作業をされてるT様を見てますと、自分の家の家づくりに参加できるって素晴らしい事であり良い想い出になるんだろうなと感じました。

 

IMG_3783 (640x480)

今日Y様邸では、無垢の桧と杉を使った階段を組み立てました。

桧の素材感の良さはもちろんですが、段板の厚みが40ミリあるので安心感もあります。

毎日の上り下りで10年、20年、30年と使い込むほど、より踏み心地のよい階段になっていきます。

 

IMG_3764 (640x480)

 

無垢の桧の段板は気持ちの良い足触りですよ!

 

IMG_3763 (640x480)

 

廻り部分の幅の広い踏板は数枚の板を繋ぎ合わせてあり、まるで一枚の板のような仕上がりになっています。

 

見た目の癒し・心地いい優しい足触り・経年劣化の美しさ等の無垢の木が備えてる多くの魅力が詰まった人に優しい階段に仕上がりますよ!

 

あっというまに雪が積もりましたね!

みなさんの家の廻りはどうでしょうか?

 

先週から続く雪かきで体が悲鳴をあげてますが、仕事はガンバっております….(笑)

 

普段なら15分で行けるY様邸ですが、今日は1時間かかりました。

でも、現場は止まることなく作業は進んでいますのでご安心を!

 

 

IMG_3722 (800x600)

 

LDKの吹抜けですが地松の丸太と、天井の杉の羽目板がいい雰囲気に仕上がってきてます。

 

けど、よく見ると壁から飛び出してる木が…..

IMG_3725 (640x480)

 

この木は何に使う木なんでしょうかね?

答えは…..後日という事で、ご想像にお任せすることにします(笑)

T様邸ではT様ご自身で寝室に珪藻土を塗られることになっており、今日は養生とパテ下地をされました。

 

IMG_3650 (600x800)

 

朝から雪が降っており寒いなか頑張っていただきました。

まずは養生をしていただきましたが、この養生がけっこう地味な仕事ながら仕上がりに関わってくる重要な仕事なんです!

 

たぶん当社のお客様で,ご自身で珪藻土を塗られた方は『分かるぅ~』って思っておられるんじゃないでしょうか…..(笑)

 

IMG_3656 (800x600)

 

T様は手際よくパテを塗られてました

 

IMG_3658 (800x600)

 

後日2回目のパテ処理をしていただいてから月末に珪藻土を塗っていただきます。

プロの左官職人の仕上げのキレイな壁もいいですし、ご自身で塗るプロにはだせない雰囲気の仕上がりもいいですよ!

自分の家の仕上げを自分で出来るなんてステキなことですね

外壁の板貼り

2017.01.12

Y様邸の外壁の板貼りができました

 

IMG_3637 (800x600)

 

杉の羽目板にウッドロングエコという塗料を塗ったものを貼っていきました。

ウッドロングエコの特徴は

 ・原料が天然成分のみで、土壌汚染や水質汚染がない

 ・簡単に塗れる

 ・経年変化の雰囲気を味わえる

 ・木の表面を酸化し腐朽菌が入りにくい

などの特徴があげられます。

 

 

IMG_3638 (800x600)

周囲の雰囲気に溶け込む色合いで、私の大好きなオススメする木材防護保持剤です。

 

建物内の工事も並行して進んでおり、2階の床に無垢の杉の床板を貼っています。

外装も内装も無垢の木で包まれた、人や環境に優しい家になりますよ!

IMG_3646 (800x600)

早いものであっという間に小正月ですね。

今年もよろしくお願いいたします。

さて、タイトルにあるように昨年の暮れのイベントの様子をご紹介したいと思います。

 

1

 

お天気に恵まれ暖かい日でしたので、ほとんど屋外に近い気温の会場の割には震えることなく作業出来てありがたかったです。

 

2

 

参加いただいた皆さん、楽しそうに作業されていました。

 

ただ、今回は2つの違うタイプのものを同時に進行したため段取りが悪かったり、初めてのアレンジのほうは予定していた花材とちょっと違っていたり、他にもたくさんのことが「詰め」が甘かったなと反省しきりです。今年の年末にも企画すると思いますが、事前の準備をしっかり整えますので皆さん懲りずに参加してくださいね。

 

3

 

植込みの門松はこんな感じです。

 

4

 

アレンジの門松はこんな感じ。スプレーマム(小菊)がお正月まで持たなかったかな?

