2017.06.03

パッシブ

『パッシブ』の意味を調べてみると、

・受動性の

・受け身の

・消極的な 等々

 

建物の利用者が、自ら進んで設備を動かすことは、『アクティブ』と捉えられます。

 

一方、建物が日射などの太陽エネルギー等の自然から発生したエネルギーを得ることは、

ストーブやエアコンなどの設備を使用することに対して「受動的・受身」と捉えています。

 

ですから、パッシブデザインとは、機械的な手法によらず、

建築的に自然エネルギーをコントロールすることで、建物の温熱環境を整えようとする手法です。

 

パッシブデザインの主な要素として、

・集熱

・熱移動

・蓄熱

・通風

・採涼

・排熱

・日射遮蔽

・断熱気密 があり、

この要素を総合的に考えながらプランをしていきます。

 

夏の暑い陽射しは遮って、冬の暖かい陽射しは取り入れるという、

言葉で聞いただけでは、『そんなん無理やん!』って思えますが、

これが設計でできちゃうんです。

 

Pocket