2017.11.01最終更新日:2020/03/06

気密パッキンという、床下に空気を通さないものとは?

前回紹介した基礎パッキンは、

床下の空間を風通しを良くし、空気を循環させようというもので、

床合板のすぐ下に断熱材を入れる『床下断熱』の場合に使用するものでした。

 

床下の空間も居室と同じ環境にする場合は『基礎断熱』にし、

その場合は、

気密パッキン

というものを使用します。

 

基礎断熱

 

上部に2本見えているものが発泡ゴムで、

この上に土台が乗り、気密性が保たれるというものです。

 

基礎断熱

 

基礎断熱

 

基礎断熱

 

上記のように、外周部には全て気密パッキンが入り、

基礎の部分からの暖気や冷気を防いで、床下も居室と同じ環境にします。

 

 

 

 

Pocket