いろいろ改善点はありますが、玄関の棚などに飾るには丁度な感じでした。

西沢でした。

スタート

2017.01.07

3月に上棟予定のH様邸ですが、今日からH様が外壁に使う板の塗装を始められました。

 

CIMG0919

 

今回は130枚ですが、後日残りの200枚も塗っていただきます。

 

CIMG0929

 

H様が塗られているのはウッドロングエコという木材防護保持剤です。

 

CIMG0921

 

このウッドロングエコを塗ると

 

P1040135

 

こんな感じになります。

 

 

しかしH様邸では、このウッドロングエコを塗った板に再度塗装をされます!

どんな色になるのかはまた報告しますので

お楽しみに☆

 

 

 

 

 

2017年がスタートしました。
1月とは思えない暖かさと好天のおかげで、地元の多賀大社は例年にない参拝者があったようで、三が日で40万人を超えたそうです。
弊社もこの勢いに肖っていきたいと思う新年のスタートでした。

私事になりますが、ことしのお正月は、普段から旦那らしい事や父らしい事が疎かになっているので、嫁さん・子供達への罪滅ぼしを兼ねて、

【わがままを全て聞くぞ、お正月休み!】

といったタイトルを銘打ち、家族の為のお正月休みをすごさせて頂きました。
おかげで、正月休みならぬ正月疲れの初出勤です

様々な事をこなした休みだったのですが、1月2日は上の坊主が大好きなプラレールの博覧会をやっているという事で一路、大阪・南港へ行ってきました。

入場しただけでもらえる無料配布のはやぶさの中間車両、プラレールの巨大ジオラマやプラレール新幹線の巨大展示物、様々な記念撮影スポット、チケット購入してゲーム式のアトラクションに参加して限定新幹線がもらえるなど、とにかくテンションあげまくって、仕上げは今さっき見て遊んだ商品の販売コーナー

もう、買わない訳にはいきませんよね。お見事というしかないぐらい完璧な販売戦略です

まず、オマケの中間車両を持ってしまうと、当然前後の先頭車両が欲しくなります。これでまずはやぶさセットを買わされます(うちはサンタさんからゲット済みだったのでこれは回避)

プラレールの新幹線を操縦できるキット(もちろん市販品)で遊べたり、巨大ジオラマで実物の臨場感を出し、購入意欲をそそりつつ、プラレールアトラクションでたくさんのチケット代をつかわせ、最後に
「さっき遊んでた物・見てた物がご自宅でもできますよ~」的なかんじで、販売コーナーになります。

当然ここを通らないと外に出られない訳で・・・
いや正確に言うと出れるんですけど、もう子供は買わなきゃ帰れん状態に仕上がってる訳で・・・

息子(といっても3才ですが)との長時間の交渉の末、蒸気機関車セットを1台買う事で合意に達しました。

まぁ、そんな正月休みだったのですが、良くも悪くもトミカさんの販売戦略は素晴らしいと感じました。

それだけでは成り立たないが、興味が沸く仕掛けをする事で次につなげ、実物を見る事で興味本位だった物を本気モードにさせ、実際に動かしたり触ったりする体験をする事で”買う”という確実なものに変化させ、最後の販売・購入につなげる。

家とは全くの別物ではありますが、営業手法という意味では、家にもあてはまる物があるかと思います。

心地良い遊び疲れと学びのあった、良いお正月休みだったと思います。

最後になりましたが、株式会社マルトとお付き合いいただいております、お客様、お施主様、お取引先の皆さま。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます


                                    株式会社マルト   常務取締役 澤田藤司徳